FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



変な噂は流すは…GMの格下げで民間企業の資金繰り懸念は高めるは…市場叩きはどこまで続く
 おはようございます。また今日もグルーミーな一日が始まりそうです。

   9日のニューヨークダウ30種終値 8579ドル -678ドル(-7.33%)
       一日のレンジ 9448~8579(869ドル幅)
       S&P500 909ポイント -75(-7.62%)
       一日のレンジ 1005~909(96ポイント幅)


 さて、ポールソン財務長官が金融機関への公的資金の投入について言及したことから、市場はこれを好感。寄り付き付近では190ドル以上上げる局面がありました。しかし、国際協調利下げ効果がわずか2時間で消滅したように、昨日も短時間で織り込んでしまい、再び、大名行列が動き始めました。「下にー、下にー」の掛け声を発しながら…。

 金融機関の救済スキームは多くのアドバルーンが上がりましたが、まだドレも動き出していないことから根強い金融機関経営への不信感が支配しています。また、昨日は、GMの9月までの欧州の売上高が消費不振の影響を受け、全年同期比で1.9%減少。S&Pが「ネガティブ」に格下げしたことを嫌気し、株価は30%以上も急落しています。これを機に、景気後退懸念や民間企業の資金繰り懸念がが強まり株価は下げに転じました。さらに、「14日までには出資条件を詰めたい…」としていた、三菱UFJのモルガンスタンレーの出資について、見送られるのでは…との噂が市場を支配。モルガンスタンレーの株価が急落したことも足を引っ張っています。三菱UFJ側が手続きは進んでいるとコメントしても、市場のほうは勝手な解釈で動いており、金融株への空売り規制が解除されたことから、再び投機筋が暗躍し始めたことが分かります。

 結果、2003年8月以来、ニューヨークダウは9000ドルの大台をあっさり割り込み、その後は、プログラム売りが多発して下げ幅を拡大。結局、7日連続安になってしまいました。2000年のITバブルの天井1万1908ドルから、2002年10月安値の7191ドル間での下落幅は、4717ドルですが、これを、今回の昨年10月高値1万4279ドルに当てはめると、下値めどは9562ドルになります。すでに、この下値目標を下回り、ITバブル崩壊の下落を大幅に上回っています。普通なら、底値模索が始まるはずですが、市場は「金融不安」と「景気・企業業績の悪化懸念」が交互に悪材料として足を引っ張る悪循環が発生しており、なかなか底値買いムードが出てきません。

 当面、下値めどはITバブル崩壊後の安値までなくなりましたが、今週末のG7蔵相・中央銀行総裁会議、それに続く、新興国を含めたG20会議後に流れが変化してくる可能性があります。欧州の金融危機がどう収束されるか…と、米国政府が打ち上げてきた金融安定化法の実行が課題になります。市場の政策への催促はだんだん厳しさを増しており、政策対応が次々に打ち出される可能性も強まってきました。日本市場は3連休控えで売り先行で始まりそうですが、連休中のG7・G20 会議の内容によっては、今日の安値が転換点になる可能性もあります。来週15日水曜日が「満月」の変化日に当たっていることも注目点です。相場の自律性回復に期待したいところです…。

 3連休が痛い…
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ