FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



本日の日本株は、米中合意の先行きに暗雲がさしたことを嫌気。円高を受けた外需株売りやユニクロ安に便乗した海外先物筋の仕掛け的な動きに、続落して終了。
 世界の市場はトランプ大統領の言動に振り回されています。あれだけ、蜜月関係を強調してきた北朝鮮に対し、強硬姿勢に転じたほか、農畜産票を獲得するために主要農産物輸出国のブラジル、アルゼンチンに課税攻撃をかけ、足元である南米諸国との緊張関係も増しています。中国に対する強気は、ディールの手法だとしても、本来の盟友である韓国、日本に対し駐留経費の増額を唱え、当該国民の悪感情を刺激。欧州に対しても自動車関税や、デジタル課税問題、NATOの負担拡大を求めるなど、自ら好んで米国を四面楚歌状態に引き込んでいるように思えます。まあ、選挙選へ向けタカ派をアピールすることで、選挙民の人気が高まるという事で、強面ぶりを演出しているようですが、このまま、大統領選まで続いたら、もしかしたら中国を中心にした反米包囲網が完成しているかもしれませんね。まあ、大統領再選のためとは言え、ちょっとやりすぎみたいな気もしますが…。

 本日の日本株は、欧州、南米との関係悪化懸念に加え、中国との通商協議に「期限を設けない」とトランプ大統領が発言したことを受け、欧州、米国株が下落した流れを受け、売りが先行。CME終値にさや寄せする先物売りもあり日経平均は、193円安と大幅続落してスタート。前日引け後に冴えない月次売上を発表したファーストリテーリングが急落したことも投機筋の仕掛け的な動きを促し、寄り後まもなくこの日の安値2万3044円(前日比335円安)をつけていました。リスク回避の動きから円が上昇したことを嫌気し、外需株が下落した一方、補正予算関連の政策テーマに沿った内田洋行や国土強靭化関連、中小企業支援関連などが買われるなど、指数が下落した割には個別は底堅い動きに…。米株先物が堅調に推移したことや日銀ETF買いの思惑から、一段と売り込む動きは無く、後場にかけては膠着感を強めた動きに…。

 日経平均終値は、244円58銭安(1.05%)の2万3135円23銭、TOPIX終値は3.44ポイント安(0.20%)の1703.27ポイント。NT倍率は、13.70倍→13.58倍に低下。ユニクロの下落(単独で日経平均を126円押し下げ)を受け、NTショート(日経平均先物売り・TOPIX先物買い)を仕掛けた投機筋があったようです。TOPIX先物への買いが小型株の買いを刺激。小型株指数はプラスで終わっています。NT倍率のレンジ下限に近付いており、NTショートの解消から日経平均が強含んでくる可能性もありそうです。出来高は、1029万株増の10億8504万株、売買代金は1107億円増の2兆0673億円に、ともに小幅増。薄商い状態は変わらず市場に狼狽するような動きは無かったようです。騰落状況は、値上がり1170、値下がり866と買いが優勢。TOPIX先物買いにともなう裁定買いの影響があったようです。

 日経平均、TOPIXサイコロは、ともに5勝7敗(41%)に低下。日経平均RSIは51%→49%に低下。TOPIXは、53%→60%に上昇。日経平均25日線乖離率は+0.56%→-0.515%と、25日線を下回ってきました。対応点の状況からみてこの1週間くらいの間に上げないと下方圧力が強まることになりそう。騰落レシオは106%→103%に低下。テクニカルな調整が進んでいます。まあ、しばらくは、昨年1月調整からの戻り相場と同じパターンで、戻りの急所付近でもみ合いながら、中期テクニカル指標の過熱解消を待つ展開か…。各論重視の展開に…。

 直近レポートでは、中小企業支援と国土強靭化など内需系に絞りましたが、今日も、ミロク情報サービスや日本ユニシス、ゼネコン株、タケエイなどが堅調に推移。全体の動きと逆抗する動きになっています。インプラント工法で海外にも事業を拡大する技研製作所も新値を更新。長期妙味が大きいとした通りの動きになってきました。まあ、基本的な投資方針を変える必要はありませんので、しばらくは各論重視で、業績に伸びソロを抱えた銘柄をじっくり追えば良いでしょう。「期限を定めない」は発言はトランんプ独自のフェイク発言と思われますが、どこかのマスコミが米中合意が近いと報道。早速、アルゴが反応し、追う雌雄株が上昇。米株先物、日経平均先物も上昇しているようです。まあ、12月15日の課税発動を控え、しばらくは為にする話が飛び交うと思われますが、不透明だからこそ、個別のファンダメンタル重視の姿勢で臨みたい。
 ※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ