FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



小粒の悪材料が続いたものの、底堅さを見せた米国株…レンジ相場で過熱感を解消
 おはようございます。今日も朝から家の周りはせみ時雨。雨上がりで、またせみが増えたのか、心なしか音量が上がったような気がします。夏まっさかり…ですか。

 さて、昨日の米国株は、中国市場の急落を受け、景気の先行きへの警戒感が高まったほか、中国の景気減速懸念が商品需要を後退させるとの思惑から原油や金属市況が軟化。これを受け資源株が売られるなど全般に冴えない展開で、主要指数は続落して終わっています。
 
 またこの日は前日に続き5年債390億ドルの入札が行われましたが、応札倍率は昨年9月以来という1.92倍に低下。今晩行われる7年債入札への懸念が強まり、株式市場の手控え気分を強めさせています。中国景気への懸念を強めた原油市場では、この日、週間在庫統計が発表されましたが、市場予想の150万バレル減少を裏切る515万バレルの上昇となり、原油在庫は3億4780万バレルまで積み上がってきました。当面、在庫減少につながる材料に乏しいことから、価格面での圧迫材料になるとして、エクソンやコノコなど、資源株が売られています。さらに、中国関連として建機大手キャタピラーも売られ、ニューヨークダウを押し下げました。

 この日は、他にも6月の耐久財受注が市場予想(0.6%減)を上回る2.5%減になったほか、ヤフーとマイクロソフトとの提携内容を期待(マイクロソフトから前受け金が得られる…)はずれと受け取られ、ヤフーが10%を越える下落となるなど、細かな悪材料が相次ぎ、終日さえない展開で、一時は9014ドル付近まで売られました。ただ、毎日の恒例行事で引け際に買い物が入り、レンジ内に収まって終わっています。以前から書いていますように、現在は、高値で持ち合いながら過熱感を解消する調整過程。昨日の下落でニューヨークダウのサイコロは9勝3敗に低下していますが、まだまだ過熱感はぬぐえません。やはり、先週土曜日書きコミで説明したチャートの丸印くらいまで調整がつづくのでしょうか。でも、ニューヨーク市場の値上がり銘柄数は1000を越えていますから、基調は強いと思っていいようです。

 29日の米国株
 ニューヨークダウ 9070ドル72セント -26.00ドル (0.29%)

 NASDAQ総合指数  1967.76ポイント -7.75ポイント (0.39%)

 S&P500        975.15ポイント  -4.47ポイント (0.46%)

 CME日経平均先物 (ドル建て) 10185円 +75円

              (円建て)  10145円 +35円


 米国株は小幅続落したものの、CME日経平均先物は、小幅高で帰ってきました。リスク回避の高まりからドルが買われましたが、中国への懸念から円はドルに対し弱含み95円台前半の取引になっています。本日の日本株も昨日に続きハイテク株優位の展開になりそうですが、決算発表の内容によって個別に乱高下する流れか。中国市場の動き、GLOBEX米国株先物、為替、債券など外部環境を見ながら先物リードの小動きの展開になりそう。当面は、日本も過熱感の解消待ち…。 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ