大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、米株高や円の下落を好感。外需株中心に買われ、日経平均、TOPIXとも反発して終了。
 用事があり、出かけていました。今日の相場は朝の書き込みで書いた通りの展開。新たな材料としては、格付け会社ムーディーズが中国の格付けを一段階引き下げたことくらいか…前回の見直しの際に見通しを「ネガティブ」にしていたので、今買いの引き下げは想定内。引き下げ後の見通しは「安定的」としており、当面は追加の引き下げはないとして、市場は冷静に受け止めたようです。今日の動きを簡単にまとめておきます。

 本日の日本株は、前日の米国株が上昇したことや、金利上昇を受け円が下落したことを好感し買いが先行。CME日経平均先物終値(1万9770円)にさや寄せする先物買いや金利上昇を受け米金融株が上げたことを好感。三菱UFJが買い気配で始まるなどし、日経平均は前日比164円高の1万9777円と、窓を開けて始まりました。買い一巡後に、この日の高値1万9782円をつけ、17日の下げ過程に開けた窓を閉めると益出しの売りが増加。急速に上げ幅を縮小。前引け近くにはこの日の安値1万9690円をつけています。子の安値で昨日の高値かラ明けた窓を閉めると、後場からは買いが先行。円相場が112円台をつけたことも好感され、電気機器や機械、精密など外需株が買われたほか、電気・ガス、紙パルプなどディフェンシブ系業種も買われ、次第に上げ幅を回復。結局、日経平均、TOPIXとも反発して終了。

 日経平均終値は、129円70銭高(0.66%)の1万9742円98銭、TOPIX終値は、9.89ポイント高(0.63%)の1575.11ポイント。出来高は、前日比1.84億株増の17億2823万株、売買代金は同2163億円増の2兆2226億円に増加。任天堂の上げが売買代金を押し上げた格好。騰落状況は、値上がり1427、値下がり466と、買いが圧倒的に優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、6勝6敗で変わらず。日経平均RSIは、63%→63%で横ばい。25日線かい離率は、+1.6%→+1.98%にかい離が拡大。騰落レシオは149%→164%に上昇。昨年12月のピーク165%に肉薄してきました。全体的なかさ上げの動きは、警戒ゾーンにきています。近々、物色対象を絞り込むような動きに移行することも予想されますが、機関投資家の見送り姿勢が続けば、2005年相場のように個人の買いが投機色を帯び、全体をかさ上げする流れになる可能性も…。

 この時は、2006年1月のライブドアショックでかさ上げ相場は中断されましたが、その後数か月の調整を経て、次は主力株にスイッチ。担ぎ上げられたものの中には10年以上たっても高値を奪回できないものも出てきました。今後の動きは要注意。常にリスクを考えて動くことが大事になりそう。また、まだ完成していないものの、日経平均の週足MACDがシグナルラインを突破。買いシグナルを出しています。今日は円安にも関わらず、食品など内需系はしっかりしており、出遅れ感のある所に資金が流入していることも感じさせます。まだ、海外次第の日本株ですが、国内投資家の動きは強まってきているのではないでしょうか。明日は、投資主体別売買動向が発表されますが、焦点は国内投資家の動き…。それと海外投資家の先物売買の動き。6月はメジャーSQですが、海外投機筋は先物買いを強めながら、裁定買い残の増加を図っている可能性もあります。全方位で相場を見ておくのも忘れたくないものです。レポート銘柄は今日も好調。11銘柄が年初来高値を更新していました。今晩は、円相場の第一の関門であるFOMC議事録の発表。日本株の追い風になるような結果になってもらいたいものですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ