大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



本日の日本株は、米株高や円の下落を好感。トランプ政権の税制改革案への期待感もあり、日経平均、TOPIXとも、4日続伸して終了。
 相変わらず外部要因次第の展開が続いています。フランス大統領選がEU離脱を伴うような最悪の結果にならなかったことを好感。選挙前にリスク回避から買われ、金利が低下していた米長期債が売られ、金利が反転上昇。また、リスク回避から買われていた円が売り戻されるなどし、円が111円台まで下落してきたことが買いの手掛かり材料になったようです。日本株の場合、北朝鮮の緊迫や米金利低下を受け円高が進むとして、連日、空売り比率が40%を超えるなど、指数先物だけではなく、個別株でも、景気敏感株とディフェンシブ株の間でロングショートポジションが組まれるなど、売りが充満していました。まだ、北朝鮮問題の先行きが分かりません。ただ、最後の頼みだった中国も距離を置き始めており、ICBMの発射実験や核実験を行うと、国連安保理で制裁強化が提案され、中国が拒否権を行使しないことも考えられるため、無茶な行動はしない…との合意が市場にできてきたのかもしれません。ただ、米国にとって、核を搭載したICBMが完成することは、絶対、容認できませんから、完成へ向けての兆候が出れば、日韓を犠牲にしても先制攻撃に動く可能性があることは、今後も変わらないでしょう。まあ、ここまでは、市場にたまった買い戻しで戻してきましたが…。今晩は、トランプ大統領が約束した税制改革案を提示する日。国境税を盛り込むことは見送られたようですが、だとすると財源はどうするのでしょうか。もともと、大した案は出せないだろうという予想でしたから、失望せず、素直に好調な企業業績の方を評価することになればいいのですが…。

 本日の日本株は、リスク許容度が高まったことによる米金利上昇や円の下落を受け、買いが先行。CME日経平均終値にさや寄せする先物買いが入り、裁定買いが指数を押し上げたほか、対ユーロでの円安を好感した機械や精密など欧州関連株も買われ、前日から窓を開けてスタートしました。トランプ大統領が、税制改革案に国境税を盛り込まないとしたことから、自動車株も買われるなど、終日上げる展開に…。昨年12月中旬から持ち合ったゾーンに接近してきたことから、警戒的な売りが増加。一時、上げ幅を縮小する場面があったものの、欧州市場が開く時間帯に入ると、買いが入りだし、引けにかけ上げ幅を拡大。日経平均、TOPIXともこの日の高値で取引を終えています。内需、外需にかかわりなく全33業種が買われ上昇しました。

 結局、日経平均は210円10銭高(1.10%)の1万9289円43銭、TOPIXは、18.20ポイント高(1.20%)の1537.41ポイントと、ともに4日続伸。出来高は、前日比8700万株増の20億3553万株と、7日以来の20億株大台乗せ。売買代金は、同2000億円増の2兆5099億円。徐々に商いは増えていますが、まだ、様子を見ている投資家が多いようで、商い面はもう一つです。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、57%→71%に上昇。警戒ゾーンの80%超えに近づいてきました。25日線かい離率は、+1.54%→2.6%に拡大。これも短期的な警戒ゾーンの3%に接近。騰落レシオは、88%→100%に上昇。どの指数も、目先の警戒ゾーンに接近していますが、ストキャスティックスやRSI」の9日ベースなど目先指標は買われすぎゾーンに入ってきました。

 昨年12月中旬からのもみあいは4か月に及びましたが、このゾーンは価格帯別出来高の最多帯で、結局、戻り売りを消化できずに押しつぶされたところでもありました、。いったん下に引いたことで、抵抗帯は抜けやすくなっているものとおもわれますが、レポート直近号でも書いていますように、円の対ドル相場の111円50銭台は、今年2月に、、いったん、ダブル底をつけたところで、戻りの急所でもあります。ここを抜いていくには、米金利の一段の上昇など援護射撃がほしいところ…。株価指標、為替とも短期的な壁にきており、いったんは、過熱感の解消が必要なところか…。明日は、130社超え、週末28日は280社が決算を発表してきます。また、週明けは、連休を控え、立ち合いは月曜と火曜日の2日立ち合い。明日の日銀会合結果は据え置きと思われますが、今日の引け近くの買いは日銀会合を当て込んだイベントドリブン型ヘッジファンドの買いの可能性も…。明日の指数と主力株の動きは警戒が必要。引き続き、決算発表のサプライズを狙った待ち伏せ買い方針で…。ミロク情報サービスがきれいな動きになってきました。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ