大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨日の米国株は、強い景気指標や雇用関連指標を好感した買いに、主力3指数とも反発して終了。NASDAQ総合指数とS&P500は最高値を更新。
 おはようございます。昨晩は、布団に入った途端、変な風が吹き出し、そのうち、雷はなるは、大雨はになるは、風は台風並みになるは…で、ゆっくり眠ることもできませんでした。あちこちで竜巻注意報が出ていましたので、今までに経験したことが無いような風でしたので、竜巻かもしれないと思い、何度も外に出て注意していましたが、黒い雲が地表近くに伸びるなど、米国映画で見たトルネードと同じような状態。竜巻にはならずに幸いでしたが、昨晩のような天候は初めての経験。やはり、自然の何かが変わり始めているんでしょう。そんなときに、米国トランプ大統領が地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」を離脱することを宣言しました。TPPからの離脱、環境保護から停止されていたパイプライン敷設への許可など、この人、オバマ大統領の決めたことを全部ひっくり返すつもりみたいですね。過激な環境保護団体などもあり、違った種類のテロの発生も…。内外に敵を作りまくって、大丈夫なの? 

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万1144ドル18セント      +135ドル53セント(0.65%)
 NASDAQ総合指数       6246.83ポイント         +48.31ポイント(0.78%)
 S&P500              2430.06ポイント         +18.26ポイント(0.76%) 
 CME日経平均先物       1万9930円            +70円
 10年物国債金利        2.211%              +0.005%
 ニューヨーク原油        48.36ドル             +0.04ドル
 GOLD               1268.30ドル           -7.10ドル
 ドルインデックス         97.20               +0.22   


 昨日の米国株は、原油在庫の大幅な減少を受け価格が上昇したことや、朝方発表された(雇用統計の先行指標になる)ADP全米雇用報告で民間部門の雇用者数が予想を上回ったことを好感。エネルギー関連や金融株などが買われ、反発してスタートしました。寄り後発表のISM製造業景況指数が前月水準、予想をともに上回ったことや自動車販売に底打ち感が出たことも好感され、自動車や重工など景気敏感株にも買いが拡大。終日上げる展開に…。一時、原油価格が上げ幅を縮めたことを嫌気し、上げ幅を縮小する場面もありましたが、引けにかけ、再度、買い直され上げ幅を拡大。ニューヨークダウとS&P500がこの日の高値で終わるなど、主力3指数とも反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2467、値下がり540(NASDAQ市場は、2172-718)と、ともに買いが圧倒的に優勢。VIX指数は、0.52ポイント下げ9.89ポイントに低下。

 NYダウは4日ぶりに反発。採用30種は、値上がり26、値下がり4。ナイキが0.96%下げるなどしたものの、他の下げは限定的。一方、強い景気指標を受け金利に下げ止まり感が出たことから金融関連が買い戻され、AMEXが1.72%、GSが1.78%、JPモルガンが1.11%、それぞれ上昇。指数を押し上げました。また、ユナイテッドヘルスが2.5%、デュポンが1.4%、マクドナルドが1.6%、それぞれ上昇。指数寄与度の大きい値がさ株が上げたことも指数の上げに寄与。NASDAQ総合指数、S&P500 とも、史上最高値を更新。NYダウは、依然、3月1日の最高値(2万1169ドル)を抜けずレンジ上限付近で足踏みしています。NYダウについては、債券市場の動きを受けた金融株次第の動き。一方、NASDAQ総合指数は、長期の上値抵抗線を抜けるような動きになってきており、株価の上げに弾みがつく可能性も。米国産業界の構造を一変させるIT関連企業の成長を映した動きに…。

 米国株は反発。円は、強い米景気指標を受け対ドルは111円30銭台に、対ユーロは124円80銭台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を70円上回る1万9930円で帰ってきました。レンジは、1万9665円~1万9950円。本日の日本株は、堅調に推移。週末控えでポジション調整売りが予想されるものの、国内機関投資家の買い姿勢の高まりから、2万円大台乗せも意識されてきそう。今日、2万円大台に乗せて終われるかどうかで、日本株の強さが図れそうです。TOPIXコア100など主力の動きに注目。米国自動車販売の底打ち感を映し、トヨタをはじめとする自動車株、新値抜けの後高値圏で踏ん張る日立製作所…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ