大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



昨日の米国株は、イエレンFRB議長のタカ派発言や財務長官人事の議会承認を好感した金融株の上げが全体をリード。主力3指数とも続伸。そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。
 注目のイエレンFRB議長の議会証言が行われました。GDPの1.9%成長は期待外れだったことや移民の減速が成長を抑制する可能性があるなど、暗に現政権の移民政策を批判する場面も…。ただ、景気が順調に拡大していることから「利上げを過剰に長く待つことは賢明ではない…」として、3月開催FOMCでの利上げも排除しない方針をしめしています。市場は、3月利上げの可能性は薄いとして債券買いを進めていましたが、タカ派発言を受け売りが増加。10年国債金利は一時2.502%まで上昇する場面もありました。レポートでも書きましたように、10年債金利は日足一目均衡表の「雲」内を動いていますが、この日は雲を抜け出す場面も…。週足でも三角持ち合い型を形成していますが、ここからどちらに放れるかで日本株の方向性も決まることになりそう。

 14日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万0504ドル27セント    +92ドル11セント(0.45%)
 NASDAQ総合指数       5782.57ポイント       +18.61ポイント(0.32%)
 S&P500              2337.58ポイント       +9.33ポイント(0.40%)
 CME日経平均先物       1万9475ドル         +195円
 10年物国債金利        2.473%            +0.039%
 ニューヨーク原油        53.30ドル           +0.27ドル
 GOLD               1228.29ドル         +2.49ドル
 ドルインデックス        101.22             +0.20 
 

 昨日の米国株は、マイケルフリン大統領補佐官辞任の余波を懸念したことや、この日行われるイエレンFRB議長の議会証言を控え、様子見気分が強まり、前日引け値付近での小動きの始まりになりました。寄り後しばらくは、前日引け値をやや下回る水準(前日比38ドル安)で推移していましたが、10時過ぎにイエレン議長が3月利上げを排除しない…との発言したことを受け、国債が売られる(金利は上昇)と、預貸利ザヤの拡大期待から銀行株が上昇。ムニューチン財務長官が議会承認を受けたことから税制改革や金融規制緩和が進むとして金融関連株にも買いが波及し、次第に上げ幅を拡大。新型アイホンへの期待感からアップルが続伸したことも支えとなり、引けにかかけ上げ幅を拡大。結局、主力3指数とも続伸。連続して高値を更新して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1574、値下がり1424(NASDAQ市場は、1598-1218)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは4日続伸。採用30種は、値上がり23、値下がり7。金利上昇を好感し、JPモルガンが1.6%、GSが1.33%、それぞれ上昇。ともに指数寄与度が大きいことからNYダウの上げをリード。アップルが1.3%、ホームデポが1.0%、シスコシステムが1.06%上げるなどし、指数の上げを支えました。一方、通信業界の競争激化を懸念しベライゾンが0.58%安と続落しましたが、他の下落率は少なく、指数の足を引っ張るには至りませんでした。金利上昇は銀行株の上げを通じNYダウの上昇につながるものの、一方で、成長阻害要因になることからハイテク株の足を引っ張りNASDAQ銘柄の動きを鈍らせるというパターンになりつつあります。単純に、テクニカル指標を見ても、NASDAQ総合指数のサイコロジカルラインは、9勝3敗(75%)と過熱感がある一方、NYダウは7勝5敗(58%)とやや出遅れ感があります。当面、金利の推移を見ながら綱引きしながら小幅高を続ける動きが続きそう。

 米国株は続伸。円は、イエレンFRB議長のタカ派証言を受けた米金利上昇で対ドルは114円20銭台に下落。対ユーロは120円80銭台と子は安。CME日経平均先物は円安を好感。大証先物終値を195円上回る1万9475円で帰ってきました。レンジは、1万9220円~1万9515円。本日の日本株は、昨日の売り仕掛けの買い戻しなどから強含みの展開が期待できそう。昨日の東芝の動きを受け主力株が手掛けづらいことから、引き続き、新興市場、小型株中心の展開に…。昨日の決算発表で、通期見通しを増額修正し、コンセンサスを上回ったものに注目が集まりそう。業績予想でほぼ収支トントンまで増額修正し、小幅な増配も実施した関東電化工業への市場の反応に期待。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、米株の最高値更新を好感して高寄りするも、東芝の決算発表延期や新政権のフリン補佐官の辞任を嫌気し、3日ぶりに反落して終了。
 トランプ大統領とマスコミの対立は、決定的となり、各社がトランプ政権の弱みを探そうと躍起になっているときに、お粗末といえばお粗末な行為でした。政権が正式に発足する前に、マイケル・フリン補佐官がロシアの駐米大使と経済制裁に関し話し合い、その細かな内容を政権首脳に話していなかったとして、辞任に追い込まれました。同氏はロシア大使と面談したことは認めていたものの、経済制裁に関する話はしていない…としていましたが、ワシントンポストが、実際には話し合われていたことを取材で確認。記事として報道したことで、法令違反としてFRBが動き始めた、といいます。同氏は行動派の人で、昨年、日本も訪問。日米安保問題を話し合っていたとも言い、どちらかといえば走りすぎで政権内でも浮き上がった存在になっていたようです。まあ、政権が始動したことから、選挙戦で過激な言動を推奨。バノン氏らと並んで功労者的な立場にあった人でも、いまだに選挙戦と同じ言動をする人は邪魔になってきたこともあるのでしょうか。明治維新で、体制固めが必要な時に征韓論を唱え、富国強兵を主張する大久保らとたもとを分かち西南戦争で散っていった西郷さんのケースとよく似た流れです。次は、だれが切られるか…。

 今日の日本株は、米主要3指数がそろって最高値を更新したことを好感。銀行や鉄鋼、インフラ関連など米国の物色の流れを受けトランプ銘柄が買われ、高寄りしてスタート。寄り付き直後に日経平均はこの日の高値1万9501円(前日比42円高)をつけていました。ただ、今晩、米国でFRBのイエレン議長が議会証言を行う予定で、内容如何では為替が変動する懸念もあり主要な投資家は手控えムードに…。益出しの動きもあり、前引けにかけては前日引け値を小幅に下回った水準で推移しました。昼休み中に、この日正午に決算発表を予定していた東芝の発表がなかったことから警戒感が広がっていたところに、米フリン補佐官の辞任報道が伝わり、後場からは仕掛け的な売りが先行。円が買われたことも主力株への売りを促したほか、先物売りが先行したことによる裁定解消売りも入り、引けにかけて下落幅を広げる展開に…。

 結局、日経平均は220円17銭安(1.13%)の1万9328円98銭、TOPIXは15.08ポイント安(0.97%)の1539.12ポイントと、ともに3日ぶりに反落。出来高は、東芝に警戒的な売り(3億株超え)が出たこともあり、前日比2.2億株増の21億0466万株、売買代金は、同1359億円増の2兆4041万株と、薄商い。騰落状況は、値上がり676、値下がり1191。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、6勝6敗で、ともに変わらず。日経平均RSIは64%→54%に低下。25日線かい離率は、+1.83%→0.7%に低下。騰落レシオは96%で前日から横ばい。

 日経平均やTOPIXはマイナスで終わったものの、新興市場株はいずれも続伸して終了。個人資金は、トランプ氏の同行や指数売買の影響を受ける東証一部から、新興市場や小型株に資金をシフトしているようです。今日も大型株指数は1%を超える下落率でしたが、小型株指数は0.09%の下落と底堅い動き…。企業業績の回復初期は小型株や新興市場株の方が変化率が大きくなることから、資金が変化率の大きな方に向かうのは自然の流れ…。今回の決算を受け、来期決算が意識されてきますが、大手企業が売り上げを伴って業績が良くなるのは、まだ先の話。当面は、新興市場、小型株を中心にした流れが続きそう。

 今日は、レポート銘柄からアルプス技研、日機装が12月期決算を、関東電化、山崎製パンなどが、それぞれ決算を発表。いずれも、会社予想、コンセンサスをともに上回ってきました。他の銘柄も今日は、ニチレイ、福島工業や山一電機、扶桑化学工業などが年初来高値を更新していました。注目株はいずれも来期の増益も勘案して選んでいますので、エスカレーター相場を続けている間は押し目買い方針で…。今のところ、GLOBEX市場の米株先物には、フリン補佐官辞任の影響は出ていないようです。明日の相場は、イエレン議長の議会証言を受けた米国株と債券市場次第の展開に…。まだまだ、今の相場は迷いの坂を上っている段階です。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの米国株は、トランプ税制改革やインフラ投資への期待感からの買いが継続。主力3指数とも続伸し、そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。朝新聞を取りに出たら、あまりに寒くて布団に入り直したら二度寝してしまいました。仕事に出る前の息子に起こされて目が覚めました。急いで書きます。まあ、週明けの世界情勢は平穏でしたので、よかったです。急いで書きます。なんだか、中国市場の動きが変わってきたような…。

 13日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万0412ドル16セント     +142ドル79セント(0.70%)
 NASDAQ総合指数        5763.96ポイント        +29.83ポイント(0.52%)
 S&P500               2328.25ポイント        +12.25ポイント(0.52%)
 CME日経平均先物        1万9505円           +65円
 10年物国債金利         2.434%              +0.025%
 ニューヨーク原油         52.93ドル            -0.93ドル
 GOLD                1225.80ドル           -10.10ドル
 ドルインデックス          101.00              +0.04 
 

 週明けの米国株は、トランプ大統領の税制改革やインフラj投資に関する期待感で上げた前週の地合いを引き継ぎ、銀行やインフラなど関連銘柄への買いが先行。大幅に続伸して始まりました。新型アイホンへの期待から投資判断が引き上げられたアップルが上昇したことを受けハイテク株にも買いが波及。寄り後も買いが続き右肩上がりの相場が継続。ニューヨークダウは昼過ぎ、この日の高値2万0441ドル(前週末比172ドル高)をつけ、ザラバでの史上最高値を更新していました。引けにかけては、米国内の原油掘削用リグ稼働数の増加を嫌気して原油価格が軟化したことを嫌気して上げ幅を縮小したものの、主要3指数ともそろって高値を更新して終わっています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1788、値下がり1209(NASDAQ市場は、1643-1177) とともに買いが優勢。

 NYダウは3日続伸。採用30種は、上昇25、下落5。データ通信の無制限プランを導入し、通信業界の競争激化を煽ったことを嫌気しベライゾンが0.88%下落したものの、その他の銘柄は小幅。一方、インフラ投資の拡大を期待しキャタピラーが2.27%上昇。デュポン(+1.28%)、スリーエム(+1.13%)など建設資材関連も上昇。さらに、米金利上昇や金融規制緩和の動きを期待し、GS(+1.46%)、JPモルガン(+1.32%)など金融関連も上昇。アップルを含め指数寄与度の大きい銘柄の上げが指数を押し上げていました。この日は、主要3指数とも過去最高値を更新しましたが、各指数の上昇率を見るとNYダウの上げが大きく、主要株(大型株)に物色の比重がかかっているように思われます。当面、「2~3週間内に…」とした、税制改革案やインフラ投資の政策を織り込む格好で上げそうですが、懸念されるのは正式発表とともに「材料出尽くし」または「失望売り」になるリスク。市場に期待値を上回る政策を提供できるかがカギ…。これまで順調に低下してきたVIX指数の動きにも変化の兆しが…。

 米国株は続伸。円は、インフラ投資への期待などから10年債金利が上昇したことを受け、一時は114円台まで下落したものの、トランプ大統領の貿易に関する発言を受け対ドルは113円70銭台に戻して終了。対ユーロは12040銭台と前週末と同水準。CME日経平均先物は、大証先物終値を65円上回る1万9505円で帰ってきました。レンジは、1万9365円~1万9530円。本日の日本株は堅調に推移しそう。トランプラリー関連で、素材や大手金融関連の上げが予想されるほか、SOXの切り返しから半導体、電子部品関連にも注目が集まりそう。リスクは、国債市場の動き。昨日も日銀の買いオペに関する手詰まり感が懸念され金利が上昇。円が下げ渋り株価が伸び悩む動きも出ており、引き続き注目が怠れない。国債市場が安定すれば、大発会高値が意識されることもありそう。米国に強い建機関連やAIとに連携で気象分野で新たな展開が期待できるウェザーニュース…。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの日本株は、米株高や円安、日米首脳会談が平穏に終わったことを好感し続伸。ただ、金利上昇をうけた円の下げ渋りから上げ幅は縮小へ。
 日米首脳会談が終わって、最初の立ち合いでした。休み中のワイドショーあたりの反応を見ると、何もトラブルめいたことがことが無く、むしろ歓待されたことに違和感を持つコメンテーターも多かったようです。大体、事前に安倍首相はどんな難問を吹っ掛けられるかわからない…みたいな警戒的な発言をする評論家といわれる人が多かったのですが、大統領選に続いて、見事に予想をはずしてくれました。日米首脳会談が決まったあと、日米の実務担当者の間で、双方の要望を持ち寄り、綿密な打ち合わせを実施。日米間に横たわる諸問題についてランク付けが行われ、今回は、トランプ大統領が最優先課題とする「雇用」に的を絞り、日本が、これを支援することが内々に決まったといいます。先週木曜日に行われた米航空大手経営者との会談で、唐突に新幹線やリニア幹線の話が飛び出してきたことも、あとから考えると事前の事務方レベルの打ち合わせで出ていた話だったのかもしれません。

 トランプ大統領は、インフラ投資による雇用の増加を考えていたようですが、財源に問題があり、企業が海外に置いている資金を低い課税率で国内に還流させ、この課税分をインフラ投資に充てようとしていたようです。ただ、既に、タックスヘイブンなどを使い}統領が15%に下げるという法人税並みか、それ以下に抑えており、果たして国内に資金を還流させるかどうかは「?」でした。そこに、日本からインフラ投資を支援し雇用増加に協力する…ということです。新大統領にとっては「渡りに船」ということでもありますし、日本にとっても懸案だった米国での新幹線網建設に先鞭をつける、まさに「ウィン、ウィン」の方策になる可能性も…。まあ、どうなるかわかりませんが、いいお土産になったんでしょう。また、麻生副総理や土田外務大臣を同行させ、トランプ政権のスタッフと顔つなぎさせ、意思疎通を図る体制を作ることもしています。ただ、訪米直前になって世耕経産相の同行が取りやめになりましたが、向こうに行けば、米国としても経済問題を取り上げざるを得ない…という事情もあったんでしょう。まあ、いろいろ批判する人も多いようですが、新大統領が信頼できるスタッフを配置した省庁から実務が稼働し始め、連れて、トランプ大統領の発言も微妙に変わり始めていることに留意すべきでしょう。最も、どうしてもヒールにしておきたいマスコミは、悪いことばかり取り上げるでしょうが…。

 週明けの日本株は、先週、日米首脳会談の不調を想定し売りポジションを作っていた弱気筋の買い戻しや、米金利上昇に伴う円の113円台乗せを好感した買いに、続伸してスタート。日経平均は寄り後にこの日の高値1万9519円(前週末比141円高)をつけています。ただ、寄り付きの買い一巡後は1万9500円台に乗せたことから益出しの売りも増加。前週買われていたトランプラリー関連株から次第に値を消す展開に…。前場半ばにはこの日の安値1万9418円(同40円高)をつけていました。その後、新たに日米首脳会談の好結果を織り込む動きが出て、上げ幅を回復したものの、債券市場で、日銀が国債買い入れを見送ったことを受け金利が上昇。円相場が下げ渋るとともに外需株や主力株に上げ幅を縮めるものが増加。結局、続伸したものの引け値で1万9500円台に乗せて終わることはできませんでした。

 日経平均終値は、80円22銭高(0.41%)の1万9459円15銭、TOPIXは7.64ポイント高(0.49%)の1554.20ポイント。出来高は、前週末比3.6億株減の18億8056万株、売買代金は、同4800億円減の2兆2682億円。先週末のオプションSQに伴う売買水増し分が剥げた形。騰落状況は、値上がり1444、値下がり436ち買いが優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で横ばい。日経平均RSIは60%→64%に上昇。25日線かい離率は、+1.4%→+1.84%にプラスかい離が拡大。騰落レシオは93%→96%に上昇。強気のモメンタムは拡大傾向。先週末、日経平均週足MACDが売りシグナルを出しましたが、今日は、日足MACDがシグナルラインを抜き、買いシグナルを発信。短期的な強気相場入りを示しました。とりあえず、1月27日の19486円を上抜き、三尊天井型は回避できそう。まあ、しばらくはトランプ砲を気にしながら「迷いの坂」を上るような展開が想定されます。

 今日は、以前から決算の増額修正を期待してきたダイフクが急伸してきました。また、半導体関連の山一電機も新値を更新。順調なスタートを切っています。系列内企業の不採算事業の見直しを進めているFA関連企業が、たたかれて急落しましたが、進捗率などの面を見るとほぼ前期並みの水準。期末にかけて売上、利益が伸びる習性があり、相場の落ち着きを待って買い向かえばいいでしょう。また、レポート直近号で、減益ながら、上方修正が期待できそう…とした銘柄。想定通り会社予想を上回る数字を出してきました。また、今期については20%以上の増益を出してきました。明日の反応が注目されます。とりあえず、明日で決算発表は一巡しますが、叩き屋の被害に遭ったものがありますから、まずは、このあたりから攻めてみてはどうでしょうか。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の米国株は、トランプ税制改革への期待感が持続。インフラ関連、エネルギー、金融と幅広く買われ、主力3指数とも続伸。そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。朝刊を取りに出たら、妙に明るく、見上げるとまん丸の月。暦をめくると今日が「満月」でした。相場の変化日になりやすいのですが、今日は休日。果たして、昨日と、週明けと、どちらが変化日となりどちらに変化するのか…。米中首脳会談で、完全に水を差された安倍総理ですが、尖閣の見返りに何を飲まされたか…。腹痛を起こす程度ならいいですが、入院加療を必要とするような劇薬でなければいいんですが…。週明けは、何を飲まされ高を、探る流れに…。何があっても成長力を維持できるような企業を探さなければ…。
 
 10日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万0269ドル37セント     +96ドル97セント(0.48%)
 NASDAQ総合指数       5734.13ポイント        +18.95ポイント(0.33%)
 S&P500              2316.10ポイント        +8.23ポイント(0.36%)
 CME日経平均先物       1万9340円           -40円
 10年物国債金利         2.408%            +0.013%
 ニューヨーク原油        53.86ドル            +0.86ドル
 GOLD               1235.90ドル          -0.9ドル
 ドルインデックス         100.71             +0.04
               
 
 週末の米国株は、前日のトランプ大統領の税制改革やインフラ投資に関する発言を好感した動きが持続。買いが先行し続伸してスタートしました。OPECの減産が順守される一方、需要の増加予想を受け原油価格が上昇したことを受けエネルギー株が買われたことも支えとなり、終日上げる展開に…。ニューヨークダウは、後場半ばにこの日の高値2万0298ドルをつけ、2万300ドルに接近。ザラバ高値を更新していました。インフラ投資政策期待から、キャタピラやデュポンなど関連株が上昇。税制改革による個人消費の増加を期待し、マクドナルドやナイキも上昇。FRB内で金融規制を担当してきたタルーロ理事が退任することが伝わると、規制緩和を期待した買いが金融関連に入るなど、終日、高値圏での推移となり、主力3指数とも続伸。そろって最高値を更新していました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2150、値下がり858(NASDAQ市場は、1884-922)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは、続伸。採用30種は、値上がり20、値下がり10。インフラ投資期待でキャタピラが2.5%、デュポンが1.2%それぞれ上昇。消費関連のナイキが1.65%、J&Jが1.0%、マクドナルドが1.08%、それぞれ上昇。金融規制緩和期待から、GSが0.48%、トラベラーズが0.8%、それぞれ上昇。一方で、減収減益となったコカ・コーラが1.62%、ウォルマートが1.53%、それぞれ下落したものの、指数寄与度の大きい値嵩株の上げが指数の押し上げに寄与した格好。NYダウは、昨年のトランプラリーの前提になった税制改革などへの政権の動きが無かったことから横ばいの動きが続いてきましtが、今週に入り、数週間以内と期限を切って税制改革などを発表する方針が示され、再度、動意づいてきました。一方でIT関連などハイテク株の動きが鈍っています。S&P500指数は、来週上値抵抗線に接近してきますが、週明けはトランプラリー関連が続伸するか、ハイテク株が伸びを加速するかの動きが焦点に…。カギを握るのは長期金利の動き。

 米国株は、続伸。円は、輸入物価の上げを受けた金利上昇と日米首脳会談の円安抑制の思惑の間で動揺したあと、対ドルは113円20銭台と横ばい、対ユーロは120円40銭台と小幅高。CME日経平均は、大証先物終値を40円下回る1万9340円で帰ってきました。レンジは、1万9160円~1万9445円。ドル円相場が、112円80銭台~113円70銭台と振れたことから、先物価格の振れ幅が大きくなったようです。週明けの日本株は、日米首脳会合の結果を検証する動きに…。業績発表が一巡することから、評価不足になっている銘柄を個別に物色する動きになるか…。決算を受けた機関投資家の動きが焦点。
 詳しくは、明日発信のレポートで注目株を含めて解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ