大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、北朝鮮情勢の緊迫化や円高を嫌気。売買ともに手控えられるなか、3日ぶりに小反落して終了。
 家内が急に大阪に出かけることになりました。急きょ炊事当番です。買い出しなどがありますので、簡単にまとめておきます。

 日本の近くでドンパチやられてはかなわないし、もしかしたら、ミサイルが飛んでくるかも…。市場の不安感は次第に高まってきました。先週までは、どちらかといえば、どこ吹く風…といった感じですが、米軍のシリア攻撃以降、「もしかしたら…」という不安が急速に高まっています。なんだか反応が鈍いような気がしますが、ようやく韓国の株が下げ始めましたし、米国では恐怖指数とも言われるVIX指数が昨年9月の米大統領選時の22ポイントに次ぐ、14ポイントまで上昇。急に地政学リスクを意識するようになっています。日本でもボラティリティインデックス(VI指数)が米大統領選時の27ポイント以来の21ポイントに上昇。地政学リスクを織り込む動きを始めています。昨晩も書いたように、米国が空母艦隊を派遣したのは、党大会や金日成生誕105周年などの重要イベントを控え、暴発するリスクを抑えるためで、韓国や日本に直接的な攻撃でもない限りは武力を行使することはないと思われます。当面は、庇護国である中国に下駄を預けて様子を見ることになるのではないでしょうか。楽観視するのではありませんが、逆にあまり懸念しすぎるのも正しい動きを見誤ることにもなりかねません。時間が必要と思われますから、心配ならキャッシュ比率を高め様子見に徹することも選択肢かもしれません。

 本日の日本株は、地政学リスクを意識した米債券の買いから金利が低下。円が上昇して帰ってきたことを嫌気。3日ぶりに反落して終わりました。寄り前から、円買い・先物売りを仕掛ける動きがあり、裁定解消売りや外需株への売りから日経平均は前日比80円安の1万8717円と安寄りして始まりました。北朝鮮情勢の緊張を嫌気し、売買とも手控えられ、終日マイナス圏で推移。防衛関連株や投資判断の引き上げなど個別に材料が出たものが買われたものの、全体は見送り気分の強い展開に…。日経平均の終日値幅は106円と小幅にとどまっていました。リスク回避の動きから株価的に値ごろ感のある不動産株やリートなどが買われ、10業種が値上がりしたものの、地政学要因や円高が逆風になる海運のほか、電気機器、機械など外需株が売られ23業種が下落。

 日経平均終値は、50円01銭安(0.27%)安の1万8747円87銭、TOPIXは4.55ポイント安(0.30%)の1495.10ポイント。出来高は、前日比4000万株減の16億9117万株、売買代金は600億円減の1兆8634億円と、ともに薄商い。懸念は拡大しているものの、まだ、ポジションを閉じるような動きには至っていないようです。騰落状況は値上がり504、値下がり1384と売りが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは5勝7敗と、低下。日経平均RSIは、35%→42%に上昇。25日線かい離率は、-2.04%→-2.18%に、マイナスかい離が拡大。騰落レシオは83%→80%に低下。依然、方向感は見えません。

 日経平均のPERや今期の増益予想などバリュエーションから見た割安感が出てきており、今後、中長期投資家の買いも予想されることから、海外投機筋も売り崩しには慎重になっているようです。ただ、VI指数の上昇などオプション市場のプット需要が高まっており、週末のオプションSQに向け、売り仕掛けのリスクは残ります。GLOBEX市場の米金利先物を見ても債券が買われ金利が低下しており、円高が修正される動きはなさそうで、明日も軟調な動きになりそう。中長期方針で、成長性のある好業績銘柄を逆張りで買う流れに変化なし。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ