大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



昨日の米国株は、原油価格の上げによるエネルギー株の上げや主力銘柄への値ごろ感からの買いを受け、主力3指数とも小幅に反発して終了。
 おはようございます。
 相変わらず、トランプ砲が鳴っているようですが、最近では、田んぼの鳥脅しの「空鉄砲」みたいな感じになってきました。あまり打ちすぎると、いったんは飛び去りますが、すぐに戻ってきて、稲穂を食い荒らすようになるそうです。昨日は、有力財界人との会合で、1兆ドルのインフラ投資や企業の資金繰りを支援する金融規制改革に言及したようですが、市場の反応はあまり良くなかったようです。金利も上昇しているのに、GSの上昇はわずか0.13%…。市場は、だんだん無関心になってきたようです。逆に、企業収益への関心が高まっていますが、トランプラリーで、割高に押し上げられている銘柄も多く、収益が伴わなかった場合には、好業績でも売られるケースも出てくるかもしれません。法人減税を実施し、割高感を解消することが望まれますが、今だに入口の財源問題で右往左往している段階。昨日はワシントンポストが、米国でまだ実施されていない付加価値税や炭素税の導入を検討している、と報じましたが、どうやら、輸入関税をかける話の方もとん挫しかかっているのかもしれません。まず、トランプ大統領自身が、経済を勉強し直すことから始めたほうがよさそうですね。

 4日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万0689ドル24セント     +39ドル03セント(0.19%)
 NASDAQ総合指数        5898.61ポイント        +3.93ポイント(0.07%)
 S&P500               2360.16ポイント        +1.22ポイント(0.06%)
 CME日経平均先物        1万8900円           +80円
 10年物国債金利         2.364%             +0.041%
 ニューヨーク原油         51.03ドル            +0.79ドル
 GOLD                1258.90ドル          +3.50ドル
 ドルインデックス          100.53             +0.04 
 

 昨日の米国株は、小幅に強含み、主力3指数とも3日ぶりに反発して終了。朝方は、トランプ大統領の政権運営能力への懸念から売りが先行。続落してスタート。ニューヨークダウは、寄り後にこの日の安値2万0605ドル(前日比45ドル安)をつけていました。ただ、在庫減少への期待から原油価格が上昇したことを受けエネルギー株が買われたことや、テクニカル面から押し目買いを入れる投資家もあり売り一巡後は次第に下落幅を縮小しプラスに転換。昼頃にはこの日の高値2万0701ドル(同51ドル高)をつけています。しかし、週末に米中首脳会談を控え、北朝鮮情勢など地政学要因への警戒感も強く、戻り売りに頭を押さえられていました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1496、値下がり1462と売り買いが拮抗したものの、NASDAQ市場は、上昇1173、下落1655と売りが優勢。資本金別で、小型株で形成するラッセル2000のみが下落しており、主力株の上げが全体を支えた格好。

 NYダウは3日ぶりに反発。採用30種は、値上がり21、値下がり9。GSが買い推奨リストに採用したことを受け、キャタピラ―が2.0%、ボーイングが1.2%それぞれ上昇し、指数の上げをけん引。金利上昇を受け、JPモルガンが0.33%上昇。原油価格の上げを受けシェブロンが0.8%上げたことも指数の上げに貢献。この日は、アマゾン、アップルが52週来高値を更新するなど、主力株を買う動きが強まったようです。
 NYダウは引き続き、上昇中の50日線、13週移動平均線を下値めどとして意識、この水準に近づくと押し目買いが入ってくるようです。レポートでも書いていますように米国では、今月15日が確定申告の締め切り日。節税目的で個人の確定拠出年金の購入が増え、投信を通じ株式市場に資金が流入する好需給の時期でもあります。米中首脳会談という懸念材料はあるものの、当面は、好需給を背景に底堅い動きとなるか…。

 米国株は反発。円は、米金利が上昇したものの、ロシアの地下鉄テロなど地政学要因を受けた安全通貨買いや月末の半期為替報告書への警戒から買われ、対ドルは110円70銭、対ユーロも118円10銭台と小幅に上昇。一時対ドルは110円20銭台まで上昇する場面も…。対ユーロも117円40銭台に上昇しており、円の独歩高の様相。CME日経平均先物は、大証先物終値を80円上回る1万8900円で帰ってきました。レンジは、1万8695円~1万8995円。先物も1月18日の安値1万8625円を意識する場面も…。本日の日本株は、昨日に続き神経質な動きになりそう。米金利上昇にも関わらず、地政学要因や日米貿易交渉で円高圧力が強まることを懸念。これに付け入る格好で投機筋の売り仕掛けが強まってきたようです。週末の米中首脳会談が終わり、北朝鮮への対応がはっきりするまでは、仕掛け的な動きから不安定な動きになりそう。外部環境に左右されない好業績株を厳しい値段で買うか、テールリスクに備え、キャッシキュ比率を上げておくのも手か…。 4日の「清明」で米株が上げたことが、変化の予兆ならいいのですが。  
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ