FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



柳の下の幽霊「Qレシオ」が出現か?
 本日の日経平均は114円54銭安の1万7292円32銭、TOPIXは4.06ポイント安の1728.36とともに反落して終わった。日経平均サイコロは6勝6敗、騰落レシオは109.5と中立だが、RSIがセーフテーゾーン(40以下)近くの46.4まで低下してきた。本日で、3本新値は陰線2本目をつけた。今週末のG7、再来週の日銀政策会議とビッグイベントが続いては、こんな動きも仕方がない。恒例の裁定買い残が発表されたが、金額は5兆3585億円。前週にくらべ、約1500億円増加した。2日に日経平均はザラ場高値を更新したが、この結果を見ると、裁定取引「様」のおかげだったようだ。今日は、円高という、好材料があったから、やはり先物を売りたたいてしっかり解消売りを出していたようだ。やっているのが、商品筋のようだから、資金は長く固定できない。荒っぽいことをしなければ良いが…。

★ちょっと相場を検証
 三本新値で陰線2本目、引けにかけて意識したが維持できなかった25線…。ちょっと重くなってきた。昨日、鍵になると言っておいた、TOPIXは4ポイント程度の下げだが、NT倍率が10倍を割りそうになってきた。ちょっと中身を検証したほうがよさそうだ。先日、「節分天井」の可能性を指摘した折に、日日線ではなく、週の移動平均を意識したほうがいいと書いておいた。昨日現在25日線は1万7308円で、今日の引け値は僅かにこれを下回っている。ただ、もう一段下げるようなことがあると、25日線が下降に転じる可能性がある。こうなると頭が重くなり、いやでも週足の移動平均を意識せざるを得なくなる。現在、13週線は1万6900円前後、26週線は1万6550円付近、52週線は1万6300円近くにある。一番信頼性の高いのは、52週線だが、ここまでは下げすぎだ。当面は、昨年10月高値の1万6901円と13週線がある1万7000円割れとみて、それをきったら、また検討しよう。ただ、RSIが40台に入ったことで、それほど深押しがあるとは考えにくい。昨日鍵になるとしたTOPIXの堅調が全体を支えることになるだろう。
 それと、ファンダメンタル。今、第3四半期決算の発表最盛期だが、これまでのところ、全体では、通期の業績見通しの約8割を達成しているという。計画通りなら75%でいいわけだが、5%以上、上回っている勘定だ。にもかかわらず、経営者は通期見通しの増額修正を見送るか、控えめに増やしている。あまりにも弱気すぎる。このままなら、3月にはいると、厭でも増額修正しなければならない企業が続出するのではないか。規則で、会社予想と実際の数字に20%以上のズレが生じるときは事前に公表しなければならない。相場は、早めに織り込むから、「彼岸底」までかかることはない。また、この「増額修正」期待があるから相場も深押しは無いはずだ。この当たりを、頭に叩き込んで明日からの相場を見ていこう。

★浮上してきたQレシオ
 すっかり「死語」になったと思っていた「Qレシオ」という語が最近注目され始めた。株価が実質純資産(簿価+含み)の何倍まで買われているかを示す指標だ。私のブログを読んでいる人は。Qレシオという言葉こそ使わなかったが、含みの考え方は十分お分かりのはずだ。藤田観光や片倉工業で簿価と時価の乖離が相場を生み出すと書いてきた。
 ちなみに、最近注目し始めたオーミケンシ(3111)も子会社「オーミリアルエステート」を通し、約70万㎡の不動産を所有している。他の含み株のように株価が高くないが、1㎡あたりの簿価が4万円台と高く、一度評価替えをやったのではないかと思われる。其の分、含みが減少したのかもしれない。やはり、株価は良く知っている。問題は、何故こんな土地持ち会社になったのか。同社は戦前から、岡徳織布、中山織布など数社を合併してきた。その結果、飯田市や彦根、大垣市などに不動産を所有するようになった。株価は、ソーサー方の上昇トレンドを描きつつある。今週末の決算発表次第で動きが始まる。
 この構図は他の繊維会社も同じ。含みの吐き出しを行っていない会社のもつ価値は膨大なものになる。
 Qレシオはこの含みを勘案して企業価値を出そうというものだ。バブル絶頂期、大手の研究所がQレシオを使って株価を分析。ある大手証券はウォーターフロント開発の地図を作り、関連会社の買いを煽った。今人気の、東京電力や造船株、鉄鋼株、ガス株などは皆この関連株だ。まさか、人気が再燃することは無かろうが、其の当時、指摘されたように、造船のドックや工場跡地が高層ビルに生まれ変わり、大きな収益を生み出している。東京への一極集中は年を追って強まっている。オフィスビルの空き室率も低く、賃料も上昇気味。だとしたら、東京で遊んでいる土地は有効活用しなきゃ損。藤田観光の大株主移動もこのような背景から起こった。今頃は、外人さんが去年の公示地価を参考にQレシオを計算しているだろう。来月には、新しい公示地価も発表される。やはり、含みがテーマの一つには代わりがない。業績悪で売られた綿紡株の押し目狙い。


 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ