大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



本日の日本株は、手掛かり材料が少ないなか、日銀のETF買い、公的年金の買いなどを思惑し、小反発して終了。
 激しい25日線の攻防が続いています。北朝鮮の挑発的な動きを材料に、売り仕掛け(株先物売り・円買い)が入り、日経平均は一時は150円近い下げになりましたが、後場から日銀のETF買いや公的年金の買いの思惑を支えに好業績の主力株が買われたことから、売り崩せないとみた先物筋が引けにかけポジションを解消(株先物買い・円売り)をしたことから、指数は急速に値を戻し、結局、反発して終了。25日線も維持して終わりました。北朝鮮問題で危機を煽って売り仕掛けをしていますが、大体、韓国の株価が高いのに日本株を北朝鮮の材料で売り仕掛けをするところに無理があるような気がします。出来高が減少、国内政局は不安、株価は動かない…投機筋が売り仕掛けしやすい環境になっているだけに、これからも、仕掛け的な動きが出てきそうです。

 今日の日本株は、昨日の米国株が休場で手掛かり材料難から、売りが先行。小幅に続落してのスタートになりました。円安を好感したほか販売の底打ち期待から、自動車株が買われる一方、リターンリバーサルの動きからディフェンシブ系の医薬品などが売られ、寄り後は小安く推移していましたが、米国が北朝鮮の発射したミサイルがICBMと認めたことを機に、売り仕掛けが入り、円が上昇。これを嫌気して主力株が軟調となり、引け近くに日経平均は、この日の安値1万9888円(前日比144円安)をつける場面もありました。後場の入ると日銀ETF買いなど国内勢の買いの思惑が強まり、好業績の主力株に買い物が入り、急速に切り返していました。市況回復や証券会社の投資判断上げを受けた鉄鋼株、機械、繊維などが買われ、指数を支えました。

 日経平均終値は、49円28銭高(0.25%)の2万0081円83銭、TOPIXは8.93ポイント高(0.55%)の1618.63ポイントと、ともに反発。出来高は、前日比6311万株減の17億9461万株、売買代金は550億円減の2兆4503万株と、ともに減少。任天堂を主力とするゲーム関連の下げから柱を見失った格好。騰落状況は、値上がり1329、値下がり550と、買いが優勢。値上がり上位に、低位株が多く、市場が底堅い動きを見せたことから、出遅れ株買いに拍車がかかったようです。
 
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、56%→61%に上昇。25日線かい離率は+0.01%→+0.173%に小幅にプラスかい離を回復。騰落レシオは105%→112%に上昇。指数、物色の広がりとも強気のモメンタムが拡大。NT倍率は、12.44倍→12.41倍に低下。ほぼ、過去に倍率が転換したゾーンまで低下。日経平均型銘柄へのシフトを想定しておく必要がありそう。

 相場の潮目の変化を想定して注目しておいた日立製作所が700円大台に乗せ新値。三菱ケミカル、ソニー、大和ハウス工業も堅調に推移。政府の東南アジアでのコールドチェーン構築関連の福島工業も堅調。あまりに弱気の決算見通し…として注目した半導体関連も4ケタへの大台替わりを達成しています。以前から、グロースからバリューへの潮目の変化…を株の解説でいいますが、どちらにも関係なく、業績に伸びしろがある銘柄については堅調に推移しています。7月後半から始まる第一四半期決算は、まだ、翁変化はなさそうですが、基本的には今期増額修正の可能性があり来期も増益…銘柄を買う流れには変化はありません。引き続き、あまり色分けしないで業績変化を追いかけていくことでOK…。今晩は、米国のFOMC議事録が注目されます。このところ、タカ派発言が増えましたが、果たして、FOMC参加者のみんなが同じ考えなのか…。結構、注目度の高いイベントになりそうです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ