FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨日の米国株は、原油価格の下落やトルコとの関係悪化、テンセントの決算ショックを受けたハイテク株売りなどを嫌気し、主力3指数とも反落して終了。
 おはようございます。
 相変わらず、トルコと米国の関係悪化が話題になっています。この間に付け入るようにロシアのラブロフ外相がトルコを訪問。ロシア陣営への取り込みを画策しているようです。また、昨日は、湾岸のカタールがトルコへの150億ドルの投資を申し出。トルコリラは、一時、上昇していました。カタールは、イランとの関係やテロへの支援を理由にサウジアラビアから国交の断絶を通告されていますが、トルコへの支援に対し、サウジアラビアが態度を硬化させる可能性もあり、中東の緊張が高まる可能性も…。米政府とトルコ大使館との拘束されている米宣教師の開放交渉も決裂したようです。同宣教師はトランプ大統領の支持団体であるキリスト教福音派に所属しており、中間選挙での支持を盤石にするためにも、中間選挙までには開放をさせたいところ。トルコへの圧力が増加する懸念もあります。なんだか、世界中がとげとげしくなってきました。 

 15日の米国市場動向
 ニューヨークダウ           2万5162ドル14セント       -137ドル51セント(0.54%)
 NASDAQ総合指数          7774.12ポイント          -96.77ポイント(1.23%)
 S&P500                 2818.37ポイント          -21.59ポイント(0.76%)
 CME日経平均先物          2万2000円             -180円
 10年物国債金利            2.8641%              -0.031%
 ニューヨーク原油           65.01ドル              -2.03ドル
 GOLD                  1181.8ドル             -18.9ドル
 ドルインデックス            96.71                +0.05
  

 昨日の米国株は、トルコと米国との関係悪化を嫌気し欧州株が全面安になった流れを引き継ぎ売りが先行。想定外の在庫増を嫌気し原油価格が急落しエネルギー関連株が売られたほか、この日決算を発表したテンセントが予想外の減益になったことからハイテク株への懸念が広がり関連株が売られるなどし、反落してスタート。ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の安値2万4965ドル(前日比334ドル安)をつけ、2万5000ドルの大台をわりこむ場面もありました。この日発表された小売売上高や鉱工業生産指数、NY連銀製造業指数などはいずれも予想を上回る強い内容でしたが、特に買い材料視されず、終日、マイナス圏での推移となりました。大台を割り込んだことで、公益株やヘルスケア関連などディフェンシブ系銘柄を中心に買われ、引けにかけ下落幅を縮めたものの、ハイテク株下げの影響が大きく主力3指数とも反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり976、値下がり1999(NASDAQ市場は、738-2271)と、ともに売りが優勢。VIX指数は1.33ポイント上げ14.64ポイントに上昇。

 NYダウ採用30種は、値上がり13、値下がり17。医薬品のメルクが1.37%、ファイザーが1.11%それぞれ上昇。高配当のP&Gが1.22%それぞれ上昇。一方、原油価格の下げを受けシェブロンが3.8%下落。単独で指数を31ドル分押し下げ。中国との摩擦激化を懸念しボーイングが2.18%下落。原油価格の下げと中国との摩擦を嫌気し、キャタピラーが2.15%下落。この2社で指数を70ドル分押し下げています。このほかマイクロソフト(-1.36%)、インテル(-1.37%)などハイテク株も軟調。8銘柄が1%超え下落し指数の足を引っ張りました。
 主力3指数とも高値圏での持ち合いの範囲内の動き。ただ、NASDAQ総合指数の高値が切り下がるなど、このところ高値を更新できない動きに、やや荷もたれ感も出てきた印象。ドル高の影響で新興國の状況が悪化しており、資源価格などへの跳ね返りが見られ始めていることも警戒材料。引き続き高値持ち合い圏の動きとはみますが、トランプ政権の市場介入的な動きに対し市場が警告を与えるような動きも想定して置く必要があるか…。

 米国株は反落。円は、ドルが新興国通貨に対し買われた流れを受け、リスク買いの動きが強まり対ドルは110円70銭台に、対ユーロは125円590銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は大証先物終値を180円下回る2万2000円で帰ってきました。レンジは、2万1845円~2万2365円。本日の日本株は、CME終値にサヤ寄せして安寄りした後は、中国市場の動き待ちの神経質な展開になりそう。一昨日の不可解の上げで高値で買いついたインデックス買いがあり、今日の動きによっては海外投機筋が投げを誘うような動きをしてくるかもしれません。つい先日まで、市場には楽観論まではいかないものの、なんとなく安心感みたいなものがありましたが、決算発表が終わり、海外の混沌とした状況を意識し始めた動きもあるようです。昨日のテンセント決算では、中国の何らかの規制が影響していたとの見方もあり、ゲーム関連などへの警戒感も強まりそう。市場が気j崩れすればその分底入れ時期が早まるが…。              
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ