大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



週明けの米国株は、仏大統領選結果を好感した買いに、主力3指数とも急反発して終了したものの、北朝鮮情勢の緊迫化が頭を押さえ伸び悩んで終了。
 おはようございます。
 一難去ってまた一難ではないですが、今日は、北朝鮮の「朝鮮人員軍創建85周年」記念式典です。過去、色いろやらかしてきた日ですから、緊張感もピークを迎えそう。おまけに明日は新月。以前から韓国内で米軍による先制攻撃が行われると、ネットで噂になった日でもあります。軍の威信を国民に示すため、何かやらないわけにはいきませんが、やりすぎると、米国に攻撃の口実を与えるため、程度が問題になりそう。中国と刈り上げ坊やの連絡が維持されているのかどうかは不明ですが、もし、連絡がとれていれば事前に米国に内容を伝える手もありますが…。今日は緊張感がピークに達しそうですが、その分、何もなければ一気に潮目が変わる可能性もあります。この危ない日にチリでは大きな地震が起きたようですが…。

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万0763ドル89セント       +216ドル13セント(1.05%)
 NASDAQ総合指数       5983.82ポイント          +72.30ポイント(1.24%)
 S&P500              2374.15ポイント          +25.46ポイント(1.08%)
 CME日経平均先物       1万8870円             -70円
 10年物国債金利        2.276%               +0.028%
 ニューヨーク原油        49.23ドル              -0.39ドル
 GOLD               1277.30ドル            -11.80ドル
 ドルインデックス         98.91                -0.75  
  

 週明けの米国株は、フランス大統領選の第一回投票結果が、中道派優位になったことへの安心感から、買い戻しが増加。リスク回避で買われていた債券が売られ金利が上昇したことを好感。銀行株など金融関連が買われ、急反発して始まりました。米国内の増産や協調減産への結束の乱れから原油価格が下落、この日発表の景気指標が予想を下回ったものの、特に問題視されず、終日、この日の高値圏で推移する展開に…。また、26日に発表されるというトランプ大統領の税制改革法案への期待感も上げに寄与し、キャタピラーなど関連株も上昇していました。ただ、北朝鮮情勢の緊張が増していることから、上値追いには慎重で、ニューヨークダウは引け近くにこの日の高値2万0792ドル(前週末比245ドル高)をつけましたが、引けにかけてはやや上げ幅を縮めていました。VIX指数は、3.79ポイント下げ10.84ポイントに低下。仏大統領選に備えてヘッジしていた分が解消されています。

 NYダウは、反発。採用30種は、値上がり25、値下がり4、変わらず1(GE)。金利の上昇を好感し、JPモルガンが3.5%、GSが2.93%AMEXが1.08%、それぞれ上昇。インフラ投資期待からキャタピラーが2.4%上昇。指数寄与度の大きい銘柄の上げが指数を押し上げ。決算への期待から、マイクロソフトが1.2%、インテルが1.1%上昇するなどハイテク系も堅調。上昇銘柄のうち12銘柄が1%超え上昇し、指数の上げに寄与しています。NASDAQ総合指数は、この日、引け値ベースザラバとも史上最高値を更新。成長株志向が強まっています。この日は、NYダウ、S&P500 のMACDがシグナルラインを突破し、NASDAQ総合指数に続き買いシグナルを発信。ただ、NYダウは日足一目均衡表の雲内にあるほか、下落トレンドが継続中。4月5日の高値2万0887ドルを抜き、トレンド転換することが課題になってきます。税制改革法案の内容にもよりますが、NASDAQ市場がリードする展開に変化はなさそう。

 米国株は反発。円は、米金利が上昇したものの、冴えない景気指標や北朝鮮への懸念から買われ、対ドルは109円70銭台と昨日水準からはやや円高。対ユーロは118円90銭台に下落。CME日経平均先物は、今日25日が北朝鮮情勢緊迫のピークを迎えることから、ヘッジ的な売りがかさみ大証先物終値を70円下回る1万8870円で帰ってきました。レンジは、1万8840円~1万9040円。出来高は、前週末比4万5000枚増の7万7320枚に急増。本日の日本株は、軟調に寄り付いた後は、北朝鮮情勢を見守る動きになりそう。ただ、関係国とも強行手段に出た場合の影響の大きさを自覚しており、北朝鮮が何かした場合でも米国の報復を招かないレベルにとどめると思われるため、早ければ後場からでもヘッジを外す動きが出てくるかもしれません。先走ることはないと思いますが、決算発表を控えた銘柄の待ち伏せ買いを継続。SOXが1000ポイントを回復しており、半導体関連に注目。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ