FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は、米株上昇を受け高寄りしたものの、中国元安や米株先物安などを嫌気した売りに上げ幅を縮小。小幅に反発したものの、頭の重さが目立つ展開。
 本日の日本株は、昨日の米国株が反発。金利が上昇により円が下落して帰ってきたことも好感。 CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いから日経平均は88円高と反発。2万0700円台を回復してはじまりました。半導体投資の回復期待から東京エレクトロンが買われたことから寄り後に、この日の高値2万0731円をつけていました。ただ、米国で大きなイベントを控えていることから、手控え気分が強まるなか、米株先物が軟調に推移。米債券先物が買われた(金利は低下)ことから、円相場が小高く推移したことも嫌気され、次第に上げ幅を縮小。中国元の対ドルレートが6日続落し08年3月来の安値となり株価が下落したことも嫌気され、引け近くにはこの日の安値2万0584円(前日比34円安)をつけていました。引け間際にTOPIXコア銘柄にまとまった買いが入り、小幅に反発して終わったものの、外部要因頼みの主体性の無い展開が続いています。

 日経平均終値は9円44銭高(0.05%)の2万0628円01銭、TOPIX終値は、0.55ポイント高(0.04%)の1498.06ポイント。出来高は、引け間際の主力株への買いもあり、7306万株増の9億7435万株、売買代金は、1412億円増の1兆7275億円と、ともに増加したものの、依然、薄商い状態。騰落状況は、値上がり841、値下がり1170万株と、売りが優勢。
、 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に上昇。日経平均RSIは29%→29%と横ばい。TOPIXRSIは、28%→27%に低下。明日から8月初めの大きく下落した分が落ちていきますのでRSIは急上昇してきます。日経平均25日線かい離率は、-2.09%→-1.89%に縮小。騰落レシオは85%→86%に上昇。上向きに転じる指標が増えてきました。

 今日の売買代金トップは、日経平均レバレッジETFで 586億円に達しました。おそらく、個人の益出し売りがかなり出たんでしょう。7月初めにも2万1000円付近で個人がETFを買い、2万1700円付近では益出しに動き、レンジを形成したことがありましたが、このところ、2万0700円付近になると、売りが出て下げる…と、7月初めと同じようなパターンが出始めました。今日は、昨日買い戻しに回っていた海外投機筋も再び売りに回ってきましたが、彼らも2万0700円がレンジの上限になるとみtエいるのかもしれません。まあ、日本株は指数売買の対象でしかない…という事で、米株先物や米債券先物と連動させて日本株を売買するようなプログラムを組んでいるのかもしれません。

 まあ、指数は大崩れしないことが分かってきましたから、個別株を重視する投資家も徐々姿勢を高めてくることになりそうです。先だってから、6月鉱工業生産指数で電子部品・デバイスの在庫がマイナスになったことに注目しましたが、市況が上昇するまでには至らないものの、 5Gに使う半導体の検査装置の受注が増えるなど、底辺では大きな変化が起こり始めているようです。9月初めには、主要なファンドのマネージャーが市場に復帰してきますが、その時彼らが注目するのは、投資家に一番嫌われているところ…。まだ、しばらくは日本株は一の切れた凧みたいに米先物の動きを受けてふらふらし、下がれば国内勢がレバETFを買って買い支える構図が続きそう。今のところ、米金利は低下。米株先物、CME日経平均先物も下落しています。米金利が上げないと、日本株は浮上しませんね。まだまだ、総論より各論相場が続く…。世界の指導者は饒舌になっていますが、安倍首相はこのところダンマリを決め込んでいます。市場フレンドリーな爆弾発言でもしてくれませんかね~。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ