FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



昨日の米国株は原油価格の落ち着きや米国内でン経済再開の動きを好感して上げたものの、新型コロナ対策薬へのネガティブな報道を受けて売られ、高安まちまちで終了。
 おはようございます。

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万3515ドル26セント     +39ドル44セント(0.17%)
 NASDAQ総合指数       8494.75ポイント        -0.62ポイント(0.01%)
 S&P500              2797.80ポイント        -1.51ポイント(0.05%)
 CME日経平均先物       1万9355円           -85円
 10年物国債金利        0.609%             -0.018%
 ニューヨーク原油        16.50ドル            +2.72ドル
 GOLD               1751.60ドル          +13.30ドル
 ドルインデックス         100.49              +0.10 
  

 昨日の米国株は、地政学要因の緊張を受け原油価格が上昇したことを好感し欧州株が上昇した流れを受け、買いが先行。エネルゴー株や関連株が買われニューヨークダウは68ドル高と続伸してスタート。米国内で進む経済再開への動きを好感し買い戻しの動きが進み、昼にかけ上げ幅を拡大。昼前にこの日の高値2万3885ドル(前日比410ドル高)をつける場面も…。ただ、テクニカルな節目が接近し株価が伸び悩んでいるところに、経済紙フィナンシャルタイムスが「新型コロナ対策で期待された抗ウィルス剤デムデシベルに薬効が無かった」と報道。経済再開への切り札として期待が大きかっただけに失望から益出しの売りを出す投資家が増加。引けにかけ下落幅を拡大。引け近くにこの日に安値2万3483ドル(同8ドル高)をつけていました。結局、ニューヨークダウは続伸したものの、インテルの決算を嫌気したハイテク株の軟調やバイオ株の下げを受け、NASDAQ総合指数とS&P500は小幅に反落。高安まちまちで終わりました。VIX指数は、一時39.06ポイントまで下げたものの、0.60ポイント安の41.38ポイントと高止まり。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1818、値下がり1136(NASDAQ市場は、1924-1290)と、ともに買いが優勢。NYダウ採用30種は、騰落同数。原油価格の持ち直しを受け、エクソンが3.13%、シェブロンが2.79%、それぞれ上昇。関連のキャタピラーが2.05%、ダウが2.26%、それぞれ上昇。激戦州でのトランプ優勢が伝えられヘルスケア関連が上昇。ユナイテッドヘルスが2.30%、J&Jが1.65%、それぞれ上昇。2社で指数を73ドル分押し上げ。一方、新規失業保険申請の増加を受け、消費関連のマクドナルドが2.33%、ウォルマートが2.33%、それぞれ下落。2社で指数を51ドル分押し下げ。第二四半期のEPS見通しが予想を下回ったインテルが7.76%下落しました。

 主力3指数は高安まちまち。ニューヨークダウは、下落中の50日線付近、NASDAQ総合指数は75日線まで戻ったところで、デムデシベルに関する報道があり、急速に上げ幅を縮小しています。テクニカルな要因が売りを促した側面も大きいようです。WHOガデムデシベルに関する準備原稿を誤ってネットに掲載したことがFT紙の報道の要因になったようですが、もともと、中国での治験が感染者数の減少による治験者不足で中止されたことは、知られており、薬効に関する結果は定まっていないようで、同紙の誤報となる可能性もありそうです。治験結果は高レベルの秘匿性があるといわれ、WHOと言えども外部に漏れるはずは無いというのが専門家の見方。既に夜間取引で開発会社のギリアドサイエンシズの株価は上げに転じています。トランプ大統領に資金拠出を止められたこのに対するしっぺ返しという話も…。当面は上げに転じた25日線の上昇待ちの動きへ。

 米国株は高安まちまち。円は、対ユーロでドルが買われた流れを受け、対ドルは107円50銭台で横ばい。日銀の緩和拡大報道を受け108円台に乗せる場面も…。対ユーロは115円台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を85円下回る1万9355円で帰ってきました。レンジは、1万9190円~1万9655円。本日の日本株は、週末控えで膠着感の強い展開になりそう。海外先物筋の仕掛け的な動きが後退しているほか、個人の弱気ポジションの解消が続き、底堅い動きが続きそう。引き続き、米株先物動向と連動したアルゴ売買が焦点に。米国でリモートワークのズームビデオコミュニケーションのユーザー数が月初の2億件から直近では3億円に増加したといわれており、国内でも関連株に注目が集まりそう。今日から決算発表が本格化しますが、交通事故みたいなひどい決算に遭遇する可能性もあり、無理はしないほうが無難か。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ