FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの日本株は、3日連騰になったものの、米株高を好感した買いと森友学園問題の政局への波及を警戒した売りが交錯。方向感のない動きに…。
 一難去ってまた一難…という今日の相場でした。
 先週末の米雇用統計で、注目の平均時給は、予想の+2.8%を下回る+2.6%、1月分は+2.9%から+2.8%に下方修正。おまけに、横ばいだった労働参加率が62.7%から63%に上昇。これまで仕事探しをしていなかった労働者が「景気は良いし、雇用環境も良くなってきたようだし、そろそろ仕事に就こうか」と労働市場に戻り始めたことを示しています。新たな労働者が雇用市場の投入されてきたので、これは賃金抑制要因になります。予想を上回る就業者数で好景気が確認され、抑制的な賃金でインフレ懸念も遠ざかった、として、週末の米市場は急伸。今日の日本株には追い風になりました。

 ただ、休みに入り、森友学園への国有地払い下げの窓口になっていた近畿財務j局の職員が自殺。事態は急速に動き始め、売却当時の理財局長だった佐川国税庁長官が引責辞任。財務省は、検察当局から取り寄せた書類を精査したうえ、書き換えを認めることになり、今日、関係各所への説明が行われています。新聞は一斉に書きたてていますし、ワイドショーも朝から取り上げ、首相夫人の関係する箇所が削除されていた、ことをしきりに強調していました。海外投機筋にとっては絶好の売り叩き材料になりますので、今日の市場へ動きを注目しましたが、3日続伸して終わったものの、高値は、米株高が追い風になった寄り付き付近。あとは、伝わってくる書き換え内容を見ながら、消化する動きになりました。

 結局、寄り付きとほぼ同値で終わりましたが、今日の物色の内容を見ると、井村封筒が買われるなど、早くも解散総選挙を意識した流れも出ていました。まあ、今日のところは消化難…という感じでしたが、明日からは、ワイドショーがこれでもか…と、憶測報道を繰り返し、新聞は得意の世論調査を多用して、だんだん支持率を下げる方に動き、安倍首相を退陣に追い込むような動きを取り始めるんでしょうね。海外投資家は、安倍首相の政権基盤の安定をもとに日本株を買っていますから、支持率が低下してくると嫌気売りしてくるかもしれません。まあ、書き換え問題の影響はこれから出てくることになりそうです。それにしても、押しまくられてていた野党の元気の良いこと…。経済の立て直しも、これくらい元気出してやってくれればいいのですが…。

 今日の日本株は、前週末の米国株が雇用統計が示した好調な景気、インフレ抑制的な賃金の伸びを好感して急伸した流れを受けて買いが先行。先週末のCME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いや買い戻しに、続伸してスタート。為替が円安気味に推移したことや前週末の米国市場で半導体株指数が高値を更新したこと、また設備投資の好調を受け関連株が買われたこともあり、日経平均は寄り後まもなく、この日の高値2万1971円(前週末比502円高)をつけていました。ただ、資料書き換え問題に関する詳細が入るにつれ警戒的な売りも増加。次第に上げ幅を縮める展開に…。後場寄り後には、円買いを伴った先物売りも入り、2時前にはこの日の安値2万1689円(同220円高)まで、上げ幅を縮めていました。ただ、GLOBEX市場の米株先物が終日3ケタの上げで推移していたことから、引けにかけては上げ幅を回復していました。

 日経平均終値は、354円83銭高(1.65%)の2万1824円03銭、TOPIXは25.82ポイント高(1.51%)の1741.30ポイントと、ともに3日続伸。NT倍率は、12.51倍→12.53倍に上昇。機械や電気など日経平均型銘柄が優位に。出来高は、約5億株減の12億5360万株、売買代金は1兆1611億円減の2兆3973億円と薄商いに…。政局が絡むだけに主力投資家も動けなかlった、というところでしょうか。騰落状況は、値上がり1712、値下がり309と、買いが優勢。
 今日の終わり値での日経平均とTOPIXサイコロはともに7勝5敗に上昇。日経平均RSIは39%→48%に上昇。25日線かい離率は、-1.3%→+0.597%と、25日線上を回復してきました。明日になると25日線の対応点が時価を下回り、下落中の25日線が改善してくる可能性があります。25日線の上向き転換とともに押し上げられる動きを期待したいところ。騰落レシオは84%→90%に上昇。テクニカル面では、指数、物色範囲とも強気のモメンタムが拡大。今日、日経平均日足MACDが買いシグナルを出してきました。夏時間に移行する米株の上げを期待したいところ。

 出来高が伴わず、まだ相場の方向感はつかめていない状態。米国株の動きに応じて浮沈している主体性の無さが寂しい感じがします。jただ、同やら金融機関の債券損の穴埋めに伴う売りもどうやら一巡したような感じで、次は配当取りの動きも強まってきそう。先週末現在で、東証一部だけで3%以上の配当利回りがあるものは186銘柄ありましたが、レポートでは商社などを取り上げておきましたが、今日はいずれも高かったようです。ただ、引き続き、物色対象は業績関連…。半導体関連は、アップルの「アイホンⅩ」がずっこけたことで弱気が続いていましたが、高額の「Ⅹ」ではなく「アイホン8」に需要がシフトしているとも言われ、関連部品の需要はそれほど落ち込まないのでは…という観測もあります。まあ、山一電機などは、増額修正した数字がコンセンサスに届かず売り叩きに会いましたが、底値圏で再注目し、300円を超える値幅になっていました。今や、半導体の需要先はスマホだけではないことを押さえておくべきでしょう。

 とにかく、マスコミに変な意図(倒閣?)をもって、報道しないようにしてもらいたいものですが…。わいわいドショーがあるから無理か。視聴者の皆さん、芸能ネタから、国際紛争まで何でもこいのコメンテーターの面白意見に踊らされず、冷静に判断できる理性を身に付けましょうね。強気になるのは2月27日の戻り高値を上回ってから。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ