大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週末の米国株は、原油高や好調な企業決算を好感し、主力3指数とも続伸したものの、ロシアゲート疑惑に関する報道を受け、上げ幅は縮小。
 おはようございます。
 シカゴ先物取引市場の動きが、日本株に与える影響が強まっています。以前から、米長期金利の動きがポイントになる…としてきましたが、短期市場はFRBの金利引き上げを意識して上げているものの、10年債金利の方は、景気の減速や政治の混乱から利上げは無理…とみて、投資家は債券先物買いを進め、金利が低下しています。また裂き状態ですが、6月FOMC (13日・14日)が近づくにつれ、波乱色を強めそう。16日現在の投機筋のポジションは、4月後半から買いが増加傾向にありますが、一方で、売りも増加に転じてきました。強弱感が対立し始めたようです。米金利の動きに円相場は影響を受けるだけに、相場が綱引き状態から抜け出した場合、円相場も急変するリスクがあります。この流れを受けたわけではないでしょうが、同市場のドル円の取り組みもおかしな動きになっています。なにやら投機筋の動きが強まってきたようです。

 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万0804ドル84セント     +141ドル82セント(0.69%)
 NASDAQ総合指数      6083.70ポイント        +28.57ポイント(0.47%)
 S&P500             2381.73ポイント        +16.01ポイント(0.68%)
 CME日経平均先物      1万9685円           +85円
 10年物国債金利       2.237%             +0.004%
 ニューヨーク原油       50.33ドル            +0.98ドル
 GOLD              1255.70ドル          +2.90ドル
 ドルインデックス        97.12              -0.76 
   

 週末の米国株は、主要な経済指標の発表がない中、OPECの減産継続に期待した原油価格の上げや好調な企業業績に支えられ、主力3指数とも続伸しました。減産継続への期待感やドル安を受け原油価格が1か月ぶりに50ドルの大台に乗せてきたことを好感。朝方からエネルギー株が買われ高寄りしてスタートしました。この日は指数や個別株に関するオプションSQで、これに絡む売買も上げに寄与。引き続き、好調な企業業績が投資家の強気を支えていますが、この日は農機大手ディアが大幅な増収増益になったことを好感し急伸。キャタピラーなど建機メーカーにも上げが波及。最近のドル安を好感し、ボーイングやIBMなど多国籍企業も買われ、次第に上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、引け近くに、この日の高値2万0857ドル(前日比194ドル高)をつける場面も…。ただ、ワシントンポストがロシアゲートに関し、大統領周辺の人物が捜査されていることを報じると、引けにかけて上げ幅を縮小しています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2246、値下がり761(NASDAQ市場は、1806-1030)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、2.62ポイント下げ12.04ポイントに低下。株価が続伸したことで市場には安ど感が出たようです。
 
 NYダウは続伸。17日の下落分の53%を埋めました。採用30種は、値上がり26、値下がり4。キャタピラーが2.2%上昇したほか、好決算を受けたウォルマートが1.6%続伸。2018年度予算でのインフラ投資予算の計上方針を好感し、GEが2.07%、ユナイテッドテクノロジーが1.5%、デュポンが1.0%、それぞれ上昇。指数を押し上げました。長期金利の下げに一服感が出たことからJPモルガンが0.98%上げたことも指数の上げに寄与。NYダウは週足では陰線。依然、ダブルトップへの懸念は残ったまま…。日足一目均衡表の雲上にでるなど好転の兆しがあるものの、昨日も17日の長大陰線の寄り付き付近に近づくと急速に伸び悩んでおり、頭の重さが目立ちます。4月19日安値2万0379ドルの安値を維持できるかどうかがポイントに…。引き続き、債券市場がカギを握りそう。

 米国株は続伸。円は、米政権への不安からリスク回避の動きが強まっていることや、このところのユーロ高を受け、対ドルは111円20銭台に小幅上昇。対ユーロは124円60銭台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値比85円高の1万9685円で帰ってきました。レンジは、1万9490円~1万9745円。週明けの日本株は、堅調なスタートになりそうですが、引き続き円高懸念が残り、主力株の動きは鈍りそう。指数の動きは、ほぼ想定通り、吊り天井の上限でもみ合う動き。明日21日が24節句の「小満」で変化日になりますが…。詳しくは、明日発信のレポートで解説します。            
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ