FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの日本株は前週の強い地合いを受け継ぎ買いが先行。好材料が続いたソフトバンクの上げなどにリードされ、日経平均は10連騰して終了。
 日経平均は2015年6月の12連騰以来の10連騰で終わりました。以前から、米朝間の緊張増幅や一連のスクールスキャンダルによる安倍首相の政権基盤の低下を材料に売り仕掛けした海外投機筋の買い戻し一巡後は、実需筋や新たな先物投資家につなげられるかカギ…とレポートで書いてきましたが、9月後半の踊り場を経て、10月から上げ足を速めてきました。先週末発表の投資主体別売買動向(2日~6日売買分)で海外投資家は前週の2018億円に続き、6575億円を買い越し。現物を主体にした中長期投資家が動きだしたことを示唆しました。また、10月に入り先物リードの展開も戻ってきました。今でこそ株高に浮き立っていますが、つい、1か月前の日本株は北朝鮮リスクから底割れの瀬戸際にありました。海外投機筋も底割れを意識して、オプションも活用。弱気ポジションが増加。そのまま10月相場になだれ込んでいましたが、10月10日現在でも、1万8000円のプットの残が2万5000枚、1万9000円でも1万3000枚超え残っており、オプションSQへ向け損失カバーの先物買いが入り始めたことが火付け役に…。

 さらに、日経平均先物への買い戻しが入りだし、NT倍率が上昇に転じると、日経平均売り・TOPIX買いのNTショートのポジションを作った投資家がたまらずに日経平均を買い戻しに動き、さらに、日経平均が押し上げられると、レバレッジを利かしたベアETFを買っていた個人投資家が売却に動き、これが先物買いにつながり、さらに株価を押し上げた、という格好。9月の上げは、売り仕掛け(先物売り・円買い)の解消で先物が買い戻されるとともに、円が売られ円安になりましたが、10月に入っての上げは、円安を伴っておらず、質的に異なるものです。当面は、この種の買い戻しがどこまで続くかがカギですが、昨日はETFの取り扱いが多い証券会社の先物売りが目立っていましたので、まだ、ベアETFを買っている弱気の投資家が多いということでしょうね。おそらく、個別でもロング&ショートで売り残の多い銘柄があるでしょうから、しばらくは踏み上げ的な動きになるのかもしれません。また、今日もTOPIXコア30の上昇率が最も大きくなっているところを見ても、内外の機関投資家が動き始めていることがわかります。例年通り10月~12月の海外投資家の日本株の仕入れが始まったかも…。

 今日の日本株は、先週末のCME終わり値にさや寄せする先物買いにリードされて、続伸してスタート。今日は、ソフトバンクが主役。米携帯子会社のスプリントネクステルのTモバイルとの統合で合意と伝えられたことや、同社が投資する先端半導体メーカーのエヌヴィディアが上げ続けていることからアリババと合わせ含み益が増加しているとして、買われ一時は1万円大台に乗せ、全体の上げをリード。主力大型株にも買いが入り、寄り後まもなく日経平均はこの日の高値2万1347円(前週末比192円高)をつけていました。主力株の動きが強いことから新興市場株や小型株から乗り換える動きも強まり、新興市場株は軟調に…。ただ、後場にかけては10連騰への警戒感や円高が進んだことを受け、益出しの売りも増加。引けにかけ上げ幅を縮める展開に…。

 日経平均終値は100円38銭高(0.47%)の2万1255円56銭、TOPIXは10.56ポイント高(0.62%)の1719.18ポイントと、ともに続伸。TOPIXコア銘柄に買いが集まったことから、今日はTOPIX型の上げが先行。NT倍率は12.38倍→12.36倍に低下。出来高は、前週末比4670万株減)の18億0125万株、売買代金は、6328億円減の2兆6482億円と減少しましたが、前週末分にはオプションSQに関係する玉が含まれており、実質的には増加になります。騰落状況は、値上がり1204、値下がり741と、買いが優勢。

 今日の終値での日経平均サイコロは、11勝1敗、TOPIXは9勝3敗にともに上昇。警戒ゾーン入りしています。日経平均RSIは87%→897%横ばい。25日線かい離率は、+4.43%→+4.55%に拡大。騰落レシオは、137%→135%と警戒ゾーン超えで推移。日経平均の3本新値が10本陽線を立てているほか、RSI(9日ベース)が、100%に達するなど、スピードメーターは振り切った状態。指数売買次第の展開になっており、外部要因次第では下振れすることも警戒しておく必要がありそう。直近レポートでも投機筋の円売りが積み上がっていることを書きましたが、一方で、米長期金利おの低下も目だっており、投機筋が円を買い戻した場合、想定外の円高になる公算も…。ここは、業績に重点を置いた投資が無難。今年初めから、主力株は、日立製作所、三菱ケミカル、ソフトバンク、ソニーに絞り、注目してきましたが、いずれも大幅に値を伸ばしています。今日は半導体後工程の銘柄も直近の壁を突破してきており、いよいよ大台替わりを狙うことになりそう。

 以前読んだ遠藤周作の本で「けたたましく笑う女は、けたたましく起こる…」とありましたが、株に当てはめると、「けたたましく上がった株は、けたたましく下がる…」ということでしょうか。何事にも足元を固めながらの動きが一番良いと思いますが。日経平均の次のポイントは2万2005円…ですが、いくら何でも一気にはムルでしょうね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ