FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



昨日の米国株は、12年ぶり水準に増加した住宅着工など好調な景気指標を好感して上昇。英国の無秩序EU離脱懸念が頭を押さえたものの、5立会日続伸して終了。
 おはようございます。 今週に入って「凪(なぎ)」のような状態になってきました。実質的に今年の相場も終わったようなものですが、主要投資家もまあまあの運用成果を残しており、無理な仕掛けをする必要がないことが影響しているのかもしれません。売買中毒の短期筋は別にして、主要投資家は新年相場のことを考え始めていると思います。来年は子年ということですが、相場格言の「辰巳井、午尻下がり…」によると、今年の「亥固まる」に続き、「子は繁盛」となり、新年相場も期待できることになりますが…。ただ、過去子年というのは、2008年の福田政権から麻生政権へ、1996年は村山政権から自民党の橋本政権に、それぞれ移行。その前は、中曽根安定政権が続いていました。このところは、立て続けに政権交代が起きており、ちょっと注意しておく必要があるかもしれません。

 17日の米国市場動向
 ニューヨークダウ  28267ドル16セント     +31ドル27セント(0.11%)
 NASDAQ総合指数      8823.36ポイント       +9.13ポイント(0.10%)
 S&P500             3192.52ポイント       +1.07ポイント(0.03%)
 CME日経平均先物      2万4000円          -10円
 10年物国債金利       1.878%            +0.005%
 ニューヨーク原油       60.94ドル           +0.73ドル
 GOLD              1480.60ドル         +0.10ドル
 ドルインデックス        97.21             +0.18  


 昨日の米国株は、英ジョンソン首相がEUとの条件を詰めないまま1月末の離脱を強行する姿勢を示示したことを嫌気し、欧州株が軟調に推移した流れを受け、ニューヨークダウは14ドル安と小幅に反落してスタート。ただ、朝方発表の住宅着工件数が12年ぶり水準に増加するなど複数の好調な景気指標を受け、買いが増加。次第に上げ幅を拡大し、昼前にはこの日の高値2万8328ドル(前日比93ドル高)をつける場面も…。米中合意を好感した中国関連株への買いが続いたほか、上昇気味の金利を好感した禁輸株の上げなどが指数の上げに貢献していました。しかし、高値警戒感が強いほか、英国の無秩序EU離脱の懸念やクリスマス休暇にに備えたポジション調整売りを出し投資家も多く、引けにかけては上げ幅を縮小する展開に…。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1845、値下がり1102(NASDAQ市場は、1793-1406)と、ともに買いが優勢。ニューヨークダウ採用30種は、値上がり14、値下がり14、変わらず2(ボーイング、コカ・コーラ)。金利上昇好感のGSが1.36%、JPモルガンが0.61%、それぞれ上昇。2社で指数を27ドル分押し上げ。中国関連のホームデポが1.02%、ナイキが0.85%、ダウが0.9%、それぞれ上昇。5銘柄が1%超え上昇し、指数の上げに寄与。一方、ウォルグリーンが1.23%下落。インテルが0.69%下落して続いたものの、他の下げは限定的。
 
 主力3指数とも5日続伸。そろって高値を更新しています。今週末のクアドルプルウィッチング終了後の投資家のクリスマス休暇入りに備えたポジション調整売りから頭の重い動きが続いています。NYダウの長期足は2009年の金湯危機後続けてきたレンジ相場を抜け出し新たな局面に入っており、当面、新レンジの上限を探る動きから堅調な相場が続きそう。中期指標の過熱感はありますが、NASDAQ市場の52週来高値更新銘柄数は落ち着いており、まだ、投資家は冷静さをキープしているようです。引き続き、二進一退の動きか…。

 米国株は続伸。円は、英国の無秩序離脱への警戒感から安全通貨のドル、円が買われ、対ドルは109円40銭台に、対ユーロは122円卑近に、ともに小幅高。CME日経平均先物は、大証先物終値を10円下回る2万4000円で帰ってきました。レンジは、2万3930円~2万4090円、狭いレンジの動き。本日の日本株は膠着感を強めた動きになりそう。2万4000円台の二つの天井に近づきもどりうりを消化。需給が上値を圧迫しているものの、下値の買い圧力も増しており、当面は、売り買いが交錯し膠着した展開に…。この日も、米SOX指数が高値を更新。半導体関連が注目されるほか、出遅れ株への短期かさ上げ的な買い仕掛けが続きそう。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ