FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



日銀の利上げに無反応だった海外投機筋が怖い…
「奈良の観光」の依頼原稿を書いていたら、もうブログを書き込む時間になっていた。早速、頭を切り替えて株のことを書こう。 さて、本日の日経平均は195円58銭高の1万8108円79銭と反発、TOPIXは15.67ポイント高の1802.90と4日続伸して終わった。日経平均サイコロは8勝4敗、騰落レシオは113、RSIは72と危険信号一歩手前。とうとう、1万8000円の大台に乗せてきた。まさに「日銀の英断効果」といえるだろう。昨日も書いたように、日銀の英断(?)で、とりあえず「ここから半年は利上げの可能性は遠のいた…」ということで、後顧の憂い無く相場がやれるということか…。こんな時に無理に解説を書くことは無い。強いから結構…。しかし、テクニカル指標はみーんな売り信号を出していることをご存知だろうか。相場のことは人からとやかく言われなくても、自分が一番分かっている。買いたいと思えば下がるし、売りたいと思っていればまだ上がる。さあ、あなたはどっちだ。

★日銀の利上げを気にしているのは日本だけじゃない!
 今回の日銀の利上げはブログでも書いたように一応予想はできた。日本株についても、利上げの有無は関係ない、と書いた。結果は其の通りだが、一番気になったのは海外の反応だ。日本の金利は、投機筋の資金の源泉になっているだけでなく、円建てローンによる住宅建設資金などとなって、海外の住民生活と密接につながっている。昨年の、量的金融緩和とゼロ金利の解除の折には世界に激震が走った。しかし、今回は、為替、債券、新興市場、商品相場とも冷静に受け止めてくれたようだ。
 それどころか、WTI原油先物市場では、1バレル60ドル台で終わってきた。ただでさえ、米国の消費者物価(CPI)が予想を上回る数値を示しているのに、ここで原油が上がったら…。また、米国の金利が上昇に転じる。こちらの方が怖い。みな、原油相場のことなんか気にしていないだろうが、このところガソリンの先物価格の上げピッチが早まっている。今、米国ではガソリンの在庫は過去三番目の低さで、春先から始まる需要に対応できるか疑問視されている。ガソリンは儲かるので、当然、増産を始める。そうすると、原油、特に軽質油への需要が高まりWTI価格が上昇する、という流れだ。これまで、商品価格の下落→インフレ懸念後退→債券価格の上昇(金利低下)→米国株上昇→新興国株式(日本を含む)上昇、という流れをたどってきたが、今後の原油価格次第では、この流れが逆転するかもしれない。日銀の利上げにも投機筋は反応しなかった。再び、商品投機が始まるかもしれない。それを一番心配している。

★片倉工業が新値取り!
 今日は大事なことを書いたので少し長くなった。去年から、馬鹿みたいに「含み」「含み」と書いてきたが、今日一貫注目の片倉工業が2115円の新高値をとったので、書いてみよう。同社株は昨日、決算の減額修正を発表して売りこまれた。普通の人なら慌てたことだろう。しかし、誰か知らないが、やってる人は片倉工業の業績なんか見てはいない。しかし昨日の段階で押し目買いが入り、今日は急騰した。以前から、含みの大きさを強調してきた。今日は、少し詳しく見てみよう。
 まず、同社はショッピングモールに賃貸している工場跡地や現在稼動中の工場を含め、関東、中部地方に本体だけで、81万9000㎡の土地を所有している。その簿価は20億2900万円。1㎡当たり1690円だ。那須工場(34000㎡)やカタクラ新都心モール(33000㎡)の簿価はゼロというすごさだ。子会社5社でも43万9000㎡の土地を所有、総計は125万㎡弱になる。この会社のすごさは、1㎡当たりの簿価が1700円を切っていることだ。いまどき地方の都市にいってもこんな単価の土地はないだろう。片倉工業の実質純資産はいくらになるのだろうか?ゴールドマンザックスもこのあたりを注目して買っているのだろう。
 この会社の含みは、土地だけではない。株式の保有もすごく、銀行株を中心に1200万株弱を所有している。簿価が142億円弱と高いのが気がかりだが、土地とあわせた資産価値は膨大なものになる。以前、藤田観光でも資産の中身に触れたが、日本の企業にはこんな会社がごろごろしている。株価の引き上げばかりに注力して中身が何にも無い新興市場株に比べ、実体価値が図れるだけ分かりやすいというものだ。海外投資家もやっとこれに気がついた。皆さんも宝探しを始めてはいかが…。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ