FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



米国GDP発表が「ミニサプライズ」…期待値に実体が追いつきだした?
 おはようございます。
 昨日の米国株は、第3・四半期のGDPが3.5%のプラスと市場予想(3.3%成長)を上回ったことを好感。買い先行でスタートしました。また、株価が反発したことで、ドル相場が軟化。これを受け、原油や金、資源価格が上昇したことからエネルギー株などが買われ指数を押し上げました。また、弱気筋が拠り所としていた住宅取得時の減税や低燃費車の買い替え(8月末に終了)などの一時的支援策を除いてもプラス成長に回帰したことから、前日売られたキャタピラーやアルコアなどの景気敏感株が買戻しなどから急伸。ほぼ全面高となり、主流3指数とも急反発して終わりました。
 
 この日は、通信機器大手モトローラが、市場予想の前期並みを上回るEPS0.02ドルを計上したことや生活用品大手P&Gが予想を上回る好決算を発表するなどダウ採用銘柄に好材料が相次ぎ、ニューヨークダウやS&Pなど主力指数の上昇率がハイテク株主体のNASADQ総合指数の上昇率を上回っていました。ニューヨーク市場の出来高は14億5500万株と前日比では減少。騰落状況は値上がり2502、値下がり546。

 この日発表された週間失業保険申請件数(~24日)は、53万件で、前週から1000件の減少。ただ、アナリスト予想の平均値52万1000件はやや上回っています。ただ、トレンドをみる4週移動平均は52万6250件と前週比で減少。8週連続で減少傾向にあり、雇用状況が改善傾向にあることを示しました。また、受給者総数(~17日)も579万7000件と前週比較で14万8000件の減少になっていました。

 米国経済の先行きへの不信感は根強く、前日は、大手銀行が第3・四半期GDP見通しの引き下げをレポートで発表したことから、出来高をともなった失望売りが出て急落していました。しかし、この日は、予想を上回る好調な数字が発表され、「失望」の裏返しのような現象から買い気が戻っています。前日のレポートで弱気筋をふるい落としたことで、動きやすい状況が出来上がったようです。この日実施された7年債の入札は応札倍率が2.65倍と前回水準(2.79倍)を下回る不調となり、市場金利は上昇。債券投資への手控え気分が強まったことも株式にはプラスに作用しました。やはり、国債入札の終了が相場の分岐点になったようです。
 あらためて1万ドル大台に挑戦する動きが始まりそうですが、以前から指摘している長期持合の壁は予想以上に大きいと思われ、まだ何度かの上値トライの必要がありそうです。特に、今後米国経済をリードすると思われるテクノロジー株のウェートが高いNASDAQ総合指数はまだ25日線を下回ったままですので、この回帰が急がれます。

 29日の米国株
 ニューヨークダウ 9962ドル58セント +199ドル89セント (2.05%)

 NASDAQ総合指数  2097.55ポイント  +37.94ポイント (1.84%)

 S&P500   1066.11ポイント  +23.48ポイント (2.25%)

 CME日経平均先物 (ドル建て)  1万50円  +170円

              (円建て)   1万30円  +150円


 米国株は急反発、CME日経平均先物は1万円大台回復で帰ってきました。また、懸念材料だった円相場も、米国株高によるリスク選好の回帰から主要通貨に対し円・ドルが軟化。対ドルでも円が売られ91円台半ばの取引になっています。今日は相場環境は「順」となっており、昨日の先物の買戻しや機関投資家のヘッジ売りの買い戻しなどから、堅調なスタートが予想されます。昨日に続き、TOPIX採用銘柄の不動株比率見直しから、ファンド勢の大型株買いが予想されるほか、米国GDPのプラス成長回帰から、輸出関連株の買い直しも予想されます。ただ、週末控えであるほか、今日が決算発表の前半の山場にあたることから、見送り気分が強まり、先物の動きが先行する展開か…?為替、中国株、GLOBEX米国株先物など外部環境に振られやすい展開が続きそう。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ