FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨日の米国株は、米中間の制裁と報復関税の発動を嫌気し売りが先行したものの、今晩のパウエルFRB議長講演を思惑した売買が交錯。主力3指数とも下落したものの、底堅い動きに…。
 おはようございます。 昨晩は台風20号の襲来で、ほとんど眠れず一夜を明かしました。でも、直撃を免れたせいか、思ったほど、ひどくなく一安心。何号かは忘れましたが、台風の中心が近くを通った時には風が吹くたび、家が軋み、倒壊するのでは…と、戦々恐々として一夜を過ごしましたが、それに比べると…。でも、海外に目を転じると、トランプ台風は相変わらず吹き荒れています。浮気のもみ消しスキャンダルも、コアな支持層にとっては「そんなの関係ねえ」というムード。共和党内部の嫌トランプ派も勢いに押され転向を余儀なくされているようです。米国株の強さの裏には、政権安定への期待感もあるのでは…?

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万5656ドル98セント     -76ドル62セント(0.30%)
 NASDAQ総合指数        7878.46ポイント        -10.64ポイント(0.13%)
 S&P500               2856.98ポイント        -4.84ポイント(0.17%)
 CME日経平均先物        2万2490円           +80円
 10年物国債金利         2.8279%            +0.004%
 ニューヨーク原油         67.83ドル            -0.03ドル
 GOLD                1191.8ドル           -11.5ドル
 ドルインデックス          95.65              +0.56 


 昨日の米国株は、この日から対中制裁関税の第二弾が発動され、これに対し中国が報復関税を発動したことを嫌気し、売りが先行。小幅に続落してスタートしました。キャタピラーやボーイングなど中国関連株が売られたほか、米国内原油産出量が日量1100万バレルに達したことを受け原油価格が下落。シェブロンなどエネルギー関連が売られたこともあり、ニューヨークダウは昼にかけ下落幅を拡大。昼前にこの日の安値2万5608ドル(前日比125ドル安)をつけていました。ただ、今晩、パウエルFRB議長のジャクソンホール講演を控え、ポジション調整的な売買もあり引けにかけては下落幅を縮める展開に…。主力3指数とも下落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1025、値下がり1915(NASDAQ市場は、1219-1733)と、ともに売りが優勢。VIX指数は、0.16ポイント上げ12.41ポイントに上昇。

 NYダウは続落。指数採用30種は、値上がり13、値下がり17。ホームデポが0.6%、VISAが0.68%、それぞれ上昇したものの、その他はいずれも0.5%を下回る小動きの展開。一方、中国関連のキャタピラーが2.03%、ボーイングが0.73%、それぞれ下落。両社で指数を36ドル分押し下げ。GSが1.25%下落し、指数を20ドル分押し下げています。また、原油の先行き懸念からエクソンが1.1%、シェブロンが0.69%、ダウ・デュポンが0.95%、それぞれ下落。米中間の制裁・報復の第2弾が発動されましたが、関連株の反応は鈍くなっています。この日も、ニューヨーク市場の終日値幅は、個別の値動きが少なかったこともあり、106ドルと狭いレンジの動き。
 NYダウ、S&P500 とも、重要なポイントを更新したことに伴うセオリー通りの調整の動き。NASDAQ総合指数は、ヘルスケア関連の堅調などを受け、高値7926ポイントまで上昇。7月25日に付けた最高値7933ポイントにあと7ポイントまで接近したこともあり、引け近くに警戒的な売りが出て6日ぶりに反落しています。NYダウとS&P500は前回高値付近まで下げてきており、そろそろ変化が出てくる頃合いか…。このところ半導体のエヌビィディアの堅調ぶりが目立っていますが、市場は半導体関連に対し必要以上に弱気になりすぎているのでは…。

 米国株は下落。円は、FRB関係者の利上げ継続発言を受け、対ドルは111円20銭台に、対ユーロは128円40銭台に、それぞれ下落。円安を好感しCME日経平均先物は、大証先物終値を80円上回る2万2490円で帰ってきました。レンジは、2万2360円~2万2515円。本日の日本株は、堅調に推移しそう。今晩のパウエルFRB議長講演への市場の関心は高く、イベントドリブン型のヘッジファンドが強気ポジションを作りに行く可能性もありまず。円が111円台に入ってきたことから、ハイテク株の見直し買いも…。指数採用の値がさハイテク株の動きに注目か…。昨日の200日線上の回復と、日足MACDの買いシグナル発信は好材料に。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ