FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は新たな火種を嫌気したハイテク株売りに加え、中国株安や米株先物安を受けた先行き警戒から日経平均、TOPIXとも下落して終了。
 「そのうち解決するだろう…」という観測はだんだん後退してきたようです。市場は米国の本気度をわかり始めてきました。マスコミはトランプ大統領のゴリ押しの態度ばかり、「色つき」で報道しますが、これまで中国が冒してきた不正行為はあまり報道していません。日本でも川崎重工が新幹線技術をだまし取られ、その後、自主開発の高速鉄道技術だと言って、法外に安い工費で次々と受注を獲得。日本は各地で一敗地にまみれています。中国内に進出する企業は国内企業との合弁を義務付け、技術を移転させると、別会社を立ち上げる…、高い技術を持つ企業に社員として潜り込ませ、中枢技術を盗み出す…、米国でハイテクノ研究を行っている中国人留学生を高級で雇い、米国の技術を盗む…。徹底しているところでは、場所は失念しましたが、ステルス爆撃機が撃墜されたときは、村人の持つ破片を買取り、持ち帰って分析。自主開発のステルス機…だと言って、はばからない状態。

 海外のプロジェクトの受注に際しては、自国の労働者を現地に送り込み、現地の企業は使わない。また、工事が終わっても立ち退くことは無く、いつの間にか中国人村が出来ているという状態で、アフリカでは中国に対する反感も芽生えているといいます。問題は、盗んだ技術と安い労働力で世界の市場を席捲。巨額の貿易黒字を元に、国内企業への補助金を支給、黒字の分、通貨供給を増やし、景気刺激を行う。また、貿易黒字を原資に軍事力の強化に資金を回し、米国への敵対姿勢を強めてきた…。今回、米国が堪忍袋の緒を切ったのは、世界のルールを無視した手段でため込んだ黒字を、軍事力で米国を上回るために使おうとしたところにあるようです。
 トランプ大統領の強引な姿勢ばかりが報道されますが、対中強硬姿勢は米国民共通の意思があり、大統領も簡単に折れることはできないと覆われます。IMF推計で、2019年の世界のGDPに占める米国の比率は24.4%、中国の比率は16.1%…世界のGDPシェアの40.5%を占める二極の対立ですから、世界経済への影響は計り知れないものになるはず。米国が日本の競争力を徹底的に削ぐために数十年かけましたが、米中間の対立も同じくらいの期間を想定して置く必要がありそうです。もちろん、緩急があるわけですから、和解の時期もあるはず…。投資のルールややり方も変える必要があるかもしれません。

 本日の日本株は、米政府が新たに監視カメラ製造メーカーへの輸出規制を計画していると伝わったことを嫌気。米国株が下落したことを受け、売り先行でスタート。日経平均は前日から100円超え下落して始まった後、半導体関連や中国関連株などが売られ下げ幅を拡大。米株先物が安く推移していたことや、中国株が下落して始まったことも嫌気されて下落幅を拡大。前場半ばにはこの帆の安値2万1072円(前日比211円安)をつける場面も…。後場は日銀ETF買いへの期待感から下落幅を縮小して始まったものの、今晩から始まるEU議会選挙の結果を見たいという動きや米株先物が下落幅を広げたこともあり、日経平均、TOPIXとも下落して終わりました。

 日経平均終値は、132円23銭安(0.62%)の2万1151円14銭と反落。TOPIX終値は5.33ポイント安(0.36%)の1540.58ポイントと3日続落。NT倍率は、13.76倍→13.73倍に低下。出来高は、4792万株減の11億5542万株、売買代金は、77億円減の2兆0853億円と、相場のエネルギーは尻すぼみ状態。騰落状況は、値上がり783、値下がり1258。
 日経平均サイコロは、4勝8敗、TOPIXは3勝9敗と、ともに変わらず。日経平均、TOPIXのRSIは、ともに25%→19%と、ともに売られすぎ状態を示唆。日経平均25日線かい離率は、-2.6%とに乖離が拡大。騰落レシオは77%→79%に拡大したものの、依然、方向感は出ず。

 今週の課題とした日経平均の日足一億均衡表の「雲」からの脱却は今日もできず…。むしろ、下抜けの可能性が強まってきました。下抜けると、弱気相場入りの「三役逆転」が成立するだけに、明日の動きは重要になります。また、TOPIX週足のMACDがシグナルラインを下方突破し、売りシグナルを出しています。明日、戻しきれないと週足で弱気を暗示することになりますが…。とにかく、前段でも書きましたように、相場のルールそのものが変わる可能性があり、まずは、個別のファンダメンタルにこだわり、逆張りに徹することが大事。常に一定のキャッシュポジションを持つことも…。ニューヨークダウの先物ですが、一時、280ドル安を超え、CME日経平均先物は2万1000円を大きく割り込んでいます。投資家心理が「プッツン」しなければいいのですが…。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ