大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、内需主力株に買いが入ったものの、円高や米ハイテク株下落を嫌気した外需株の下げで、日経平均、TOPIXとも続落して終了。
 米FOMCが終わり、明日は日銀金融政策決定会合が焦点に…。米FOMCは、ほぼ想定通りの内容だったものの、最近の経済指標は、予想や前月水準を下回るものが多く、FOMCの強気の景気予測とは別に、市場はオーバーキル(引き締めすぎ)を予想。景気が減速するとして長期債の買いが増加。10年債金利は、一時、2.096%と2.1%を割り込むところもありました。景気が減速すると、現在のIT投資を主とする企業の設備投資も減少するとして、立ち直りかけたWEB関連が売り直されています。

 今日の日本株は、米金利低下を受けた円高や米国の流れを受け継ぎ、ハイテク株中心に売りが先行。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りも入り、日経平均は続落してスタート。売り一巡後に、内需系のTOPIX主力株に買いものが入ると、先物にも買い戻しの動きが入り、日経平均はプラス圏に浮上。寄り後まもなく、この日の高値1万9963円(前日比80円高)をつける場面もありました。ただ、GLOBEX夜間取引市場で米国株先物が下げ幅を広げると、先物に仕掛け的な売りが入り、11時前には、この日の安値1万9755円(同128円安)をつけています。日経平均先物が昨日のCMEのレンジ下限(1万9715円)に接近(1万9720円)すると、買い戻しが入り、前引けにかけては下げ渋る展開に…。後場は、手掛かり材料難から、前日比マイナス圏での動きが続きましたが、建設株に投資判断や、目標株価の引き上げが相次ぎ、内需株が堅調に推移したこともあり、大引けにかけては、下落幅を縮めていました。

 結局、日経平均は、51円70銭安(0.26%)の1万9831円82銭と4日続落。TOPIXは、3.08ポイント安(0.23%)の1588.09ポイントと、続落して終了。出来高は、前日比1.8億株増の18億8192万株、売買代金は、2700億円増の2兆4775億円と、増加。任天堂効果で、市場のボリュームが増してきました。騰落状況は、値上がり817、値下がり1063と、売りが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは、4勝8敗(33%)と変わらず。TOPIXは、5勝7敗(41%)と、前日から低下。日経平均サイコロとのさやが詰まってきました。日経平均RSIは52%→59%に上昇。25日線かい離率は、+0.23%→±0%にかい離が縮小。わずか4銭ですが25日線を下回っています。すでに25日線は下落に転じており、このラインを下回ってくると、もろに25日線の下落圧力を受けてくるだけに、明日の動きは重要になりそう。物色の広がりを見る騰落レシオは96%→94%低下。先月24日に164%をつけて以来の低い数字。やや物色対象を絞るような展開も…。

 今日は、注目株の大和ハウス工業、五洋建設が新値を更新。五洋建設は上値抵抗線を抜いてきました。同社は、インバウンドインフラ整備の一環で、長さが300メートルを超える大型旅客船が横付けできる港湾整備で注目し始めましたが、成否は、その第一弾として横浜港を選定。プロジェクトが動き始めました。今日は、大手証券の株価目標引き上げもあり、壁を突破。同じく、インバウンド・オリンピック関連の乃村工藝社も連続して高値を更新。更新需要期に入った火災報知器需要を受け割安感が出ていたホーチキも、いよいよ1800円大台が見えてきました。他の、注目株も底値を固めるような動きになっており、投資方針を変える必要は無い…としてきたことが正解でした。明日は、四季報が出てきますが、今日は、この数字を先取りして買われたものも多かったかもしれません。引き続き、今期増額修正余地の大きい銘柄の押し目買い方針で。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ