大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、相場の方向感が出ないなか、先物への仕掛け的な買いが入り、日経平均、TOPIXとも続伸して終了。
 投資主体別売買動向(15日~19日売買分)が発表されました。海外投資家は、現物を302億円買い越したものの前週の5602億円買い越しから見ると、勢いを失っています。一方、大幅な買い越しが続いてきた先物は約1400億円の売り越しに転じていました。先週の日経平均は300円近く下落しましたが、海外投資家が先物売りに転じ、裁定解消売りが出たことが下げの原因の一つだったことが分かります。一方、個人は+166億円と6週間ぶりの買い越しになりましたが、中身を見ると信用取引は1000億円を超える買い越しだったものの、現物は-840億円と7週連続して売り越しが続いています。なかなか、中長期投資を行う個人資金が市場に回帰してこないみたいです。この動きを映すように、投資信託が週間で現物を1774億円も売り越し、最大の売り主体になりました。2万円大台が近づいたことで個人が投資信託の解約を出し、投信が換金売りを出した…ということでしょう。海外投資家も2万円大台を意識してか、現物買いは勢いを減じていますし、国内も個人を中心に益出しの売りを増やすなど、投資家の2万円大台への意識は相当強いようです。ここにきて、上げをリードしてきた海外投資家の先物売買も売りに転じており、2万円大台という猫の首に鈴をつけに行く投資家がいなくなりつつあります。まあ、結局は、鈴をつけに行くのは海外の投機筋しかいないことになりますが、今日当たりは、ソフトバンクの上げに乗じて買い仕掛け(先物買い・円売り)をしていましたが、当面は指数に関しては、投機筋頼み…ということになりそうです。

 今日の日本株は、FOMC議事録から米利上げペースの鈍化観測が出て長期金利が低下。これを受け円が小幅に上昇したことを受け、CME日経平均先物が軟化。朝方からCME終値にさや寄せする先物売りが入り、日経平均は小幅に下落してスタート。寄り後まもなくこの日の安値1万9720円(前日比22円安)をつけていました。積極的に売り崩すような動きはなく、しばらくは前日引け値を挟んだ小動きの展開…。ただ、ソフトバンクのファンドが米半導体企業エヌヴィディアへの投資を好感し同社株が急伸したのを見て、朝方売られた先物に買い戻しが入ったほか、海外投機筋からとみられる買い仕掛け的な動きが入り、裁定買いが増加。ソフトバンクやファナック、東京エレクトロンなど、指数寄与度の大きい銘柄が上昇。前引け近くに日経平均は、この日の高値1万9850円(同108円高)をつける場面も…。後場にかけては今晩開催されるOPEC総会の結果を見たいということで模様眺め気分が強まり、引けにかけ高値持ち合いが続きました。電気ガス、情報通信、倉庫運輸などTOPIX型の主力構成銘柄に買いが入っており、機関投資家の落穂ひろい的な買いは入っているようです。

 日経平均終値は、70円15銭高(0.36%)の1万9813円13銭、TOPIXは、3.31ポイント高(0.21%)の1578.42ポイントと、ともに続伸。出来高は、前日比5096万株減の16億7727万株、売買代金は同13億円減の2兆2213億円と、ともに閑散商い。主力投資家の動きが鈍るとともに、短期資金の動きも、今日は鈍ったようです。騰落状況は、値上がり817、値下がり1039と売りが優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に上昇。日経平均RSIは、63%→62%にやや低下。25日線かい離率は、+1.98%→+2.04%に、かい離が拡大。まだ明確な方向感は出ていません。騰落レシオは、164%→156%に低下。出遅れ株を買い上げるかさ上げ的な動きにもやや警戒感が出てきたようです。

 想定通り、昨年12月中旬から形成した吊り天井が下値支持帯になっているものの、上値は2万円大台挑戦に失敗した時の持ち合いが、頭抑えとなりサンドイッチ状態になっています。米長期債金利の方向が定まらないことから為替の動きが読めず、相場も膠着状態を余儀なくされています。ただ、FOMC議事録でも景況感さえ改善すれば6月利上げを実施したい意向を示しているほか、バランスシートの縮小を年内にも着手する方針を出していました。注目すべきは、5月FOMC時に、事務方から3か月ごとに縮小する提案がなされており、6月FOMCでは縮小する金額など具体的な方策が示される可能性があり、長期債投資家の楽観的な観測に、鉄槌がくらわされ、金利が急伸する可能性も出てきます。これが意識されるのはおそらく6月に入ってから…。それまでは方向感のない中、成長株の仕込みが続く格好か。米債券の動き次第。今日は、インバウンド、物流事業という新しい成長シーズに注目した大和ハウス工業が新値。日本M&Aセンター、アウトソーシングなど11銘柄が新値を更新。GLOBEX市場の米株先物は80ドル近い上昇ですが、10年債金利先物は値上がり(金利は低下)…。今のところ日本株には中立の動き…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ