FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



昨日の米国株は香港問題を巡る米中の確執を懸念するも、景気回復への強気見通しや年内ワクチン供給の可能性を期待した買いに、3日続伸して終了。
 おはようございます。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万5548ドル27セント     +553ドル16セント(2.21%)
 NASDAQ総合指数       9412.36ポイント        +72.14ポイント(0.77%)
 S&P500              3036.13ポイント        +44.36ポイント(1.48%)
 CME日経平均先物       2万1640円           +150円
 10年物国債金利        0.687%             -0.014%
 ニューヨーク原油        32.81ドル            -1.54ドル 
 GOLD               1708.10ドル          +2.50ドル
 ドルインデックス         98.93ポイント         +0.02 


 昨日の米国株は、大型(7500億ユーロ)の復興基金構想を受け欧州株が上昇した流れを受け、買いが先行。先行して上げていた先物にサヤ寄せする格好でニューヨークダウは303ドル高の2万5298ドルと続伸してスタートしました。買い一巡後、香港で国家安全法適用に反対するデモで300人を超える逮捕者が出たことに対し、米国務省が「香港の自治は失われた」と宣言。米国が金融面で与えてきた特別な地位を剥奪するとしたことで米中の対立関係が増幅する…との懸念が台頭。急速に上げ幅を縮め前日引け値近くまで下げる場面も…。
 
 ただ、JPモルガンのダイモンCEOが速やかな景気回復の可能性に言及したことや、国立感染症研究所のファウチ所長が、感染第2波を避けられる可能性やワクチンの年内供給の観測を述べたことを好感。経済正常化への期待から買いが増加。次第に上げ幅を拡大する展開に…。737MAXの生産再開と1.2万人の人員削減を発表したボーイングや前日に続き金融株が買われるなど景気敏感株中心に買われ、引け近くにはこの日の高値2万5581ドル(同556ドル高)をつける場面も…。結局、主力3指数とも3日続伸して終了。VIX指数は、0.39ポイント下げ27.62ポイントに低下。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り2421、値下がり550(NASDAQ市場は、2255-1009)と、ともに買いが優勢。NYダウ採用30種は、値上り27、値下がり3。経済再開の動きを好感し、金融関連のAMEXが7.33%、GSが6.94%、JPモルガンが5.79%、それぞれ上昇。3社で指数を176ドル分押し上げ。景気敏感のキャタピラーが4.27%、スリーエムが3.99%、それぞれ上昇するなど、10銘柄が3%超え上昇。指数の上げに寄与しました。一方、巣篭り需要で買われたウォルマートが1.11%下落。全体でも新型コロナの追い風を受けて買われたグループが売られ、売られていた景気敏感株が買われる対照的な動きになりました。

 主力3指数とも続伸。NASDAQ総合指数に比べ出遅れていたNYダウやS&P500が景気敏感株の上げでキャッチアップする動きが始まっています。ともに、週足一目均衡表の雲で押さえられる格好でしたが、この日、NYダウが雲内に突入、S&P500は雲抜けを達成。さらなる上げの可能性を示しました。ただ、週RSI(9週)が共に警戒ゾーンの80%超えに入るなどテクニカルな過熱感が出始めていることには警戒したい。「期待先行」の上げだけに、感染2波やワクチン開発の失敗など期待を傷つける動きに警戒したい。52週来高値更新銘柄数は、まだ低水準。投資家の冷静さは保たれているようです。

 米国株は続伸。円は、リスクオン状態を受け、対ドルは107円60銭台、対ユーロは118円50銭台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は大証終値を160円上回る2万1640円で帰ってきました。レンジは、2万1135円~2万1720円。本日の日本株は、米国の流れをうけ、昨日に続き景気敏感株のリバウンド相場が続きそう。米株先物の動きを受けた先物リードの展開になりそうですが、弱気ポジションの踏み上げが始まっていることから、トレンドフォロー型の投機筋が買い仕掛けをしてくる可能性も…。指数採用銘柄が裁定買い期待で妙味。短期資金も大型景気敏感株のリバウンド取りに向かうか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、経済再開の動きや大型の景気対策に加え米株先物高を受けた弱気ポジションの買い戻しから、3日続伸して終了。
 日本経済の分水嶺となる壁を突破して、上昇スピードが速まってきました。朝も書いたように、米国株上昇と立会時間中の米株先物高の追い風を受け、国内に滞留している弱気ポジションが巻き戻され指数の上げにつながっています。ただ、当面は新型コロナ感染拡大で取られた実質的なロックダウンで影響を受けた景気敏感株に買い戻しの圧力がかかり、短期筋も目先は、景気敏感セクターのリバウンドにかけた方が分が良いとみて、積極的に乗り換えを進めているようです。今日の資本金別の上昇率の動きを見ると、大型株が1.13%に対し、小型株は0.69%と大きな差が出来ています。昨晩も、しばらくは買い戻しから指数やロング&ショート戦略で売り込まれていた内需型景気敏感株のリバウンド相場となり、テーマ株の動きは鈍くなるかも…としましたが、ほぼ、予想通りの動きになってきました。

 米国でも、バイオやITなど新型コロナの感染拡大で新たに生み出された需要を満足するごロース株が買われてきましたが、経済再開の動きやワクチン開発の進展を見て、金融関連や素材など景気敏感セクターに買いが回り、一方で、リモートワークやワクチン開発関連が一服する動きが出ており、これに同調する格好で日本の相場展開も進んでいるようです。ただ、韓国で再び感染拡大の兆候が出始めたほか、米国も感染者の数は日に日に拡大。いずれ、テーマ株買いに流れは回帰するものと思われます。まあ、経済が再開へ向けて動き始めたといっても、店舗への客足の戻りは鈍いですし、果たしてどこまで業績が回復するのか…。今のところ、経済再開を受けた期待相場で買い戻しが入っていることが上げの要因ですが、一方で、こんな経済状態でこんなに上がっていいはずはない…という見方から、売りポジションを積み上げている投資家も多いようです。買い戻しの一方で、新たな売りが溜まり込むという状態ですが、この相場、案外息が長くなる可能性も否定できませんね。2017年10月以降のレンジ相場に復帰したとしたら、上値はどこに設定すればいいのでしょうか。

 本日の日本株は、休日明けの米国株が急伸したものの、昨日先行して上げたところもあり、小幅な益出しが先行。日経平均は22円安っと小反落してスタートしました。米国が香港問題に関し新たな制裁をち拉致貸せていることから、積極的に買い上がる動きは無く、中国株が下落して始まlったことも嫌気され、前場は冴えない動きが続きました。ただ小動きに推移していた米カビ先物が後場に入り上げ幅を拡大すると、連動して先物に買いが入り上げ幅を拡大。証券や米国市場の物色の流れを受けた銀行株に買い戻しが入ったほか、TOPIXコア型の銘柄に買いが入り次第に上げ幅を拡大。後場の取引半ばにはこの日の高値2万1475円(前日比204円高)をつける場面もありました。引けにかけては、戻り売りと押し目買いが交錯し膠着感を強めましたが、結局、日経平均、TOPIXとも3日続伸して終わりました。

 日経平均終値は、148円06銭高(0.70%)の2万1419円23銭、TOPIX終値は、14.74ポイント高(0.96%)の1549.47ポイント。NT倍率は、13.86倍→13.82倍に低下。NTショートのポジションを作った裁定業者がいたようです。出来高は、銀行株が動いたこともあり2.9億株増の17億6330万株、売買代金は3930億円増の2兆8756億円に、ともに増加。次第に株価の上げと商いが伴うようになってきました。上げの勢いに押されて新規資金が入りだしたのか…?騰落状況は、値上り1431、値下がり662と、買いが優勢。
 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、77%→78%(TOPIXは74%→77%)にともに上昇。日経平均25日線かい離率は、+6.3%→+6.6%に拡大。騰落レシオは132%→131%に小幅低下したものの、警戒ゾーンの120%は超えた状態。日経平均三本新値は陽線11本目(陰転値 2万0595円15銭)。明日からサイコロが上場していきますので、テクニカル指標が警戒シグナルを出すようになってきます。短期のRSIは、日経平均が89%、TOPIXは87%と、買われ過ぎ状態に入ってきました。ここからは、益出しするなどリスク管理が必要になりそう。

 ただ、レポートでも今回の戻り相場は2017年後半型の買い戻し相場が考えられる…としましたが、この時には日経平均の週RSIが86%(現在は43%)まで上昇していました。本格的な踏み上げ相場に入ると、短期テクニカル指標は当てにならなくなりますので、週足などスパンの長いものを使うようにした方がよさそうです。まあ、相場の最後では、買われる銘柄の質が悪化していきますから、そのサインが出るまでは波乗りを続ければいいのでは…。それにしても、踏み上げ相場に入る時期は予想外に早かった印象です。米株先物は360ドル超え上昇、CME日経平均先物は2万1720円まで上昇。明日も売り方は大変ですね。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

休日の米国株は、内外で広まる経済再開への動きやコロナワクチン開発による経済正常化への期待から景気敏感株中心に買われ、主力3指数とも上昇してして終了。
 おはようございます。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万4995ドル11セント     +529ドル95セント(2.17%)
 NASDAQ総合指数       9340.22ポイント        +15.63ポイント(0.17%)
 S&P500              2991.77ポイント         +36.32ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物       2万1275円           -5円
 10年物国債金利        0.701%             +0.040%
 ニューヨーク原油        34.35ドル            +1.10ドル
 GOLD               1705.6ドル           -29.9ドル
 ドルインデックス         99.04              -0.82 
 

 休日明けの米国株は、内外で広がる経済再開への動きや複数の企業に新型コロナワクチン開発に関する動きが出たことを好感。夜間取引市場で先物が先行して上げていたところもあり、朝方はこれにさや寄せする先物買いが先行。ニューヨークダウは316ドル高と急反発して始まりました。この日からニューヨーク市場の立会取引が再開されたことや各地で小売りや教会での礼拝などが一定の条件の下で再開されたことから景気回復期待が高まったほか、経済正常化への絶対条件となる新薬開発で、バイオ医薬のノババックスがワクチン候補の臨床試験を開始。製薬大手のメルクが2種類のワクチン開発計画を発表したことも投資家の期待を膨らませて、上げ幅を拡大。午後の取引半ばにはこの日の高値2万5176ドル(前週末比711ドル高)をつけていました。引け近くに「香港への中国・国家安全法の適用に関し、トランプ政権が中国関係者や企業への制裁を考えている…」と報道すると、慎重な見方が増え、引けにかけて上げ幅を縮める展開に…。結局、NYダウは急反発、NASDAQ総合指数とS&P500は続伸して終了。この日は、景気底入れ期待から、金融や素材など景気敏感株が上昇。VIX指数は0.15ポイント安の28.01ポイントに低下。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2493、値下がり466(NASDAQ市場は、2296-979)と、主に買いが優勢。NYダウ採用30種は、値上り24、値下がり6。景気敏感の金融から、GSが8.96%、JPモルガンが7.1%、AMEXが5.59%、それぞれ上昇。3社で指数を186ドル分押し上げ。ボーイングが5.24%、航空機関連のレイセオンが7.45%、それぞれ上昇。素材のダウが7.39%、キャタピラーが4.69%、それぞれ上昇するなど、12社が3%超え上昇し、シスの上げに寄与。一方、アップルが2.68%、マイクロソフトが1.06%、それぞれ下落するなどIT系の雨後委が冴えませんでした。

 主力3指数とも上昇。前週まで上げをリードしてきた新型コロナが生み出した新テーマ関連が一服。変わって出遅れ感fがあった景気敏感系業種に買い戻しの動きがありました。この日は、NYダウが2万5000ドル、S&P500が3000ポイント大台に乗せるなど目標達成感が出たこともあり、引けにかけては上げ幅を縮める動きに…。依然、NYダウは週足一目均衡表の「雲」を目前にした動き、S&P500 は同「雲」内で上辺に沿っての動きに変化ありません。日本と同様、当面は景気循環セクターのリバウンドとなるか…?

 米国株は上昇。円は、冴えない米景気指標を受けて対ドルは107円50銭台に小幅上昇。対ユーロは118円台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を5円下回る2万1275円で帰ってきました。レンジは、2万0550円~2万1360円。本日の日本株はそこがたい動きで推移しそう。持合い相場を上放れてきたことから、トレンドフォロー型ヘッジファンドの買いが期待されるものの、一方で週足一目均衡表の抵抗帯である雲下辺に届いており、強弱感が対立しやすくなります。引き続き、米株先物の動きを受けた弱気ポジションの買い戻しがリードする展開。短期的には、景気敏感セクターに資金が還流しリバウンド相場となるか…。全人代終了後の市場の動きに留意…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、内外での経済再開の動きや大型景気対策を好感。中国株や米株先物急伸を受けた買い戻しが主導。大幅続伸して終了。
 日本経済正常化へのめどとしていた25年来の分水嶺でしたが、内外での経済正常化への動きや米国で政府がリスクをかぶる格好で巨額資金を投入。治療薬やワクチンの開発が急ピッチで進んでいることを好感。市場はパンデミック後の世界を展望しながら急速に立ち直ってきました。何時ものように、立ち直りの肥やしは弱気ポジションの買い戻しでした。前回2017年10月に25年ぶりに因縁場を抜いたのは、海外先物筋の買い戻しでしたが、現在の日本株にも海外投機筋の先物売り、国内逆張り投資家の逆張りの売りポジションの積み上がり、相場を先物売りがリードしてきた結果、裁定売り残が過去最高の2兆5000億円に積み上がっており、先物買い戻しが入ってくると、裁定売りの解消が指数を押し上げる…という構図が出来上がっていました。

 このところ、国民一人当たり10万円の給付に加え中小企業の倒産を防ぐための諸施策など大型の景気対策が採られてきましたが、過去の対策の様に本気度が疑われるものではなかったことを市場が好感。米国株も経済再開や正常化に不可欠な治療薬開発に筋道をつけたことを好感。このところじり高してきたことが、日本株の先物買い戻しを誘い、穴を穿つように上値の壁を崩していました。過去の動きを見ると、2万0900円台まで戻したところで抑え込まれたこともあり、「まだまだ…」と踏ん張ってきた売り方でしたが、さすがに2万1000台に乗せてくると、辛抱できなくなってしまったようです。先物買いや裁定売りの解消買いの影響が大きかったことは、指数寄与度の高いユニクロとソフトバンクで日経平均を120円分押し上げていたことをみてもわかります。また、このところ半導体関連が堅調でしたが、海外投機筋の中には内需株を売って半導体株を買うなどロング&ショートポジションを積み上げていたところも多く、国内景気敏感株には高水準の信用売り残が溜まっていました。今日の業種別値上がり上位は、空運や」輸送用機器、小売りなどですが、いずれも大きく売り込まれており、個別でもまとまった買い戻しが入ったようです。

 一時的に大型主力株に流れが変わったことで新興市場や小型株の上げ勢いが止まった形になり、あれだけ上げの勢いが良かったマザーズがマイナスで終わっています。買い戻し主体の相場になると、指数だけ挙げて個別は「いまいち」という動きになりがちですが、今日一日の買い戻しで一巡するほどの、柔な売りの量ではなく、しばらく買い戻し相場が続くかもしれません。まあ、分水嶺抜けのめどとして、3月月足長大陰線抜けがポイントになるとしましたが、これを抜けてきており、月末まで持てば、過去3年間の2万円~2万4000台のレンジ相場に復帰した可能性が強くなってきます。過去の礼では、大きな月足陰線を付けた場合、この陰線を抜けるには9~10カ月を要していましたが、今回は、適切な政策対応があったことで短期間に抜けてきました。これに関しては、安倍ちゃん、よく頑張亥りました。(○○省の反対意見があったでしょうに…)まあ、過去、彼らが提唱した政策はすべて間違っていましたので、反対をやるのが大正解のことくらいは、もう政治家も学んだでしょう。

 今日の日本株は、先物買い戻しに加え、香港への国家安全法の適用が限定的なものになる可能性や対ドルでの元安修正などを好感(別の理由があるかも…)米株先物が、米株先物が終日急伸したこともあり、終日上げ幅を拡大する展開に…。日経平均は529円52銭高(2.55%)の2万1271円17銭と3月以来の大台回復。TOPIXは、32.53ポイント高(2.17%)の1534.73ポイントと大幅続伸して終了。NT倍率は、13.81倍→13.86倍に上昇。日経平均の3本新値は陽線10本目(陰転値 20433円45銭)をつけてきましたが、ちょっと本数が多くなりすぎてきましたね。出来高は、4.7億株増の14億7246万株、売買代金は67955億円増の2兆5326億円にともに増加。低位大型株に買い戻しが入ったことで商いが増加したようです。騰落状況は、値上り1734、値下がり364と、買いが優勢。

 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは ,58%→77%(TOPIXは、58%→74%)と、ともに上昇。警戒ゾーンの80%超えに接近。日経平均25日線かい離率は+4.0%→6.3%にプラス乖離が拡大。騰落レシオは121%→132%に上昇。一段の上げに対してはそろそろ買われすぎを警戒する領域に…。
 個別はなんでも上がっている状態で解説する必要もなさそうですが、今日は野菜工場で注目した大氣社、業績から注目したタケエイが戻り高値を更新、経済正常化で求人情報の増加が期待できるとしたディップなどが大きく上げていました。買い戻しが一巡すれば、また、ポストコロナ関連に戻りそうですが、当面は主力のリバウンドに資金が奪われるかも…。 
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの米国株は「メモリアルデー」で休場。ドイツの景況感の改善を受け欧州株は総じて上昇。米株先物も上昇。
 おはようございます。昨日の米国株はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)で休場。中国の景気の底打ち期待に加えドイツの景況感の改善から、欧州主要市場が上昇。夜間取引市場でも米株先物が上昇、世界の株式市場は改めてポストコロナ後の景気回復を織り込み始めました。市場が希望するV字回復か、それともU字、それともL字、それとも……。下手な相場観で勝手な判断をするより、市場の先見性に期待したい。あれよあれよという間に、CME日経平均先物は2万1000円大台に大手をかけてきました。電子取引の動きを書いておきます。

 25日の米国市場動向
 ニューヨークダウ先物      2万4706ドル       +282ドル(1.15%)
 NASDAQ100先物         9530.50ポイント     +124.25ポイント(1.32%)
 S&P500               2989.50ポイント     +36.50ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物        2万0975円        +155円
 ニューヨーク原油         3372ドル         +0.47ドル
 GOLD 172640 ドル       -8.2ドル
 ドルインデックス          99.70           -0.07 
   

 本日の日本株は、海外株が堅調に推移していたことを受け、続伸が期待できそう。昨日の相場が緊急事態の全面解除を先取りして上げたことで、今日は材料出尽くし感から売られる懸念があるものの、CME終値が2万1000円大台に接近してきたことで弱気ポジションを維持するリスクが高まってきたことから、買い戻し期待も強まります。引き続き指数は米株先物次第…。テーマ株物色に加え、今期も増益見通しを出した企業の見直し買いも…。今週末の香港への国家安全法援用の決定まではリスクオンの動きか。米国株は、確定申告期限が4月15日から7月15日まで3カ月延長されていることから、従来の株価サイクルが3か月ずれているルことに留意。政府のIT化支援など中小企業支援関連。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ