FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの米国株は、景況観の悪化を受け下落した欧州市場の流れを受けたものの、米中協議への期待や予想を上回る景気指標、主力企業の大型株主還元などを受け売り買いが交錯。高安まちまちで終了。
 おはようございます。

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万6949ドル99セント     +14ドル92セント(0.06%)
 NASDAQ総合指数        8112.46ポイント        -5.212ポイント(0.06%)
 S&P500               2991.78ポイント        -0.29ポイント(0.01%)
 CME日経平均先物        2万1785円           -125円
 10年物国債金利         1.7267%             -0.026%
 ニューヨーク原油         58.64ドル            +0.55ドル
 GOLD                1529.50ドル           +14.40ドル
 ドルインデックス         98.62               +0.11 


 週明けの米国株は、景気指標の悪化を受け全面安した欧州市場の弱い流れを受け、売りが先行。前週末、中国の通商協議代表団が日程を切り上げて帰国したことも嫌気され、ニューヨークダウは74ドル下落してスタート。寄り後にこの日の安値2万6831ドル(前週末比104ドル安)をつけています。ただ、この日発表された製造業PM指数が予想を上回ったほか判断の分かれ目になる50を上回ったことから、米景気に対する信頼が回復。前週末の中国協議団の農家視察の中止が米政府の依頼だったことも判明。中国関連などに押し目買いが入り、下落幅を拡大。昼前にプラス圏に浮上しています。米中双方の政府から「次官級協議は建設的だった…」とのコメントが寄せられたことも好感され、引けにかけプラス圏を維持。引け近くに、AMEXの株主還元策やアップルの「MAC PRO」の国内生産維持などが伝わると、この日の高値2万7011ドル(同76ドル高)をつけていました。結局、ニューヨークダウは小反発。アマゾンへの株価目標下げなどの影響ももあり、NASDAQ総合指数、S&P500は小幅に続落。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1622、値下がり1312と買いが優勢だったものの、NASDAQ市場は、値上がり1424、値下がり1724と売りが優勢。NYダウ採用30種は値上がり19、値下がり11と、買いが優勢。12億ドルの自社株買いと増配を発表したAMEXが1.23%上昇し。全体の上げをリード。消費関連のマクドナルドが1.03%、ナイキが1.17%、ホームデポが0.7%、それぞれ上昇。指数の上げを支えました。一方、ユナイテッドヘルスが1.77%下落。単独で28ドル分指数を押し下げ。ファィザーが1.23%、ウォルグリーンが1.24%、メルクが0.94%、それぞれ下落するなど、ヘルスケア関連の弱さが目立ちました。
 主力3指数は高安まちまち。史上最高値に接近したことから戻り売りを消化しているところ。短期テクニカル指標ではNYダウサイコロが11勝1敗まで上昇し過熱感が出ていましたが、現在は9勝3敗まで低下してきました。まだ過熱感が残っており、日柄調整が必要か…。ただ、上昇中の25日線や50日線、75日線が2万6500ドル付近に集中。強力なサポートラインを形成しており、調整の下値は限定的。

 米国株は高安まちまち。円は、弱い景気指標を受けユーロが売られた流れから、対ドルは107円50銭台と、前週末水準からは横ばい。対ユーロは118円20銭台に上昇。CME日経平均先物は、先週末の大証先物終値を125円下回る2万1785円で帰ってきました。レンジは2万1690円~2万1960円。本日の日本株は、CME終値にサヤ寄せして安寄りした後は、底堅い動きで推移しそう。為替の方向が定まらないことから主力株の動きは鈍りそうですが、アップルが、政府が主要部品の関税免除を受け米国内での生産を維持したことや26日に決算を控えたマイクロンテクノロジーに関し、アナリスとの好評価が続いたこともあり半導体関連が上昇。日本でも関連株の動きに注目が集まりそう。短期的には、26日の権利付き最終日に向け権利撮りの動きが強まりそうですが、落ち後の売りが懸念され、ここは好業績材料株に絞るところか…。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ