FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日は大納会。為替市場のフラッシュクラッシュなど休み中の懸念材料も多く、ガード重視のポジション作りに傾くか…?
 おはようございます。 今日は大納会です。日本では1年の締めくくりですが、国際化が進み昔ほど感慨深いものではなくなってきた感じです。回顧主義ではありませんが、特定ポストがあるころは、平和不動産からセリを開始し、年初の商いを始め、年末は特定ポストの終わりから値付けを始め、平和不動産で大納会の取引を終えます。1銘柄づつ終値が就くたびに拍手があがり、最後に近くなると歓声まであがり気分は最高潮。1年の仕事で苦しかったこと、楽しかったこと(あったかな…?)が走馬灯のようによみがえってきて涙を流したこともありました。まあ、気分的には大きな区切りをつけることができましたね。でも、日本が正月気分を味わっている間に、海外では2日から2020年の相場がスタートします。ゆっくりお屠蘇気分に浸っているわけにもいきません。これが国際化というものでしょうね。いずれ、日本でも2日に立ち合いが始まる日が来るのかもしれません。ビールや熱燗の誘惑に負けて戦闘態勢を維持するのが大変です。

 さて、週末の米国株は高安まちまち。CME日経平均先物は大証終値を70円下回る2万3770円で帰ってきました。大納会の取引は、CME日経平均先物終値にサヤ寄せする先物売りに軟調スタートになりそうです。米中合意の調印時期や英ブレグジットナなど不透明要因を抱えたまま6日連休になることから、ヘッジ的な動きが強まりそうです。このところ恒例行事にみたいになってきた為替市場での仕掛け的な動きも懸念材料。また、休み中に、民主党にウクライナスキャンダルをチクったCIA職員を実名でツィートしたものを、大統領がりツィート。情報提供者を保護する国内法に慰安する可能性があるとして、共和党内からも批判する動きがあり、新たな懸念材料になるかもしれません。社会主義的な政策を打ち出して自らずっこけた英労働党の流れを受け、過激な社会主義的な政策を唱えていた民主党のウォーレン議員の支持率が低下するなど、大統領に追い風が吹き始めていたのに、自ら芽を積むような動きをしてはいけませんね。それだけ焦っていて目先しか見えなくなっているのかもしれません。こんな状態では、今日も大した相場にはならないのでは…。

 ただ、新年の相場を展望すると、トランプ減税効果が剥げ業績が悪化していた米企業業績が回復基調に入ること。演算型の半導体を中心に回復色が強まってくるなど米経済を中心に明るさが増してきそう。日本株も恩恵を受けてきそうですが、大きな流れについては直近レポートにも書きました。 日経平均は、バブル崩壊以後25年間抜けられなかった壁を突破。過去2年間はこの大きな壁の上で値固めを行ってきたと位置づけられます。2万円~2万4000円のボックスの動きがそれです。今年は、このボックスを抜けてバブル崩壊で世界に出遅れた分を取り戻すか、引き続きボックスを続けるのか…の大きな分岐点の年になりそう。次の目標などはレポートにかいていますが、引き続き、上げの要因は市場にたまり込んだ弱気ポジションの積み上がり…。米10年国債金利の動きがカギを握ってくる…。高値圏で年を越しますが、1月は海外投資家にとっては年間の運用をスタートする重要な月。一旦、益出して運用利回りを確定するか、買い増してくるか…。需給関係がポイントになりそう。今日も各論相場。
※新年からのレポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ