FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は、米株続伸を受け高寄りして始まったものの、為替や株先物への仕掛け的な動きを受け、日経平均、TOPIXとも3日続落して終了。日本株独歩安の展開に…。
 また、円高が進み、対ドル相場は、一時、106円80銭台までありました。まだ、週足が完成したわけではありませんが、今週に入り週足一目均衡表の「雲」を下に突破しており、このままいけば「三役逆転」が成立し、ドルが弱気相場(円は上昇)入りしてしまいます。また、月足は大きな三角j持ち合いを形成中ですが、これも下放れしそうな感じになってきました。今日の相場を見ても、朝方発表されたGDPは予想の+0.9%を下回る+0.5%に前期の+2.2%から減速。本来なら、円売り要因になるはずですが、円は強含みで推移。円の実需買いのニーズが強いようです。明日から「春節休暇」入りする中国人来訪客が、こぞって円を手当てしたわけでもないでしょうが、相当、実需が強い印象があります。まあ、今日はこれに、投機筋の動きが加わって、前回高値の107円31銭付近に這わされていたロスカットの円買い戻しを誘うような仕掛けがあり、一気に、円高が進んだのではないでしょうか。もちろん、株の売り仕掛けに伴う部分もありますが…。以前から、シカゴIMM通貨先物市場にたまり込んだ円売り残(6日現在、15万2000枚弱)の多さを気にしてきましたが、そろそろ、耐えられなくなり買い戻しに動く投機筋も出てくるかもしれません。ファンダメンタルより、需給面からの円高進行が懸念されます。

 本日の日本株は、朝方は米株の3日続伸を受け、買いが先行。反発して始まり、寄り後まもなく日経平均はこの日の高値2万1371円(前日比127円高)をつけています。、買い一巡後は、早くも上げ幅を縮める展開に…。10時過ぎに円が上昇を始めるとともに先物売りが入りだし、裁定解消売りが増加。前引けにかかけ下落幅を広げる展開に…。昼休み中に為替市場で円が上昇するとともに先物売りが増加するなど仕掛け的な動きが入ると、後場寄りから日経平均は下げ幅を拡大。200日線を割り込んだことから、嫌気売りがも増加。一時過ぎには、この日の安値2万0950円(同294円安)をつけ、昨年10月来の安値に下落していました。ただ、2015年6月高値に届いたことで、先物に買い戻しの動きが強まったほか、円も売り戻されて107円台を回復すると、安心感も台頭。買い戻しの動きも入り、一時はプラス圏に浮上する場面も…。ただ、今晩の米消費者物価の発表やVIXオプション決済を懸念して買いが続かず、結局、3日続落して終わりました。

 日経平均終値は、90円51銭安(0.43%)の2万1154円17銭、TOPIX終値は、14.06ポイント安(0.82%)の1702.72ポイント。NTBアイ率は、12.37倍→12.42倍に上昇。今日は、TOPIXに売り圧力がかかり、小型株が大きく下げたことが響いた格好。出来高は、1.2億株減の18億4229万株、売買代金は2676億円減の3兆4450億円とともに小幅減。騰落状況は、値上がり432、値下がり1581と、売りが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは、勝9敗、TOPIXは4勝8敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは18%→18%で横ばい。25日線かい離率は、-8.51%→-8.48%。この日は、200日移動平均線(2万1030円)を割り込んだものの、引けでは線上を維持して終わりました。騰落レシオは76%→71%に低下。昨年4月安値付近の71%以来の水準にきました。

 以前から、出来高を伴い持ち合った2万3000円のゾーンと、20数年来の上値抵抗帯だった2万1000円付近、特に2015年6月高値2万0953円の頭を叩くことが条件とし、2段構えで見てきましたが、とうとう、最後の関門まで来ました。時々、紹介する計算上のポイントで、目標が2万4053円だったことは事前に何回か紹介しましたが、上げの道中の⑥ポイント2万0985円が未整理でしたので、このポイントを抑えに来た、という見方もできます。(自分勝手なやり方ですので、ご勘弁)まあ、テクニカル的には、下値に届いた格好ですが、このゾーンから下に入ってしまうと、また場ぶり崩壊で苦しんでいた暗黒ゾーンに戻ってしまうので、ここからが正念場。おそらく、国内機関投資家も動き始めるのではないでしょうか。もちろん、米国市場の落ち着きが前提にはなりますが…。まあ、値固めが始まるかどうか期待したいところ。

 それにしても、最近の業績を無視した動きは、ひどいですね。過去最高益を更新し、増配まで発表しているのに、単にコンセンサスに届かなかっただけで売り叩かれています。また、直近レポート銘柄の昨日の大手証券の格下げもひどいもの…。直近レポートでも、どうせ通期見通しは据え置くだろうから、アルゴ売買で売り叩かれるので安いところを買いに行きたい…としましたが、横合いから鉄砲玉が飛び出してきました。1月月次売り上げが伸び悩んだからと、格下げしたうえ、目標株価も一気に1000円引き下げられました。ただ、1月は年初で、取引先の動きが鈍く、売り上げが伸び悩むときですが、月次売上は前年同期の実績を9%以上、上回っています。前期の実績に基づけば、2月、3月と増加していくのですから、格下げの根拠がよくわかりません。経常利益の進捗率は90%近くに達しているほか、期末にかけてが売り上げが最も伸びる時期であることを考えると、コンセンサスの下方修正の意味が分かりません。この証券会社一体どれくらいの期間を想定して投資判断をしているんでしょうか。まあ、情報を持っていっても、半年先や1年先では、顔を洗って出直してこいと言われるようですから、アナリストも苦心しているんでしょうが…。いい買い場を作ってもらった、というところでしょう。

 今日決算を発表した半導体関連銘柄も、経常利益を10億円以上、上方修正し増配も発表しましたが、増額修正した数字がコンセンサスに届いていないことから、明日は、アルゴ売買の餌食になるかも…。まあ、こんなのは、安いところを買っておけば、通期の決算発表の時は結構な利食いになっているものですが…。以前、富士重工時代のスバルが、決算発表時に外資系証券から格下げを受け、腹が立ってこの欄で書きましたが、その時の株価は400円台…。その後の動きは、ご承知の如く…。決して、ない目で見て利益になるような投資判断は下していないのではないでしょうか。
 今のところGLOBEX市場のNYダウ先物は120ドル超えの上げ、円は107円40銭台の動き…。米消費者物価指数が極端な数字が出ないこと、またVIXオプション決済が無事に済むよう祈っておきましょう。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ