FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



「株は上がるときは上がる。下がるときは下がる」。今は?
本日の日経平均は97銭安の1万7939円12銭と小反落、一方、TOPIXは2.77ポイント高の1782.73と続伸して終わった。日経平均サイコロは8勝4敗、騰落レシオは107.6、RSIは66.74と順調にガス抜きが進んでいる。今日のエポックは、なんといってもTOPIXの高値更新だろう。一時、1784ポイントをつけていたが、この水準は1991年11月以来のこと。日本経済は、15年かけて、やっとバブル崩壊を意識し始めたころの水準に戻ってきたということか?感慨に浸っている暇は無い。
 
★今回が上げるのには絶好のタイミング? 
さて、いよいよ、日銀の政策決定会議が始まった。先月、あれだけ大騒ぎしたマスコミは貝のように口を閉ざしている。確か、一番発行部数が多いと豪語する新聞社は「利上げ決定」という記事を一面トップで取り上げ、世紀の誤報となった。今回は不思議なくらい、各社とも憶測記事はかかないようだが、「あまり煽るな」と、どこかからご託宣があったのだろう。今回は、粛々と、日銀独自の判断で決定しろということか?「しかし、良く考えると、大勢に関係無しに利上げができるのは今月だけのような気がするのだが…。多分、福井さん思い切るんじゃないの…」←独り言。ただ、上げようが下げようが、株は上がるときは上がるし、下がるときは下がる、もの。問題はリズムだ。昨日も言ったように、一度この辺で昨年4月高値の頭をはたいて出直ったほうが、上値は大きいような気がするのだが…。今日も、例の「悪太郎」の外資系証券が売り崩しをやり、一時期裁定解消売りが出ていたようだが、結局、売る崩せなかった。それだけ、今の相場が強いということだ。とにかく、明日は、ニュヨーク市場も開くし、利上げがあるかどうかも分かる。どうなろうが関係ない。私は、個別だけ追っていく…。

★相場の方向性は?
 先週号のレポートで、TOPIXの長期チャートを使って、全体の流れを説明した。其の中で「日本を代表する超大型株を中心に、時価総額の大きい企業の相場が続く。好き嫌いを言わずに、大型株を買おう!」と書いた。予想通り、TOPIXが先行して上昇してきた。今日の、業種別の値上がり上位も、鉄鋼、電気ガス、非鉄、保険、海運、情報通信など、日本を代表するオールドエコノミーばかりだ。このブログでも、つい先日「コード番号○○○1」銘柄を買おうといっておいた。背景にはM&Aや配当取り、好業績など、いろんな要素があるが、基本は、いつでも売れる「流動性(換金性)」。海外のファンドなどが短期狙いで来ているのだろうが、彼らは、天然ガスという流動性の低い市場に資金を突っ込み逃げられずに破綻したヘッジファンドの轍は踏みたくない。だから、超大型株なのだろう。この流れは、TOPIXが2000ポイントをつけ、後を追う格好で日経平均が2万円「手前」にいくまで続く。
 最近、騰落レシオが下落しながら株が上がっているが、これは物色銘柄が絞られている動きを表している。こんなことを書いたら、すぐ「それじゃ、一気にいくんですね。新日鉄を買っても良いんですね…」と来る。そういう人にいうのは「株は上がったり下がったりしながら、上がる。また、下がったり上がったりしながら、下がる。」ということにしている。先日注目した皆が買いにくいNTT(9432)だが、25日線まで下がったところで、きっちり切り返してきた。「相場と女の子は追っかけたら逃げられる…」。待ち伏せが一番だ。

 一貫注目中(直近レポート注目株)の荏原(6361)が23円高の573円とさらに値をのばし、新しい段階に入ってきた。520円台まで押せばまた買える。先日取り上げたダイヘン(6622)も今日は新値をとった。鉄も造船もともに好調。昨年一月のライブドアショック前に動いていた、最後発株が動き出した。全体が上がるから、これも上がるだろうという安易な考えは禁物だよ!(ちょっといやな感じ)

 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ