FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



新たな脅威となるか…資源価格の急落
 おはようございます。朝から書き込みをしようと準備をしていたのですが、なかなかつながらないのでイライラしました。やっとつながりましたので急ぎ書き込みをします。

 海外市場は相変わらず乱高下を続けていますね。昨晩は、欧州、米国とも波乱含み…。ニューヨークダウとS&P500は1987年10月のブラックマンデー以来の下げ…、だんだん市場最高値に近づいているような不気味な感じがします。日本市場はなんかしらけきった相場つきですが、今日もまた我慢の一日になりそうです。

 昨日の米国株
 ニューヨークダウ 8577ドル91セント マイナス733.91ドル(-7.87%)
            レンジ9308~8530 778ドル幅

 NASDAQ     1628.33 マイナス150.68 (-8.47%)
            レンジ 1761~1628 133ポイント幅

 S&P500      907.84 -90.17 (-9.03%)
            レンジ 994~903 91幅


 欧米市場の下落を受け、日本時間の午前2時ごろには、G8の緊急声明が出され、国際協調体制を組んで金融システムの安定に取り組んでいる…とアナウンスされましたが、市場はほとんど反応せず、引けにかけ下げ足を早めています。欧州では、失業率の上昇など景気への懸念が高まっているほか、資源価格の下落から資源関連株が下落するなど、景気後退懸念が強まっています。この流れは米国にも波及。9月の消費が-1.2%に落ち込んだことなど、これまで比較的堅調だった個人消費が息切れになったことで、景気後退が急速に強まり全体の下げ足を早めています。

 さらに、心配されるのは、原油価格が景気後退懸念を受けて急落。CMEでは1バレル73ドル台での取引となっており、最高値からみると半値以下の水準に落ち込みました。インフレ懸念の沈静化にはプラスですが、最後の最後まで値が持っていたことで、ヘッジファンドや年金などが持ち高を増やしており、決算期の接近とともに、損失計上→補填のための株売りから需給関係がさらに悪化。また、ヘッジファンドの破たんも懸念される事態になってきました。

 また昨日の書き込みでも、資源国の外貨事情の悪化を指摘しましたが、今日の日経でも同様の記事を書いていました。1バレル70ドル台に入ると,採算の合わない資源産出国も出てきますので、外貨の支払い用にこれまで取得した金融資産を売却する可能性もでてきます。

 株式需給面では、金融危機、景気後退懸念に続き、資源価格の下落が新たな危機になるかもしれません。金融はとりあえず落ち着きを取り戻しつつありますし、景気後退懸念についても市場はS&P500で見て予想EPS75ドルから60ドル程度へ20%程度の下方修正は織り込んでいますので、これだけの材料なら、2番底取り…となるのですが、あらたに、資源価格の下落という「逆資源ショック」の可能性がでてきました。

 まずは、2番底を維持できるかどうか、ここは様子見…>

 
 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ