FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月替わりの日本株は、米株先物安や香港への国家安全法の適用、コロナ感染患者の増加などを嫌気した売りに、反落して終了。
 今日から名実ともに7月相場に入りました。日米とも海外勢の中間決算に絡むドレッシングで、期末は高く終わりましたが、月替わりした今日は、ポートフォリオ内の仕分けが行われたのか、強いものは益々強く、問題含みでポートフォリオ内に残しておけないものは容赦なく切るような動きがあったようで、素材など景気敏感セクターの中には、寄りから、ずるずる値を下げるようなものもあったようです。ポストコロナの世界に対応できる企業とそうでない企業との格差が広がりそうです。米国では、大手企業による時代を先取りするようなベンチャー企業の買収が始まっていますが、ポストコロナの世界に対応するためには、今のうちからノウハウを吸収しておく必要があるという事なんでしょうね。先行きが見通せないとして、資金を抱いたまま縮こまり思考に陥るどこかの国の企業とは大きな違いがありますね。世界では格差の拡大が問題になっていますが、景気の先行きが見通せない中で、米国では個人投資家が急拡大しています。結局、格差を埋めるには株式などの資産を持たなければいけない…という発想で、今まで株式投資の経験が無い個人が市場に参入しています。これも、コロナパンデミックがもたらした新しい「気付き」なんでしょう。今の株式市場には持てるものに一歩でも近づきたいという発想の資金が入ってきており、従来からの延長線上で考えていると大きなミスを冒しそうな気がします。

 本日の日本株は、昨日の米国株が追加景気対策やワクチン開発への期待感から続伸したことを好感。朝方は買いが先行。日経平均は50円高と続伸してスタート。米国市場の流れを受け半導体関連が買われたこともあり、寄り後まもなくこの日の高値2万2360円(前日比72円高)をつけていました。ただ。米株先物が軟調に推移していた他、香港で国家安全法が施行されたことなどから上値を買う動きは無く、前場は前日引け値を鋏んだ膠着した動きになりました。後場に入ると、米株先物が下げ幅を拡大したことや東京都の新型コロナ感染者数が最多記録を更新する可能性が強いことを受け、先物に売り仕掛け(先物売り・円買い)が入り、為替が円高に振れると堅調だったハイテク株が上げ幅を縮小。後場半ばにはこの日の安値2万2039円(前日比249円安)をつけていました。

 日経平均終値は、166円41銭安(0.75%)の2万2121円73銭、TTOPIX終値は、20.16ポイント安(1.29%)の1538.61ポイントと、ともに反落。NT倍率は14.30倍→14.38倍に上昇。記録更新が続きますが、ロング&ショート戦略をとる投資家の間でNTロング(日経平均買い・TOPIX売り)のポジションを作るところがあるようです。出来高は5587万株減の11億8497万株、売買代金は2074億円減の20351億円と、薄商い状態が継続。主力投資家の模様眺め気分が強まっているようです。騰落状況は、値上り274、値下がり1849と。売りが優勢。指数が崩れると短期筋の手も一斉に引っ込んでしまうようです。

 日経平均サイコロは5勝7敗、TOPIXは4勝8敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは40%→45%(TOPIXは、37%→39%)にともに上昇。6月中旬に下落が続いた分が落ちるため、しばらくは上昇傾向が続くか…。日経平均25日線かい離率は、-0.48%→-1.35%に拡大。騰落レシオは92%→84%に低下。底値ゾーンの80%割れに接近。指数、物色動向とも弱気のモメンタムが強まっているようです。
 日経平均は、25日線を下回っているほか、今後対応点が上がってくることから25日線が下降し頭抑えに転じる懸念もあります。ただ、依然、6月16日に付けた日足長大陽線内の動きであるほか、200日線も下値を支えており、全体が崩れたわけではありません。国内投資家の姿勢が弱いことから、米国株次第の動きが続きそうですが、個別は半導体関連の東京エレクトロンが高値を更新していることや、コロナ禍を順風に変えて業績を伸ばしているニトリが続伸するなど、良いものを買う流れは健在。当面2018年後半型の調整になると思われ、指数が膠着する中、各論重視の展開が続くことになりそう。今日は、最近のレポートで取り上げてきたピックルスコーポレーションが10%の上げ、同じく半導体関連もこの相場で上昇。自然災害関連も上昇しており好業績とテーマ性に絞った選別がうまくいっているようです。当面、現在の方針を変える必要はなさそう。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ