FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨日の米国株は、好調な景気への期待感と貿易摩擦懸念やイタリア新政権への不安が交錯し、高安まちまちで終了。
おはようございます。昨日は春日大社の宝物展に行ってきましたが、昨年開催された京都での「国宝展」よりも内容的には充実されたものでした。時の権力者たちが競って寄進したものが、国宝や重要文化財となって伝わっており、春日大社所蔵分だけでこれだけ優れた内容の展覧会を開催できるとは、改めて奈良の文化的な懐の深さを知ることができました。同時に、仏像展が開催されていましたが、県内から集められた国宝クラスの仏像とともに、仏像の破片や装飾品などの展示も行われていましたが、この中には明治時代の廃仏毀釈で壊された仏像の一部も含まれているようです。かけらを見ただけでも完成品の質の高さをうかがい知ることができるものも多くありました。幕藩体制の維持と密接にかかわってきた仏教に明治政権が敵愾心を持つのはわかりますが、つくづくバカなことをしたものです。しかし、ごみとして処理されないで、よくぞ残してくれたものですね。でも、会場への道すがら、依然は、道路に出てきていなかった鹿を、多く見かけるようになりました。観光客がいろんなものを食べさせることが影響しているようです。道路に鹿の糞が散乱しています。本来は、鹿が芝を食べ、糞をしたものでさらに芝が成長するという、循環が、世界からも注目されてきましたが、コンクリートの上に散乱した糞は、環境悪化にしかなりません。観光関係の皆さん、そろそろ対策を考えた方がよろしいのでは…。元地方紙の記者だったものとして、あまりの変わりように……。株の話を書かなくては…。

 5日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万4799ドル98セント      -13ドル91セント(0.06%)
 NASDASQ総合指数       7637.86ポイント         +31.40ポイント(0.47%)
 S&P500               2748.80ポイント         +1.97ポイント(0.07%)
 CME日経平均先物        2万2515円            -5円
 10年物国債金利         2.923%              -0.022%
 ニューヨーク原油         65.52ドル             +0.77%
 GOLD                1300.4ドル            +3.1ドル
 ドルインデックス          93.89ポイント          -0.15 
  

 昨日に米国株は、イタリアの新首相が就任演説で財政拡大方針を出し、同国債が売られたことを嫌気し欧州株が売られた流れを受け、模様眺め気分の強い始まりになりました。ただ、この日発表された雇用関連指標が予想を上回ったことから買い気が戻り、寄り後まもなくニューヨークダウはこの日の高値2万4838ドル(前日比25ドル高)をつけていました。その後、アルミ・鉄鋼関税の適用を受けたメキシコが豚肉やウィスキーなどに報復関税を実施したことを嫌気。また、イタリア国債が売られたことから米国債が買われ金利が低下したことを嫌気。金融株が売られたこともあり、昼にかけ下げ幅を拡大。昼頃にはこの日の安値2万4710ドル(同103ドル安)をつける場面も、引けにかけては、貿易摩擦への懸念と、好調な景気への期待感が綱引きとなり前日引け値付近を動いた後、NYダウは小反落。NASDAQ総合指数、S&P500は3日続伸。NASDAQ総合指数は、ザラバでも最高値を更新。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1769、値下がり1201(NASDAQ市場は、1889-1055)と、ともに買いが優勢。VIX指数は0.34ポイント下げ12.40ポイントに低下。

 NYダウは反落。採用30種は値上がり13、値下がり17。全体で1%超え変動したのは、デュポン(+1.13%)、メルク(-1.02%)の2社のみ。アップル(+0.77%)、マイクロソフト(+0.51%)がともに最高値を更新。IBMが0.46%上げるなど、ハイテク株が堅調。一方、貿易摩擦を懸念しウォルマートが0.94%したほか、金利低下を受けGS(-0.67%)、JPモルガン(-0.56%)が下落し、指数の足を引っ張っていました。NYダウは、指数寄与度の高い銘柄がなかなかそろい踏みで上がらず膠着した動きが継続。依然、3月中旬の週足長大陰線の中に閉じ込められています。一方、NASDAQN総合指数は以前からの予想通りの展開となり、この日はザラバでも最高値を更新してきました。アップルやアマゾン、アリババ、セールスフォースドットコム、エヌヴィディアなどが次々と最高値を更新。貿易摩擦の深刻化とともに人気が集中する格好に…。当面、内需系成長株の人気が続きそうですが、NASDAQ市場の52週来高値更新銘柄数は268と漸増してきており、過度に人気が集中するケースでは警戒したほうが良いかも…。

 米国株は高安まちまち。円は、イタリアの新首相の演説を嫌気した米債券買いから対ドルは109円70銭台と横ばい、対ユーロは128円60銭台に小幅下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を5円下回る2万2515円で帰ってきました。レンジは、2万2445円~2万2600円。本日の日本株は、方向感の無い動きに終始しそう。来週の複数のビッグイベントを控え、真空地帯に陥っており、当面は、週末のメジャーSQへ向けたロールオーバーなどデリバティブ筋の政策的な売買が先行することから方向感が出にくいところ。引き続き、個別の材料株で対処するところ。インバウンド関連、5G関連。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ