大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、米株高を好感した買いと円高を嫌気した売りが交錯。高安まちまちで終了。イエレン議長証言は未消化に…
 昨日のイエレンFRB議長の議会証言は、日本市場では消化難に終わったようです。海外市場では、債券関係者、株式関係者が、それぞれ自分の都合のいいように解釈し、債券高と株価の上昇が並行して進み、金利の上昇ピッチが鈍ることを好感し、新興國市場が上げるという展開。またまた、いいところで円安の腰が折られた日本市場が割を食った格好。米国の債券市場は、年内の利上げは無い…として動き始めていますが、FOMCや昨日のイエレン議長も景気の拡大基調は続く、としており、それに伴う金利上昇(債券価格の下落)があるのは自然の動きでは…。このところ、米国の景気指標は良いものと悪いものがまだら模様になっていますが、債券関係者は悪い指標に注目。株式関係者は良いものに注目する、という状態。まあ、どちらが正しいかはわかりませんが、世界的な金融引き締めへの回帰を考えると、債券関係者の見方に少々無理があるような…。9月にバランスシート縮小に着手。影響が読めないので、金利を据え置いて12月に利上げ…もしくは、双方を9月に実施、ということになったら債券に入れ込んだ投資家は大丈夫…?

 本日の日本株は、朝方は米株高を好感。CME日経平均先物終値(2万0140円)にさや寄せする先物買いが入り、日経平均は79円高の2万0177円と反発してスタート。しかし、買い一巡後は、為替市場が円高に振れたことを嫌気。米国ベージュブック(地区連銀経済報告)で販売の減速が伝えられたことを嫌気し、自動車株が下落。次第に上げ幅を縮小する展開に…。GLOBEX夜間取引市場で債券先物が上昇(金利は低下)していたことを受け、後場寄りにかけ、先物に売り仕掛け(株先物売り・円買い)が入り、円が112円台に上昇すると、裁定解消売りや外需株の売りが入り下げ幅を拡大。後場寄り後まもなく、この日の安値2万0062円(前日比36円安)をつける場面もありました。ただ、昨日同様、25日線付近の抵抗力の強さや、先物価格がCME日経平均先物レンジ下限(2万0040円)に届くと買い戻しが入り下落幅を縮小。引けにかけては前日引け値を挟み膠着した動きになりました。

 結局、日経平均終値は、1円43銭高(0.01%)の2万0099円81銭、TOPIXは、0.23ポイント安(0.01%)の1619.11ポイントと、高安まちまちの終わり。出来高は、前日比2.6億株増の17億3957万株、売買代金は、1億円減の1兆9815億円。低位株に短期資金が主張し大商いになったことから、出来高は増加したものの売買代金は増えないという状態。騰落状況は、値上がり892、値下がり994と売りがやや優勢。
 今日の終値で、日経平均サイコロは、6勝6敗で変わらず。TOPIXは、5勝7敗に低下。日経平均RSIは49%→48%に弱含み。25日線かい離率は、+0.23%→+0.20%、騰落レシオは107%→108%。指数に方向感が出ない中、循環的なかさ上げの動きが継続している格好。

 レポートでは、今週は明日14日にオプションSQを控えており、売り圧力が強まることから、指数を気にしても仕方がない…好業績物やじっくり取り組めるテーマ関連を押し目で買うこと…としましたが、休憩していた、東南アジアでのコールドチェーン構築関連の福島工業や火災報知器の買い替え需要期待のホーチキなどが再度高値をうかがうような状態。また、継続注目の主力株も上昇して終わっています。オリンピック関連広告の増加やネット広告への進出で注目した博報堂DYも上昇しています。まあ、総じて堅調な動きですね。目先なんてわかりませんし、途中で梯子を外された時のみじめさを考えたら、しっかりした材料を持ったものを人が気づく前に仕込んで待つ…のがベスト。もうシーズンは終わりましたが、「人の行く裏に道あり花の山…」というのがありますが、これには後があって「いずれを行くも、人の居ぬ間に…」とあります。どこかの番組ではありませんが、リスクを冒して時間を節約するか、時間をかけてリスクを抑えるか…それはあなた次第です…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ