FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの米国株は、新型肺炎の寡占拡大に歯止めがかからないことを嫌気した売りから大幅安したものの、ロックダウンで新たな需要が喚起された業種が買われ、高安まちまちで終了。
 おはようございます。

 13日の米国市場動向
 ニューヨークダウ          2万3390ドル71セント    -328ドル60セント(1.39%)
 NASDAQ総合指数         8192.42ポイント       +38.84ポイント(0.48%)
 S&P500                2761.63ポイント       -28.19ポイント(1.01%)
 CME日経平均先物         1万9090円          +20円
 10年物国債金利           0.767%           +0.038%
 ニューヨーク原油          22.41ドル           -0.35%
 GOLD                 1763.30            +1.8ドル
 ドルインデックス           99.49             -0.03
 

 週明けの米国株は、欧州市場が休場で参加者が減少するなか、今週から始まる決算発表への警戒感や前週大きく上げたことに伴う益出しの動きが強まり、売りが先行。ニューヨークダウは全前週末比186ドル安と反落してスタート。決算は発表を控えた金融
関連が売られたほか、原油の協調減産を受けキャタピラ―の株価目標下げがあり、同社株が急落したこともあり昼にかけ下げ幅を拡大。昼前にこの日の安値2万3095ドル(前週末比624ドル安)をつけていました。ただ、ロックダウンで新たな労働形態として注目された「リモートワーク」が需要を増加させた半導体関連や巣篭り消費で生鮮食品のネット販売が伸びたウォルマートなどが買われ次第に下落幅を縮小。金融株下げの影響が大きかったニューヨークダウ、S&P500は反落したものの、NASDAQ総合指数は 3日続伸して終了。VIX指数は、0.50ポイント下げ41.17ポイントに低下。この日の安値で終わったものの、先行き警戒感は強く、下げ渋る動きが続いています。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り750、値下がり2214(NASDAQ市場は、1239-1991)と、ともに売りが優勢。ニューヨークダウ採用30種は、値上り8、値下がり21、変わらず1(ユナイテッドテクノロジー)。巣篭り消費でネット販売が好調なウォルマートが2.87%上昇。単独で指数を24ドル分押し上げ。レポート直近号で注目したインテルが2.73%上昇。新型肺炎感染者の追跡アプリ開発に注力しているアップルが1.96%上昇。指数を36ドル分押し上げ。一方、株価目標の引き下げがあったキャタピラーが8.7%下落。単独で指数を74ドル分押し下げ。金融関連のAMEXが4.74%、JPモルガンが4.45%、GSが2.76%、それぞれ下落。3社で95ドル分指数を押し下げ。トラベラーズが3%超え下落するなど金融関連が冴えず11社が2%超え下落し、指数の足を引っ張りました。

 主力3指数は高安まちまち。ニューヨークダウは2018年初めの半年にわたるもみあいゾーン付近で頭を押さえられる動きが
続いています。今週も決算見通しも示せないような不透明感が強い状態が続き、高値持ち合いが続きそうですが、世界の金融市場で進む流動性の供給で押し目買い気運も強く、大きく下押すことも考えにくいところ。新型コロナ禍によるロックダウンで新しい消費形態や働きかた、教育システムが採用され、その利便性に社会が気付き始めており、パンデミック終息後に新しい文化を生み出す可能性が出現。関連株人気は現実買いの段階まで高まる可能性も出てきそうです。一方、高まっていたシェアリングエコノミーは、感染リスクの高まりから敬遠されるなど、今後の市場の物色内容にも変化を与えてきそう。新文化の基盤を支えるのは、クラウドサービスをベースにした各種のアプリですが、このベースはデータセンター。容量不足からデータセンターの設置やサーバーの増設が進んでおり半導体需要が回復しています。サーバー用半導体に注力してきたインテルの出番…。

 米国株は高安まちまち。円は、米株安を受け対ドルは107円70銭台、対ユーロは117円50銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は、前日先行して米株下げを織り込んだ関係で大証先物終値を20円上回る1万9090円で帰ってきました。レンジは、1万8945円~1万9600円。本日の日本株も米株先物の動きを受けた主体性の無い展開に終始しそう。米国の流れを受けロックダウンで需要が増加するリモートワーク関連や半導体関連などが注目されそう。低位株が多く、意外高に発展するものも出てきそう。市場はパンデミック後の回復をにらむ展開になりそうですが、財政均衡にこだわる財務省や政府の動きから、日本が有効な手を打てるかは疑問。投資先として米国や中国など積極策を取れる国への投資を真剣に考えてみるところ。           
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ