大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週明けの日本株は円高や北朝鮮の弾道ミサイル売り上げを嫌気して売られ、小幅に続落。押し目買い意欲は強く、日経平均、TOPIXとも、この日の高値で終了。
 決算発表が終了しました。第3四半期までの元気の良さから期待していたものの、蓋を開けると減益になっていたり、いまいちかと思っていると、会社計画やコンセンサスを大幅に上回る…など悲喜こもごもの決算でした。今日出たものでは山一電機。第3四半期までの進捗率が83%を超え、増額修正は必至と思っていたら減益でした。決算短信を読んでみると1ドルにつき11円以上の為替差損が出たとか…。まさにずっこけ決算でした。明日は、叩き売られるんでしょうね…。一方、想定外に伸びたのは、フェローテックでした。最近では23日号でも取り上げましたが、経常47億円の予想に対し、実績値は56.75億円で、達成率は120%超え。今期は64億円という、サプライズ決算を出してきました。ファイナンスが絡んでいましたので、もう一つ熱心になれませんでしたが…。

 まあ、相場の世界はこんなものですね。ただ、山一電機の場合も、事業環境は明るく、叩き売られたところからは、また、エントリーポイントを探りに行きますが…。まあ、今日は、経常利益28.27億円予想に対し、34.17億円と大きく上ぶれたWDBゴールディングスが値上が率第2位、採算重視の受注見直しを進めてきた豆蔵ホールディングスも業績が、想定通り上ぶれて値上がり上位に入っていました。4月16日号(800円)から再注目を始めましたから、180円幅を超えてきました。ただ、売上を4%増としているのに、経常利益の伸びは小さく、おそらく期中に増額修正してくることになるんでしょうね。じっくり取り組んでいけそうです。まあ、ほかにも13銘柄が新値を更新していますので、決算の締めくくりとしては上々でしょうか。あとは、アナリストがフォローして、コンセンサスを引き上げてくれるのを待つだけ。

 週明けの日本株は、先週の米金利低下を受けた円の上昇や、朝方の、北朝鮮・刈り上げ君の韓国大統領就任祝いの弾道ミサイルの発射を嫌気。朝方から売り先行でスタート。日経平均は寄り後すぐに、この日の安値1万9740円(前週末比143円安)をつけていました。ただ、売り一巡後は、決算が好調だった建設や食品など内需系業種に幅広く買い物が入ったほか、日本郵便による野村不動産の買収計画を受け不動産株が買われるなどし、前引けにかけて下落幅を縮小。後場に入っても先週末好決算を発表していた銘柄に短期資金の買いが続き高値圏で推移。引けにかけ円が弱含むと先物に買いが入り、下げ幅を縮小。日経平均、TOPIXとも続落になったものの、ともに高値引けしており、先高期待を強めた終わり方でした。

 日経平均終値は、14円05銭安(0.07%)安の1万9869円85銭、TOPIX終値は0.71ポイント安(0.04%)の1580.00ポイント。出来高は、前週末比9285万株減の21億5577万株、売買代金は、同3130億円減の2兆6519億円。騰落状況は、値上がり854、値下がり1057と売りがやや優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に低下。日経平均RSIは、88%→87%に弱含み。25日線かい離率は、+4.6%→+4.3%に、ややかい離が縮小。騰落レシオは、131%→132%。指数は過熱調整が進んでいるものの、TOPIX型の買いが続いているのか、全体がかさ上げするような動きが続いています。

 まあ、しばらくは、先週勢いよく突破した吊り天井ゾーンが、下値抵抗帯に変化したかを確認するような動きになりそう。為替が方向感を欠いたような動きになっていることが、相場の方向感を失わせることになっているようです。米国の債券市場の動きを見ると、先物市場で投機筋が債券買いを増やしているため、10年債金利が低下。これを受け、ドルインデックスが昨年11月くらいの水準まで下落。一方で、円が上昇するパターンになっています。FRB関係者は、6月初めに開催されるFOMCへ向け、利上げ環境を整えようとしてタカ派の発言を続け、景気指標も利上げを正当化する流れにあるのに、なぜ投機筋が債券買いを進めているのかわかりませんが、もし、FRBが本気で6月利上げを考えているなら、発言がエスカレートする可能性もあります。一時、トランプ大統領の辞任が近いのでは…なんて話が流れたこともあり、安全資産買いという見方もありあす。ただ、根拠がはっきりしないため、FRBの態度が硬化すれば、彼らが債券を投げ、金利上昇→ドル上昇(円安)という流れにシフトしないとも限りません。まあ、しばらくは、各論重視ですか…。
 ※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ