FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



週明けの米国株は、米中通商協議への期待感やアジア、欧州株高を好感し、主力3指数とも続伸して終了。
 おはようございます。
 日銀が正体不明のあいまいな金融政策の変更を行う一方、今後、国債発行などで財政資金調達をしなければならないトランプ大統領を低金利の維持を求め、FRBの利上げ政策への批判を強めています。先週の地方での資金集め集会で寄付者を前にFRBの利上げ政策やパウエルFRB議長を批判。昨日のロイターとのインタビューでも、利上げに反対する発言をしています。先月末の日銀の金融政策変更は、量から金利調整に政策変更し「ステルステーパリング」と呼ばれた2015年と対比し、ステルス利上げとも呼ばれています。また、国債買い取り額を実質減額したことに続き、ETFの買取り額も減らすのではないか…との懸念も市場は持ち始めています。「フォワードガイダンス」を持ち込み、現在の低い金利水準を維持する…と、オブラートに包んでいるものの、日銀は、すでに正常化への地ならしを進めているのでは、と疑問を持たれても仕方がないような動きをしています。トランプ大統領の利上げへの抵抗、一方、日銀のステルス利上げ…市場が、これを思惑材料にしたら、円相場は大丈夫…? 

 20日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万5758ドル69セント    +89ドル37セント(0.35%)
 NASDAQ総合指数        7821.01ポイント       +4.68ポイント(0.06%)
 S&P500               2857.05ポイント       +6.92ポイント(0.24%)
 CME日経平均先物        2万2175円          +15円
 10年物国債金利         2.819%            -0.054%
 ニューヨーク原油         66.43ドル           +0.52ドル
 GOLD                1197.3ドル          +13.1ドル
 ドルインデックス         95.26              -0.38 


 週明けの米国株は、米中通商協議再開への期待感に加え、トルコとカタールが通貨スワップ協定を結び、トルコリラ安定への期待感がが強まったことなどを好感。アジア、欧州株が上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行。続伸してスタートしました。トランプ大統領がFRBの利上げ政策を再度批判したことを受け、長期金利が低下。ドルが売られたことも多国籍企業に追い風になるとしてボーイングやJ&Jなどが買われ、ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の高値2万5790ドル(前週末比121ドル高)をつけていました。ただ、今週から始まる米中次官級会合の推移を見たいというムードも強く引けにかけては、この日の寄り値(2万5727ドル)を鋏んだ膠着した動きが続きました。この日は、一部アナリストが2019年のアイホン販売の減少を予測しアップルの投資判断を引き下げたことから、前週に続きフェイスブックなどWEB主力株の動きが冴えず、NASDAQ総合指数の動きが冴えませんでした。結局、主力3指数とも続伸したものの、ニューヨークダウの終日値幅はわずか74ドルと、小動きの展開。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2026、値下がり923(NASDAQ市場は、1821-1187)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.15ポイント下げ12.49ポイントに低下。

 NYダウは3日続伸。 採用30種は、値上がり17、値下がり12、変わらず1(ウォルグリーン)。投資判断の上げがあったナイキが3.05%上昇。単独で指数を16ドル分押し上げ。ボーイングが1.26%、GSが1.03%、それぞれ上昇。両社で指数を45ドル押し上げ。J%Jga 1.79%、メルクが1.61%、それぞれ上昇。7銘柄が1%超え上昇し指数の上げに寄与していました。一方、ウォルマートが1.89%下落。投資判断の下げがあったアップルが0.97%下げ指数を14ドル分押し下げ。インテルが1.27%、マイクロソフトが0.66%下げるなどハイテク株の不振が目立ちました。

 予想通りNYダウリードの戻りになってきました。次の急所である2月27日の戻り高値25800ドル更新まであと10ドルに迫ってきましたが、これを更新することで米国株もようやくVIXショックから抜け出すことになります。これを更新後は小休止することもありそうですが、この後にNASDAQ市場が上げに転じられるかがポイントになりそうです。このところ、半導体の先行き懸念などWEB主力株に逆風が吹き、株価の頭打ち感が出てきましたが、多くの投資資金を引き付けており、ここが崩れるようだと全体への影響も大きくなります。懸念されているFBやツイッターのアカウント削減は、業務の正常化につながるもので一概に悪材料と見做すこともできませんが、テスラの非公開化へ向けての混乱もあり、大きな動きはできないか…?NYダウとS&P500の動きがポイントに。
  
 米国株は続伸。円は、トランプ大統領の利上げ牽制発言を受けた10年債金利の急落を受け、対ドルは110円付近に上昇。対ユーロは126円40銭台と、前週末水準。CME日経平均先物は大証先物終値を15円上回る2万2175円で帰ってきました。レンジは、2万2130円~2万2265円。本日の日本株も膠着感を強めた展開になるか…。7月末の日銀金融政策変更は実質利上げではないかと、の疑問を市場が持ち始めており、内外投資家も相場の方向性を決めづらくなっているようです。日米通商協議での通貨安誘導との批判を避ける動きとも読めますが、政策変更後も明確な動きをしておらず、市場に気迷い感が強まっているようです。しばらくは、指数は膠着感を強める動きになるか…。ドル円相場が、抵抗帯を切ってきており円高が進む懸念も…。決算で売られた内需系の小型好業績成長株の見直し買い…。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ