大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、米株安や円上昇を嫌気。主力株から新興市場に短期資金が戻ったことや、益出しの売りから、4日ぶりに反落して終了。
 今日は24節気の「夏至」。一年のうち、もっとも昼が長く、夜が短い日とされます。相場的には変化日に当たりますが、焦点ボケのようなはっきりしない相場でした。昨日は、円安、米株高という追い風を受けて資金が新興市場から、主力へ…とシフトしましたが、昨日の米国市場で長期金利が低下し、ドルが売られると、途端に資金は新興市場に回帰。主力株は一転して売られる展開になっています。朝も書きましたように、米国FRB内の金融政策委対する考え方が一致していないことから、地区連銀総裁が講演で発言するたびに長期金利がぶれて、それに伴いドルが浮沈する…という動きが続いており、しばらくは、方向感のない為替動向になりそう。また、昨日も書きましたように、年初の118円60銭を基点にする右肩下がりのレンジ相場は抜け出したものの、まだ、一目均衡表の「雲」」下限でもたついており、なかなか、ドル円相場が112円台に入らないことも、投資家の相場観を不安定にしているようです。ただ、ドル円日足のMACDは、強気に転換しているほか、週足MACDもシグナルラインに急接近。買いシグナルを出す日も近そうで、どこかでは、112円台をトライするような動きも出てくるはず…。このところ、24節気の変化日は、米国市場が反映するケースが多く、今晩どんな動きになるか、要注目です。

 本日の日本株は、円上昇や米株安を嫌気。円が強含んで買ってきたことから、売りが先行。CME日経平均先物終値が2万0170円で帰ってきたことから、朝方は、これにさや寄せする先物売りが入り2万0200円を割り込んでスタート。米金利低下や原油安を嫌気し資源関連や金融関連が売られたほか、指数が高値を更新したことに伴う益出しの売りも入り、前場はマイナス圏での膠着した動きに…。後場に入ると、アジア株が軟調に推移したことや、GLOBEX市場の原油や米株先物が下落して推移していたことから、後場寄りから売りが先行。日経平均は寄り後まもなくこの日の安値2万0117円(前日比117円安)をつける場面も…。その後、株価の上げが続く建設株への買いや医薬品への買いが入り、下げ幅を縮める場面もありましたが、引けにかけ、先物に仕掛け的な売り(円買いをともなう)が入り、再び安値をトライする局面がありましたが、4日ぶりに反得落したものの、下値の堅さを示して終わりました。

 日経平均終値は、91円62銭安(0.45%)の2万0138円79銭、TOPIXは、5.69ポイント安(0.35%)の1611.56ポイント。出来高は、前日比2億株減の16億3436万株、売買代金は、同2553億円減の2兆2639億円と、商いは減少。騰落状況は、値上がり589、値下がり1330と、売りが優勢。前場は指数はマイナスだったものの、値上がり数は1000を超えていたのですが…。
 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗、TOPIXは6勝6敗、とともに変わらず。日経平均RSIは、69%→60%に低下。25日線かい離率は、+1.89%→+1.37%に、ややかい離が縮小。騰落レシオ107%→106%に弱含み。依然、上値余力を残しています。作日の三本新値の陽転に続き、本日は、MACDがシグナルラインを突破し買いシグナルを出してきました。

 指数のことは、先物次第のところがあり、あまり気にしても仕方がない…としましたが、底堅い動きが続いていることから、短期筋を中心に動きの良いもののつく、というモメンタム投資が活発になっています。数量ができるゼネコン株などに資金が回り、このところ「上がるから、買う」という展開が続いています。前段でも書きましたように、米国の債券や為替の動きが定まらないことから、しばらくは「強いものにつく」流れが続きそう。ただ、レポートで基本にしているエスカレーター相場は健在。今期業績に増額修正期待のあるものは、少し長い目で見て、テクニカルなポイントで買っておけば、循環買いの順番が回ってきて、ほかの投資家が買い上げてくれます。銘柄が変わらないので面白くないという人もいますが、同じ銘柄でも株価が異なれば別の銘柄。今日は、レポートで注目してきたオプテックスグループが、4015円の壁を突破してきました。センサーの技術ではぴか一。ロボットの導入が内外で進んでいますが、暴走して人を傷つけないように、センサーで感知するシステムで有力。さらに業績拡大が予想されることから、また、エントリーのポイントを探しに行きます。今日も、福井コンピュータや乃村工藝社など8銘柄が年初来高値を更新していました。
 まあ、順風満帆みたいな感じですが、原油価格のチャートが悪化しているのが気がかり…。大きく崩れると、リスク回避の円買いや産油国の政府系ファンド売りなどをはやして、投機筋がいたずらを始める懸懸念も…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ