大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、米株高や円安を好感。割安感のでた主力株への押し目買いが入ったほか、強い銘柄への追撃買いが入り、日経平均、TOPIXとも3日続伸して終了。
 鐘や太鼓のどんちゃん騒ぎではなく、静かに日経平均は年初来高値を更新してきました。上げの原動力は円安…。朝も書いたように先週のFOMC後、最近の弱い景気指標を受け、景気の先行きに懸念があるのに、金融当局の強硬な引き締め姿勢は、米経済にとってダメージになる、との見方が長期債投資家中心にあり、長期債の買いが増加。長期金利は低下していました。一方、短期債投資家はFRBの姿勢に合わせ短期債を売り、短期金利は上昇。次の利上げを織り込みにかかっています。しかし、昨日、ニューヨーク連銀のダドリー総裁が、景気の先行きに満々の自信を示したことや、穏やかな金融引き締め策を続けることを示唆すると、長期債投資家の間に、FOMCは、何か投資家が知らない強気のデータを持っているのではないか…との疑心暗鬼が生じ、長期債を売却。結果、長期金利が2.2%付近まで上昇すると、預貸利ザヤの拡大を期待し銀行株に買いが入ったほか、景気後退はIT投資の減少につながる…として売られていたWEB関連も息を吹き返し、昨日の米国株の上げにつながった格好。

 ただ、長期債投資家の間には、トランプ大統領の政策遂行能力に疑問を持つ人が多いほか、景気に対する警戒的な見方から、先行き景気が減速すると、して、信念から債券買いをしている投資家も多く、しばらくは、景気指標や、地区連銀総裁の発言を見ながら、方向感を探る展開になるのでしょうか…。今日のGLOBEX市場の10年債先物は値上がり(きんりは低下)しています。ただ、最近のレポートで、ドル円相場は、7月のドル高値を基点にする右肩下がりのレンジを形成しており、このレンジから抜け出すことがカギになる…としてきました。今日の下落で、一応、抵抗線を抜けレンジを抜けだしたような格好になってきました。ただ、111円80銭台に日足一目均衡表の雲下辺があり、この壁を突破できるかどうかもカギに…。今日の日本市場では、111円79銭から跳ね返されており、壁を突破するには米金利上昇などの支援材料が欲しいところ…。天下分け目の攻防戦になるかも…。

 今日の日本株は、米株高や円安を好感し買いが先行。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いが入り、裁定買いなどから、日経平均は前日比167円高の2万0234円と続伸して始まりました。新興市場株や小型株に比べ割安感の出てきた外需株などに出遅れ投資家の買いが入ったほか、値動きに良いものにつこうという短期資金が建設株などに入り上げ足を速め、前引け近くにはこの日の高値2万0318円(同251円高)をつけ、年初来高値を更新する場面も…。後場からは、高値更新に伴う益出しの動きや引け近くには、先物売り(円買い戻しを伴う)も入り、引けにかかけ上げ幅を縮小。ほぼ、寄り付き水準で植わりました。

 日経平均終値は、162円66銭高(0.81%)の2万0234円12銭、TOPIXは11.18ポイント高(0.70%)の1617.25ポイントと、ともに3日続伸。出来高は、前日比3.5億株増の18億3654万株、売買代金は、5325億円増の1兆9867億円と、ともに増加。新規資金の流入をうかがわせる動きが出てきました。騰落状況は、値上がり1532、値下がり389と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(41%)、TOPIXは6勝6敗(50%)と、ともに変わらず。日経平均RSIは64%→69%に上昇。このところ上げのピッチが速くなっていますが、明日からの2日間はプラスの大きな数字が落ちてきますので、上げピッチは鈍ってきます。25日線かい離率は、+1.36%→+1.89%にプラスかい離が拡大。指数の強気モメンタムの拡大が継続。騰落レシオは103%→107%に拡大。強気の買いが続いています。

 今日の上げで、日経平均3本新値が陽転。短期的な強気相場入りしました。また、日経平均、TOPIXとも、日足MACDがシグナルラインに接近。明日にもゴールデンクロスし、買いシグナルを発信する可能性が出てきました。前回の全面かさ上げと異なり、今回は循環的なかさ上げになるのでは…としましたが、主力が買われると、マザーズが下落に転じるなど、想定通りの動きになってきました。まあ、慌てないでも下落している方を見ていれば、いずれ順番待ちで買いが入ってくるはず…。相変わらず、大手ゼネコン株などが継続的に買われていますが、おそらく相場の方向性に賭けて売買するトレンドフォロー型のヘッジファンドなどの短期筋が参入してきているんでしょう。円が一段安するようなことになると、今度は一転して投げに出てくる可能性も想定しておいたほうが良いかも…。彼らのやり方は、米国のWEB主力株の最近の動きを見ていればよくわかるはず…。

 循環買い相場では、下がっている方に注目するのがセオリー。今日もレポート注目のレギュラー銘柄が新値を更新しています。また、今日は、前週号で取り上げたデクセリアルズが、証券会社の投資判断の上げで、値上がり第3位にランキングされていました。材料性のあるものを言っとけば、あとから誰かが火をつけてくれるもの…。1日1000株づつしか集まらない株でも、誰かが火をつけてくれたら、2万株でも3万株でも、気兼ねなく買ってくれます。日経平均に関しては、11日号で長期足を使って、次のターゲットを解説済み。 
 引き続き、米債券の動きに注目。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ