大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



週末の米国株は、予想を下回るGDP統計結果や雇用コスト上昇による利上げ懸念を映し、主力3指数とも小反落して終了。
 おはようございます。
 春の叙勲や褒章が発表されています。今年は、記者時代にお世話になったレストラン経営者と県農協会長が勲章を授与されていました。このレストランは、皇族もお忍びでおいでになるところですが、以前から、子供の健全な発育のために食育にも取り組まれており、日ごろの活動が評価されたものと思います。心からお祝い申し上げます。話は変わりますが、授章や叙勲は早い時期に内示がされますが、正式に発表されるまで、不祥事は絶対に禁物。交通違反もできないといい、ものすごく神経を使うといいます。昔、受章者の事前取材に行ったことかありましたが、嬉々とした表情で取材を終え、記事も完成。掲載寸前になって、授章を辞退した(させられた?)との連絡があり没原稿に…。経営する運送会社の社員が事故を起こしたことが、問題になったようです。いつも、公表された名簿を見るたびに、「何もなくてよかったですね」と思ってしまいます。
 北朝鮮の刈り上げ坊や、弾道ミサイルの発射実験をやったみたいですね。発射してすぐに爆発したようですが、とりあえず、圧力にさからって、やったけど失敗しちゃった…と、いう感じでしょうか。一つ間違えると大変なことになるくらい、わかっていると思うのですが、緊張状態を長引かせたいとの思惑でもあるのでしょうか。
 
 28日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万0940ドル51セント      -40ドル51セント(0.19%)
 NASDAQ総合指数        6047.61ポイント         -1.33ポイント(0.02%)
 S&P500               2384.20ポイント         -4.57ポイント(0.19%)
 CME日経平均先物        1万9215円            +15円
 10年物国債金利         2.282%              -0.014%
 ニューヨーク原油         49.33ドル             +0.36ドル
 GOLD                1269.50ドル           +2.60ドル
 ドルインデックス         99.04                -0.11 
 

 週末の米国株は、朝方発表された第1四半期GDP成長率が予想を下回ったこを嫌気し売りが先行。反落してスタートしました。ただ、季節要因からGDP成長率が低めに出ることは事前に想定されており大きな波乱要因にはならず、市場の関心は企業業績に移行。決算が市場予想を下回ったインテルが売られたほか、GDP成長率結果を受け金利が低下。これを嫌気して金融株が売られ、終日、だらだらと下げる展開に…。この日発表された第1四半期雇用コスト指数が大幅な伸びとなり、利上げ懸念が強まったことも警戒感を強めたようです。ニューヨークダウは終日右肩下がりの動きとなり、引け近くには、この日の安値2万925ドル(前日比56ドル安)をつける場面も…。一方、前日引け後に発表された、アルファベットやアマゾンの好調な決算を受け、寄り付き付近にザラバの史上最高値6074ポイントをつけており、他の指数に比べた強さが目立ちました。ただ、週末、月末が重なりポジション調整の売りも増加。引けでは主力3指数とも小幅に反落しています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1152、値下がり1834(NASDAQ市場は、1026-1807)と、ともに売りが優勢でした。

 NYダウは、反落。採用30種は、値上がり9、値下がり21。原油価格の上げを受け、シェブロンが1.17%、エクソンが0.88%、それぞれ上昇し、指数を下支えしたものの、冴えない決算を受けインテルが3.4%安。金利低下を嫌気し、AMEXが1.34%、JPモルガンが0.7%、GSが0.89%、それぞれ下落。指数寄与度の大きい金融株の下げが指数の足を引っ張った格好。NYダウは、トランプラリーで織り込まれた過剰な期待感を解消する動きが続いているようです。過剰な期待感から売り込まれた債券の買い戻しが続き、金利の方向感がつかめないことが、金融株の低迷を通じ指数の足を引っ張っているようです。短期的に日足一目均衡表の雲上辺付近への下げが予想されます。ただ、ITを駆使した米産業構造の転換は、関連企業の業績に影響を与えるようになっており、今後は、さらに成長株志向を強め、オールドエコノミー株との格差を広げていくことになりそう。NASDAQリードの展開が続く…。

 米国株は小反落。円は、強い雇用コスト指数を受けドルが買われた流れを受け対ドルは111円50銭台に下落。対ユーロは121円50銭台に下落。CME日経平均先物は、円安好感で大証先物終値を15円上回る1万9215円で帰ってきました。レンジは、1万9160円~1万9295円。週明けの日本株は大型連休の谷間になり小動きの展開か…。ただ、ドル円相場は、戻りの壁になっていた2月のダブル底(111円50銭~111円60銭台)付近を突破しようという動きが続いており、週明けは為替の動きも焦点になりそう。
詳しくは、明日発信のレポートで解説します。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ