大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、米市場の流れを受けたハイテク株や銀行株の上げで高寄りしたものの、引けにかけての仕掛け的な売りから、日経平均、TOPIXとも下落して終了。
 先週12日、日経平均、TOPIXはともにMACDがシグナルラインを下方突破。デッドクロスし、売りシグナルを出していました。今日は陰転値(1万9895円70銭)手前でかろうじて踏ん張っていた日経平均の3本新値が、引け間際の先物売りで、終値が陰転値を下回り陰転。短期的な弱気相場に入ってしまいました。25日線上は維持しているものの、25日線が下向きに転じており、やや気になる動きも…。ただ、株価がこの辺で踏ん張っておれば、3~4日で対応点が下がり25日線が上向くことから、それほど警戒したものもないかもしれません。今日の引け近くに、欧州系証券がまとまった売りを出していましたが、以前からCTA(商品投資顧問)に関係があるといわれており、もしかしたら、今晩のFOMCを当て込んでイベントドリブン型の投機筋が動いたのかもしれません。日経平均型、TOPIX型の双方で先物売りを出したようですが、同時に円が買われており、仕掛け的な商いの可能性が強そうです。彼らが動くまではプラス圏を維持していたのですが、大した売りでもないのに、これを吸収できないところに今の日本株のもろさがあるんでしょうか。次は、日銀会合が控えていますし、投機筋にイライラさせられることになるかも…。

 本日の日本株は、昨日の米国市場で、急落していたWEB関連株が上げたほか、金融規制改革法案が財務省から提示されたことを好感。銀行株やハイテク株が買われ、高寄りしてスタートし、寄り後に2万円大台を回復。ただ、今晩のFOMCを警戒しさらに上値を買うという雰囲気ではなく、全体が伸び悩んでいるところに、中国の景気指標で固定資産投資の伸びが鈍化したことから警戒的な動きが台頭。中国関連などが売られ、前日終値近辺まで上げ幅を縮小。後場寄りから内需系銘柄に買いが入り値を戻したものの、結局、引けにかけての売りで、日経平均は3日続落。TOPIXは反落して終わりました。

 日経平均終値は、15円23銭安(0.08%)の1万9893円52銭、TOPIX終値は1.74ポイント安(0.11%)の1591.77ポイント。出来高は、前日比約8700万株増の17億0127万株、売買代金は、883億円増の2兆2075億円。薄商い状態が継続。騰落状況は、値上がり774、値下がり1082と売りが優勢。
 この日の終値での日経平均サイコロは4勝8敗(33%)、TOPIXは6勝6敗(50%)に、ともに低下。日経平均RSIは、56%→52%に低下。じり貧状態が続いています。25日線かい離率は、+0.30%→+0.23%にかい離が縮小。かろうじて25日線を維持している格好。騰落レシオは98%→96%にやや低下。指数はまだ底値ゾーンまで余地があるものの、物色の強さを見る騰落レシオは下値ゾーンの80%が接近。循環的なかさ上げに入る可能性も出てきました。ただ、この2~3日の値上がり上位の動きを見ても、超低位株が単にディーリングの対象で買われるなど、物色にやや手詰まり感が出てきています。質を重視し、テクニカルなポイントをとらえて押し目買いするのが良策…。

 今晩のFOMCは、利上げについては想定内ですが、参加者が示す金利見通しと声明文でバランスシート縮小への言及があるか、また、FOMC後の会見でイエレン議長が、バランスシート縮小や今後の引き締め政策に関しどんな発言をするか…など今回の会合は見どころの多い点でも要注目。債券市場、為替市場の反応を確信したい。今日は、買換え需要期を迎えた火災報知器関連のホーチキ、インバウンド・オリンピック関連の乃村工藝社などが新値を更新していました。またインバウンドに必須の大型クルーズ船を横付けできる港湾整備関連銘柄も、第一弾が横浜に決まったことで、高値を更新し、ボックスを抜けてきそう。
 ※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ